講談発表会

ゴールデンウイーク初日、4月27日は、
「神田松鯉講談教室」の発表会でした。




今回も、隣のユオリさんと二人で前半後半を分けて
「車読み」というスタイルでのぞみました。
演目は、「宇都宮十兵衛〜赤穂義士伝より〜」です。
(うどみやじゅうべえ、と読みます)

大石内蔵助のことが、好きで好きでたまらない人の話です。
かわいさ余って憎さ百倍となってしまいます。
上野・広小路亭にて、だったのですが、GWということもあり、
道行くお客様もずいぶん入場してくださいました。
(入場無料ってこともあったのかしらん??)

一年に一度でも、10分近くの講談を暗記するのは、
良い脳トレーニングになりますね(笑)



投稿:吉崎典子 | 16:58 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
「チーム梅吉」通信

チーム梅吉のメンバー・アヤコちゃんから
お父さん用にもう少し梅吉が欲しい・・・
というリクエストがあり、再びおすそ分け。




アヤコちゃんは、以前ぬかどこに
「クリシュナ」というインドの神様の名前を
付けてくれました。
今回のお父さん用のぬかどこは、
「ニュー・クリシュナ」という名前になりました!


これから、5月。
ぬかどこのベストシーズンに向けて、
いろんなお野菜漬けてみてくださーーーーい!!



投稿:吉崎典子 | 11:37 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
フレッシュな糠(ぬか)!

経営管理室のケイコさんから、
フレッシュな糠(ぬか)が届きました。

家で、精米機を使って、お米をすって炊いているケイコさん、
いつも、それはそれはフレッシュな糠を届けてくださるのです。感謝!!

さっそく、糠を煎って”いりぬか”にします。




梅吉も、フレッシュな、いりぬかを入れてもらえて
喜んでおりますよ〜!!
ぬかどこにとって、
一年で一番イイ季節の5月にむけて、
準備万端でーーーーーす!



投稿:吉崎典子 | 11:49 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
タケノコあれこれ

さてと。煮上がった美味しそうなタケノコさん。
どうやって楽しみましょうかねえ・・・!

今回は調理時間が早いメニューばかりです。

まず、「梅和え」。
これは、タケノコの穂先の柔らかい部分を
薄くスライスして、たたいた梅とごま油と少々ラー油を
たらして出来上がり!はやっ!!



続いては、サイコロ状にタケノコをコロコロ切りまして、
合わせた大きさで新玉ねぎとピーマンを刻みます。

炒めてバター醤油で味付けして、出来上がり!!




さらに王道の「タケノコごはん」
鶏肉と油揚げも一緒に炊き込みましょう。
木の芽を手のひらでぱちんとたたいて添えましょう。
これは、毎年食べないとね。



タケノコの味噌汁もいっときますか?
わかめと一緒にね。
ちょっと大胆に切りすぎたかな?




以上、簡単タケノコ料理でした!!!
送ってくれたユカちゃんのご両親に
心から感謝いたします。
ごちそうさまでした!!!



投稿:吉崎典子 | 18:44 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
春の味覚

掘りたてのフレッシュなタケノコが
送られてきました。
土曜日の朝のことです。

毎年、千葉の佐倉に住むユカちゃんの
ご両親からです。

なんて立派なんでしょう!




むきむきむきむき・・・・・。
週末に遊びに来ていた、
岡山放送同期のミエコさんにも
手伝ってもらいました。

ぬかを入れて、鷹の爪も入れて
いざ!コトコトコトコトコト・・・・・・。




タケノコを煮ると、すぐ吹いてしまうので、
レンジ周りが恐ろしいことになります。
ぬか入りのおつゆが吹くので、ベタベタになります。

それでも、一時間以上は煮て、柔らかくなりました〜。



さあて、っと。
どうやっていただきましょうか???



投稿:吉崎典子 | 13:23 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
ガタゴトしているけど・・・・!

字幕放送の予算作業の天王山を、ようやく越えることができました!!
これもひとえに、パートナーのタカコさんとの共同作業のおかげです。
ありがとうございました&
おつかれさまでーーーーーーす!!

さあ、そんななか、”女の人生”を考えさせられる、
やる気になる舞台を見てまいりました。
井上ひさしさんの母の実話です。
何があっても、前向きにしたたかに生き抜いていく女性像を
浜木綿子さんがさわやかに演じています。

紺野美沙子さんが、新境地を拓いています。
カワイイ悪女を、あっけらかんと演じており、
こんなキャラクターもぴったりですね。

7日まで、シアター1010にて。

わたくしも、がんばらなくては!!と思わせてもらいました。







投稿:吉崎典子 | 13:47 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録

<<  1  >>

戻る