閉場式


本日で、歌舞伎座がいったん閉場します。

取材で半日、歌舞伎座におりました。



4月30日いちにちで、昼の部と夜の部2回公演。
踊りが主な演目でした。
「都風流」と「京鹿子娘道成寺」

そして、眼目は歌舞伎座手締式。
舞台狭しとずらりといならぶ歌舞伎俳優のみなさま。
猿之助丈が舞台二列目中央に椅子に座っての登場。
ひさしぶりにお元気そうな様子でした。

四月大歌舞伎の千秋楽がおとといで、一日おいての閉場式。
それにしても、閉場式も興行にしてしまう松竹って
やっぱりスゴ腕かも?!



投稿:吉崎典子 | 19:18 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
GWスタート!



今日から、GWがスタートしますね。
まあ、私としてはまったく関係ないのですが・・・・・。
カレンダーの赤に、反応しなくなってずいぶん経ちます。

さて。出勤途中に見たハナミズキ。





赤と白。

私の大好きな春の花の一つです。
花びらが4枚。
特徴のある花です。



投稿:吉崎典子 | 15:23 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
そっくり〜!!


あまりに似ていて笑っちゃうこのイラスト。

文化芸能部のコーナーで、
先週半ばから使い始めた私の似顔絵。

報道タイトルさんが、書いてくれました。



似顔絵というと、他人から「似てる」といわれても、
本人は納得していないケースもありますよね。

し、しかしこれは、どうみても、私以外の何者でもない!!!!
プロはすごいですね。



投稿:吉崎典子 | 10:58 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
季節感

おなじみ、我が家のキッチンの小窓の手ぬぐい。
これは、先月歌舞伎座で購入。

桜の図柄が終わって、今度は、こいのぼり柄です。
なかなか元気良さげで、よろしい。



最近、だんなさんが、手ぬぐい売り場で
「これ、いいんじゃない?」なんて言う様になりました。
夏の柄も購入済です。(ちなみに、蛍柄ね)

楽しみ〜。




投稿:吉崎典子 | 11:39 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
タケノコ尽くし・メニュー編C


さあて、メニューの最終回は、やっぱり梅吉に投入しておきますか。



ぬか漬けのタケノコは、硬い部分と、穂先の柔らかい部分で、
どう味と歯ごたえが違うか。
(おついでに、カブも漬けておきます。)

朝、漬け込んで、夜が来て・・・・・・・。



こんなん、なりました。

食べてみての感想。
梅吉に漬けると、大体の野菜に変化が現れます。
(ビタミンが増加することにも関係しているのでしょう)
色が変わったり、柔らかくなったり、味にも変化があります。
(大体、酸味・旨味が加わりますね)

タケノコの場合は、歯ざわりはそのままで、
やや酸っぱ味が加わりました。
私の好みとしては、穂先の柔らかいところより、
タケノコの胴体の歯ごたえがある部分のほうが美味しかった。

以上、「タケノコ尽くし」完結!
お付き合いいただいた方、どうもありがとうございました。




投稿:吉崎典子 | 10:33 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
タケノコ尽くし・メニュー編B


さてさて、ちょいと目先を変えましょう・・・・。

まずは、「タケノコバター焼き」。
簡単だなあ。バターで焼いて醤油たらすだけ。



続いては、タケノコでリゾットを作りましょう。
玉ねぎいためて、お米もいためて、スープの素を投入。
焦げないように、お湯を足して、粘りが出ないように
あまりかき混ぜない。
仕上げにパルメザンチーズをふって、胡椒をかけます。
青みは、カブの葉っぱを刻んでゆがいて散らします。




繰り返し言いますが、
おかずは、これだけではないんですからね。

(しつこい??)



投稿:吉崎典子 | 12:41 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
タケノコ尽くし・メニュー編A

一夜明けて、朝ごはん。

ご飯を炊いて。
タケノコメニューは、といえば・・・・

まず「タケノコ土佐煮」
鶏肉でボリュームアップしました。



続いては、タケノコの味噌汁。
若竹汁、となりました。



ついでに、梅吉も出しましょう。
新キャベツときゅうりのコンビネーション。





では、いっただきまーす!

あ、言い忘れた。
朝食はこれだけではなく、
もう少しメニューあったんですよ。
何度も言いますけど。



投稿:吉崎典子 | 14:17 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
タケノコ尽くし・メニュー編@

さあて、茹で上がったタケノコさんを
どう食べましょう?!

まず、最近我が家で増やした山椒を使って
「木の芽和え」。
おおっ!すり鉢で擂ると、良い香りが!
味噌と砂糖とだしを加えて、まぜまぜまぜ・・・・。
仕上げに、自家製山椒を、
手のひらでパチンとたたいて乗せます。
まず一品。できあがり。



続いて、柔らかい穂先を使いましょう。
たたいた梅と、だし醤油を合わせ、ごま油をたらす。
ささっと和えれば、酒の肴に、お手軽もう一品。

仕上げに、こちらは大葉の千切りを乗せて。



一食目のトリは、王道のタケノコご飯で。
鶏肉と揚げも入れましょう。



ついつい、山椒の葉ものっけちゃう。

一応言っておきますが、おかずはこれだけではないですからね。
あはは。

タケノコ関係のメニューだけ、書いています。あしからず。



投稿:吉崎典子 | 11:23 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
タケノコ尽くし


やり手の美人社長・ユカちゃんの実家は千葉県佐倉。
ユカちゃんのお母様から、週末「タケノコ」が届きました!



おおうっ!何と立派なタケノコが3本も。ヤッホーッ!!
嬉しいではありませんか!ありがたいありがたい!!!

早速、皮をむきむきむき・・・・・。



すごい量の皮となりました。

すぐに、湯で茹で湯で茹で・・・・・・・。




さあ、茹で上がったタケノコ、どうやって食べよっかな〜!




投稿:吉崎典子 | 18:27 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
餃子ツアー

一度、行ってみたかったんですよ。某餃子のチェーン店。




餃子戦争と称して、いろいろな番組で特集組んでいたし、
安くて美味しくて人気!らしいし。

出かけてみたのは、新橋店。烏森口からすぐのガード下。
びっくりしたのは、ずらりと並んで順番待ちの人の列。
結局入るまでに25分かかりました。







これ、餃子二皿分。
一皿(六個)¥231ナリだから、一個¥40しないぞ。

皮はカリカリで、肉汁もじゅわー。
軽くて、あっという間にたいらげ、お代わり!
4人で出かけて、そのほか山ほど食べて飲んで
お会計は@¥2.200ナリ。やすっ!
こりゃあ、並ぶわけですな〜。納得!





投稿:吉崎典子 | 12:39 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録

<<  1  2  >>

戻る