至福のメニュー




関西テレビの
スーパーニュースアンカー」
担当のマキちゃんに
美味しいセットを
送っていただきました。


忍野八海のお豆腐や
こだわり卵二十個が
ぎっしり詰まった宅急便。
わーいわーい!!





卵を割ってびっくり玉手箱!
ぷりぷりとした白身、
こんもりの黄身!お、おいしそう!

この場合、やっぱり基本は
「卵かけごはん」でしょう。

さっそく、醤油をたらして
かきまぜようとしたら、
黄身がなかなか切れない。
しっかりしてる!ここでまたヨロコビ!

梅吉から、キュウリとナスの
糠漬け引っ張り出してきました。
ごはんの真ん中に穴を開けて、
さあツルリン、
わしわし、
あれあれ、
あっという間に、胃袋へ直行!



投稿:吉崎典子 | 11:03 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
週末のヨロコビ




週末は、札幌から来ていた姪二人の
アテンドをしました。

服が買いたいというので、19&17歳には、
マルキュー(渋谷109)がイイかな?
と判断。が、さにあらず。
彼女たちの好みのブランドは、
原宿ラフォーレだったのでした。

若い彼女たちのエライところは、
自分に似合うラインがちゃんと
わかっていて、さほど時間をかけずに
的確に選べること。私の十代後半なんて
センスも何もかもお粗末だったなあ。




それにしても楽しかった!

私も調子に乗って、安くてかわいい
バッグやアクセサリー買ったりして、
すっかり同化してました。

ちなみにこのピアスは、
姉のユキエ(上左)とお揃いで。
妹のアキエ(上右)は、
まだピアスは開けておらず、
大学生になった暁には!と闘志を
燃やしておりました。

あたしゃ、ピアスにしたのは、
三十過ぎてからだよ、トホホ。








夜は母のレイコさんと旦那さんと
合流してごはん食べ、そのあと軽く
お花見して帰宅しました。

楽しいひとときに感謝です。



投稿:吉崎典子 | 11:10 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
東京タワー・特別編


遅ればせながら、
「祝!WBC二連覇」の
スペシャルヴァージョンの
ライトアップを写メしました。



もう少し勝利の余韻に浸っていたい
我々の心情を汲んでいて、
日曜日までの限定だそうです。



遠目に見ても、綺麗ですね。
国旗をイメージした赤と白の
ライトが輝いています。


タワーを見ると、「ああ、日本人も捨てたモンじゃあない!」という気持ちになれます。
しみじみよかったよかった。




投稿:吉崎典子 | 14:37 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
リコちゃん


友人の客室乗務員のミズホさん。
彼女のご両親が住む八ヶ岳に
新しい家族が増えたらしいのです。
以下、ミズホさんからのメール。


〜新しい家族です。
 ヤマブキボタンインコのリコちゃん、
 生後1ヶ月くらい。

 手乗りで、言葉も教えると
 母ははりきってます。
 パタパタと翼をひろげるたびに
 花(ホワイトテリア)が
 大騒ぎなんです。
 
 妹を迎えたお姉ちゃんの反応で、
 自分も触って世話をしたいと
 いうことのようです。
 いずれ仲良く
 共存してくれるでしょう。〜

きゃ、きゃわいい!
穢れを知らないつぶらな瞳が
私の心臓をドキュン!です。




投稿:吉崎典子 | 12:32 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
メイクのお仕事















うわーっ!痛そう!!

傷口の生々しい感じが、なんとも言えません。

実は、これ、メイクのヤブちゃんの手。特殊メイクの実習中なんです。
この日のお題は、「銃弾を撃ち込まれた傷口」。血糊もうまくできました。
あまりにリアルなので、写メで撮らせて貰いました。

テレビ局のメイクのお仕事、こんなこともやるのですよ〜!




投稿:吉崎典子 | 11:23 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
O・N・J


リブエイド(乳がん撲滅)のキャンペーンで
来日したオリビア・ニュートン・ジョン。

私は、リアルタイムで聞いていた世代。
相変わらず素敵な存在感でした。

乳がん撲滅活動ということもあり、
担当ディレクターのナガシマ女史の
計らいで、スタッフ全員女性で出動。

考えてみたら、オリビア世代の私が
若かった頃は、女性初のカメラマンが
話題になっていた時代でした。
こうして人材豊富に女性チームで
集結できるなんて、夢のようですよ。
素晴らしいです。
そのことに、感慨を覚えました。



投稿:吉崎典子 | 13:54 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
祝!ご卒業


卒業の季節です。

音声スタッフのイシバシさんが、
還暦まで4年を残して、
大学の先生へと仕事をチェンジ。
送る会が開かれました。

私は入社二年目から、
ご一緒させていただきました。
・・・ということは、もちろん
20年以上のお付き合いです。


世話好きで優しくて、
取材現場のムードが
つねに和やかでしたよ。


アナウンサーの洋服の色に合わせて、お手製の各色マイクカバーを付ける、
という細やかな心遣いのある方でした。


本当にありがとうございました!
しみじみ寂しいです・・・・・・!!



投稿:吉崎典子 | 11:53 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
恋人カラー


もんだい。
「恋人カラー」と書いて何と読む?

こたえ。
「こいと・からー」です。


今朝の「めざましテレビ」で出ていたお花は
「カラー」というスレンダー美女的な花。
生産地が千葉県君津市小糸
(ちばけんきみつし・こいと)であることから
恋人とかけて「こいと」と読むそうなんです。


実は、母のレイコさんの実家は小糸です。
全国有数のカラー生産地ですが、
湧き水がすごく綺麗なので、可能だ
ということです。

そういえば、昔、母の実家に遊びに行くと、
いつも、こんこんと水が湧いていたことを、思い出しました。

すらりとした清楚なお花ですね。
(また、愛ちゃんコーナーにお邪魔しちゃって、どうも、すみません!)



投稿:吉崎典子 | 14:39 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
シーズン予想



梅吉暦の「春宣言」以来、
ぐいぐい調子が上向いていますね。


昨日は今年になって初めての
「ナス」を漬けてみました。
なかなかイイ「茄子紺」色が
出ています。



このまま、発酵状態をキープできれば
本来のシーズンである5月に向けて、
梅吉の実力も存分に発揮できるのでは
ないかと、当局は予想しています。





投稿:吉崎典子 | 12:47 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
復活!東京S・B


まもなく閉館する予定の
「シアタートップス」という
劇場があります。
新宿の紀伊国屋書店の近くです。

ここで、15年ぶりに
三谷幸喜さん率いる
「東京サンシャインボーイズ」が
復活公演をおこないます。
(ほか数劇団も上演予定)
その取材に行って来ました。

私は、当時、東京サンシャインボーイズ
という劇団が大好きで、公演のたびに
各劇場に出かけ、15年前の休止公演も
しっかり観ておりました。


自分の青春時代が復活したようで、ワクワクしながらインタビューさせていただきました。
15年経っても変わらない、三谷さんの熱、俳優さんのテンション。
ああ、やっぱり好きだなあ・・・今も。

今夜の「文化芸能部」で、オンエア予定です。


投稿:吉崎典子 | 14:39 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録

<<  1  2  3  >>

戻る