年に一度の・・・・




実山椒を発見しました!
二袋購入してしまいました!!

毎年、この時期限定。
出会える年もあれば、縁のない年もある。

実が柔らかくなるまで煮て、
一時間くらい水にさらすと、「エグみ」が無くなるらしい。
と、売り子のオニイチャンはいう。


でも、梅吉はそんなのへっちゃらです。

洗っただけで、即投入!!

これを入れると、ぬか漬けに山椒の風味が
加わって、実に「夏らしく」なるのであーる。



投稿:吉崎典子 | 11:10 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
お別れ

産経新聞社前社長の住田良能さんが
お亡くなりになりました。




この写真は1998年3月27日のものです。
私が司会を担当していた朝のワイドショー
「おはよう!ナイスデイ」において、
吉崎・向坂両名が、卒業する日の写真なんです。

ゲストコメンテーターとして、ご出演いただいた
住田さんのお写真です。

産経新聞編成局長の時代に、毎週番組にお越しいただいて
政治経済や芸能の話題に至るまで、幅広くコメントしてくださいました。
その守備範囲の広さ、バランス感覚の素晴らしさは、
住田さんの人間力の大きさを、存分に感じさせるものでした。

社長ご就任後も、その気さくなお人柄で、接していただきました。
あまりにも早く旅立たれてしまいました。
本当に残念です。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。






投稿:吉崎典子 | 10:24 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
字幕放送@歌舞伎座

フジテレビの字幕放送担当としては、
歌舞伎座の字幕が気になります。

さっそく、お借りしてみました。




ゆったりした座席の前にマグネット式で
着脱します。

この「字幕ガイド」、スグレものだなあ、と思いました。
というのは、
「解説放送」と「台本放送」と内容が二種類あることです。

いま、画面ではタイトルが表示されています。
演目は、第三部の二幕めの「助六」。

これは「解説放送」のほうで、
舞台の背景やみどころを解説してくれます。

一方、「台本放送」のほうは、役者のセリフを
一言一句画面上に表示しますので、
時代物などのわかりにくいセリフの場合、
文字で確認できます。

ワンタッチで画面が差し替わります。

私はさらに、いつものように「イヤホンガイド」も
利用していて、懇切丁寧なお導きによって
あますところなく楽しませていただきました!

みなさんも、一度おためしを!!!



投稿:吉崎典子 | 15:21 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
六月歌舞伎座




歌舞伎座が開場してから、三ヵ月の間は
3部制での上演となります。

四月に初めて歌舞伎座を訪れた際は、
そりゃあもう、興奮のるつぼでした。
五月は、明治座に歌舞伎を見に行きました。
パタパタしていて、ブログにも書きませんでスミマセン!

そして、今月は、二か月ぶりの歌舞伎座。
第三部の「助六」を見てきました。

花道に、助六こと海老蔵さんが登場しただけで
もう舞台に釘付けです!
揚巻の福助さん、白玉の七之助さん、
ったら、そりゃあもう美しさの権化!
出演者が、とにかく豪華です。
ひっきりなしに、メインではない役で、
幹部俳優が登場します。

なかでも、通人・里暁(つうじん・りぎょう)役の
三津五郎さんがサイコーです!!
アドリブ満載で、最初っから最後まで爆笑の嵐!!

なにも考えないで、ひたすら楽しむ!

粋な河東節(かとうぶし)の演奏を耳にしながら、
江戸吉原仲之町の風俗を体感する!
のが、「助六」の鑑賞法ですね!






投稿:吉崎典子 | 11:34 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
KEIBA行きました!!

久しぶりの競馬ツアーに行ってまいりました。
大井町の「トウィンクルレース」です。

講談教室のコウハラさんが
お教室の稽古が終了後に、アテンドしてくださいました。
バスで乗り込む豪華なツアー!!

こちらは、教室仲間のウチヤマさん。
競馬場、初体験だそうですよ!!



忘れかけてる記憶が幽かによみがえり・・・・・。
いろいろ馬券を買ってみました。




VIPルームから見る夕暮れの風景も素敵でした。

最終レースまで負けこんでいたのですが、最後でもどしました(笑)
結果は、マイナスにはならなかった、スレスレな感じ・・・・。

手に汗握る、あの感覚。ぐふふ。
久しぶりに楽しみました!!








投稿:吉崎典子 | 18:23 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録

<<  1  >>

戻る