酵素玄米



「酵素玄米ごはん」をいただきました。

同期のエイコちゃんが、
宅配便で送ってくれました。


玄米、身体に良い。
噛み締めると味がでる。
それにこのセット、
小豆入りだから、まるで
お赤飯みたい?


いろいろ楽しくなってきた私に、
説明書がダメ押し情報を!!!


何といっても
面白いのは、その作り方。



泡立て器で、右まわりに
八分間掻き回し、
「気」を入れること!!

「気」を入れること!なんです。

そうなのか。といですぐ炊きます。

もっとある!面白情報。以下次号。



投稿:吉崎典子 | 19:22 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
めぐみちゃん


「劇団桟敷童子」を
見に行ってきました。

アングラ芝居を得意とする
この劇団の持ち味は、
何と言ってもそのパワーに
あります。毎回差別や偏見を
持たれている集落が舞台で、
今回は神隠しがテーマ。
いつもより、やや救いが
感じられました。

私の隣には、大学の後輩で、
個性派女優の鈴木めぐみさん。
クセのある老婆役がハマリ役です。
若いんですが、しわがれ声といい
腰の曲げ具合といい、
メイクの老け具合といい、絶妙です。

いつも彼女の熱演に、思い切り元気を貰っています。

また、行きますね!!引き続きがんばってくださーい!!



投稿:吉崎典子 | 13:23 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
名言集




朗読レジェンド」稽古は、
本日も湾岸スタジオのリハ室です。


本番まで、残すところあと2週間。


移動の不便さにも、
少し慣れてきたかな?






さて、今回の舞台の構成・演出の
壤晴彦さんの名言をご紹介。

役作りの基本は、「記憶作り」
なんだそうです。


たとえば、この2ショット。
松尾翠ちゃん生野陽子ちゃん
「小君」(おぎみ)という
文使いの少年役なんです。

どこにすんでいて、どんな生活を送り、
家族に対して、こんな感情を持ち・・・・と
立体的に役をとらえること。
文章をただ字面にしたがって平面的に
読んでいるだけでは、伝わらない。
名前を呼ぶときは相手の顔を思い浮かべて。
「動詞」を中心にして、役をとらえていく。

珠玉のひとことが、次々と・・・・。

これは、われわれアナウンサーが
ただ読むのではなく、
立体的に伝えたいときにも有効な
手段だと思った次第です。


さて、引き続き・・・・・

☆チケット好評発売中☆ ぜひお運びくださいまし!




投稿:吉崎典子 | 16:27 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
「朗読レジェンド」稽古場日記



久しぶりの晴れ間がのぞきました。
日中30度を超える予想です。
今日もお稽古です。


さて、稽古前の風景をご紹介。
稽古の一時間前に到着して、
準備をしてくださっています。
「座」の劇団員のインベさんが、
黒や黄のビニールテープを
床に貼ってます。

フジテレビのリハ室に、
こうして床に装置を置く位置や
階段の場所を
「バミリます」。

「バミル」・・・業界用語です。
いったい語源は何でしょうか?
ご存知の方、教えてください。

今日も稽古は続きます・・・・!


しつこいですが、今回も書きます。

チケット好評発売中です。
どうぞよろしくお願いいたします。






投稿:吉崎典子 | 12:38 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
初心


スーパーニュース」のディレクター、
エダくんの結婚式に
参列してまいりました。

最近、ひとさまの結婚式に
出席して、思うこと。

まず新婦が、組んでいた
父の手から離れて新郎へと
バトンタッチする瞬間、

神父様の「病めるときも、
すこやかなるときも・・・・・」
という誓いの言葉、

さらにベールを上げて
誓いのチュウ(!)をする瞬間、
どれも、キュンッと来ますね。

歳を取ったせいもあるのですが、「おまえも、初心に戻れよ〜!」って
戒められているような厳粛な気分になるんですよ〜。



投稿:吉崎典子 | 15:49 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
「チーム梅吉」ニュース












先日、梅吉が養子に行った先のマキちゃんから、メールが!


〜ぬか漬けがある生活楽しんでいます。

人参も大根もみょうがも美味しかった!
すごく幸せな毎日です。本当に頂いてよかった〜


毎日かわいがってもらって、梅吉の実家としては、本望でございます。

それにしても、マキちゃんの食卓、おいしそうだな!



投稿:吉崎典子 | 11:17 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
朗読レジェンド稽古・第十回


今日は、稽古場が
湾岸スタジオのCリハ。

そこには、今回の音楽を担当してくださる
深草アキさんがいらしていました。
深草さんは、秦琴という、中国の
古楽器を演奏する第一人者。
今回の私たちの公演で、何と!秦琴を
生演奏してくださるんです。

朗読と生演奏のコラボは、
やりたくてやりたくてずーーーっと
憧れていましたので、本当に嬉しいのです!

先日、演劇倶楽部「座」の公演
「お伽草子」でも生演奏していらして、
そのエキゾチックな音色に惹かれました。


さあ、当日はどんな化学反応が
起きるのでしょうか。
どうぞお楽しみに!!

朗読レジェンド」のチケットは
好評発売中です。

あ!活字の色を変えてみました。
す、すごく新鮮。
ブログをスタートして、
二年以上経過してるのに初体験・・・・。(恥)




投稿:吉崎典子 | 15:56 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
みずみずしいやつ


水茄子の嬉しい季節が
やってまいりました。


こぶりなやつをふたつ。


一つは薄切りにして
昆布茶で和えて、
あふれる水気を楽しむ。


もひとつは、ぬか漬けにどぼん、
と決めました。


今しか食べられない季節もの。
・・・・・・そそられます。



投稿:吉崎典子 | 19:48 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
朗読レジェンド・チケット好評発売中!!















朗読レジェンド」第九回稽古です。

今日は、光源氏の遺児・薫の君と匂宮が、本音とたてまえを言うシーン。
一人の女性(浮船)をめぐって、二人がバトルを繰り広げるのです。


本音はそれぞれ渡辺アナ奥寺アナが。

心の声は演劇倶楽部・座の男優である忌部さんと、高野さんが。
二人で一人ってわけです。

ここって本当に面白いシーン!
朗読ってこんなこともできるんだなあ、とあらためて、壤晴彦さんの構成・演出に驚きます。

ところで、「朗読レジェンド」源氏物語・宇治十帖のチケットは好評発売中です!!
よろしくお願いしまーす。



投稿:吉崎典子 | 20:53 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
おたくはどっち?


ソラマメ。空豆。
美味しい季節です。
ぷりぷり大ぶりの実が
食べ応えありそうで嬉しいですよね。

さて、空豆に皺がよらないように
切れ目を入れますねえ。
その際、私は写メのように、
縦に一本包丁で入れます。
みなさんは、どこに入れますか?

先日、お店で頼んだ際、
頭の部分が斜めにカットされた
空豆を見て、なんともモッタイナイ!
と残念な思いがしたので・・・・・。


投稿:吉崎典子 | 17:55 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録

<<  1  2  >>

戻る