冬の贅沢


毎年冬になると、楽しみにしている
一皿があります。

黒トリュフのスープ。

これでもか、とびっくりするほどの
トリュフの厚みなんです。
ふだんペラペラのカンナクズ様の
トリュフしか食べたことがなかった私は、
この一皿に出会って驚愕しました。

こんなにも香り高く、
大地の豊かな風味が
鼻腔を駆け抜けるとは・・・・・!

ああ、し、しあわせ・・・・・・。



芝のフレンチ「A」は、不況の影響で
最近予約日のみの、リクエストディナーで営業しています。

もったいない。小滝シェフ、がんばって欲しいです。



投稿:吉崎典子 | 14:02 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
おとこの成長


ハリウッド随一のスター、ブラピ来日。
会見場にはマスコミがあふれ、
その数700人を越えた。
(この写真は会見後、彼らが
ランチタイムに入り、報道陣が
散会したあとの図。ガランとしてます。)

今回パートナー(まだ結婚していない)の
アンジェリーナ・ジョリーと、
アカデミー賞ダブルノミネートという快挙。
子供六人と揃っての来日だ。

10分間の個別インタビュー後、
感じたのは、人間として、
男としてすごく成長した!ということ。




数年前、映画「トロイ」で個別インタビューをさせてもらった折も、
気さくで綺麗でオーラがあふれていたが、カジュアルなイメージだった。
今回の映画は、80歳という老人の姿で生まれ、成長するにしたがって若くなるという、
数奇なる人生を生きる主人公の役。
役を通して、人の生死を考えた、とも語っていた。
その影響もあったのだろうか、受け答えが実に落ち着きがあり、思慮深く、
「大人のブラピ45歳」がそこにいた。
インタビューでも「残りの人生が、あとどれくらいあるか誰にも分からない。
だからこそ、家族といかに過ごすか、そのすごし方が大事」と強調していた。

ブラピが、大人の男性へと成長した裏には、アンジーの存在が大きい、
という見方をする人は多いのですよ。いい女は男を立派に育てるんですね。





投稿:吉崎典子 | 11:35 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
エコ
















義妹のマリさんから、ベトナム旅行のお土産に、お箸をもらいました。

「これは、会社で使うエコ箸にぴったり!」

これからは、お弁当を買うときにも、お箸はもらわないようにしてみますか。

遅まきながら、エコに参加してみることにします。


投稿:吉崎典子 | 12:10 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
赤坂サカス・冬編


週末に、赤坂アクトシアターで
「リチャードV」観てきました。

その折、赤坂サカスのスタバに
立ち寄りました。
すると、何と!脇にスケートリンクが
できているではありませんか。
きゃー、NYみたい。

一緒にいたユオリさんは、長野出身。
「長野の人は、八の字やバックくらいなら
楽らくだよ」・・・・・・・・・なるほど。

スケートほど、できるできないが
はっきりするスポーツは無いですねえ。
スキーほど普及もしていないし、
こんな都会でスイスイ滑れたら
すごく目立って格好いいな!と思いました。


それにしても、こんなに暖かいと、氷が溶けないかと心配になります。






投稿:吉崎典子 | 11:41 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
キニナル!!


発酵食品好きの私が、
最近気になるCMがあります。

納豆パックのビニールが無くなり、
タレがゼリー状になった!
というアレ、です。
早速、買って試してみました。


結果。実にシンプル。すっきり。
日本人ってホントすごい!
納豆パックは、ひとつの完成形
だと思っていましたが、まだまだ
手をゆるめませんね。さすがです!!




さて。気になるポイント二つ。

@ 冬なので、タレの温度が低く、なかなか納豆と絡まない。
もう少し暖かくなれば問題解決か?

A からしが付いていない。
これはCMを見たときから、気になることでした。
欲しい人は自由に持っていける「小袋」を添えたらいいのに〜。

以上、てんこ版・暮らしの手帳風モニター報告、でした。



投稿:吉崎典子 | 11:27 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
にんまり・・・・・


ちょっと、
ほのぼのしちゃったので、
投稿します。



昔ながらのイタリアン店の、
これまた昔ながらのメニューより。



口に出してつぶやいてみると、
味わいが増すかも・・・・・・?



投稿:吉崎典子 | 10:56 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
人生50年


「人間五十年、下天のうちに
くらぶれば 夢幻のごとくなり」
と好んで歌ったのは、織田信長ですね。
人間の生の短さ・儚さを
歌ったものだといわれていますね。

なんでこんなこと急に
書きだしたかというと、
札幌に住む兄から、
DVDが送られてきたのです。

それは、今は亡き祖母や父が
映っているものでした。
病気で長い間しゃべることが
かなわなかった父が、
饒舌(ってほどでもないけど)
に話している映像は衝撃的でした。


なんでこれを?と兄に聞いたところ、
「自分も50歳過ぎて、人生の節目を考えた。
ここ20年に撮り溜めた映像を編集して振り返りたかった。
この年になると、残り時間を逆算するようになる。
そのうえで、次のステップを慎重に検討して進んでいきたいんだ。」と語った兄。
最近私も同じようなこと考えていたので、すっかり電話で盛り上がりました。

残り時間は無限でないことに、実感がわく年齢なんですよ。







投稿:吉崎典子 | 11:12 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
涙の披露宴


いや〜、泣いた泣いた。
ひとさまの結婚式でこんなに泣くのも
久しぶりです。

佐々木きょんちゃん
披露宴に行ってきました。

披露宴における落涙のツボ、
というものがあり、新婦の同級生が
涙ながらに友情の思い出を語ったり、
新郎新婦から親御さんへの感謝を
のべるくだりなんですが・・・・・・・・・。
今回は主賓挨拶から(!)泣きました。

何回泣いたか、わからんくらい。



それもこれも、きょんちゃんが、あまりに良い表情でしたから。


嬉し泣きということですね。本当によかったね!きょんちゃん。





投稿:吉崎典子 | 10:50 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
さよなら公演


年が明けて
歌舞伎座のさよなら公演が
スタートしました。


来年4月までおこなわれ、
その後に建て替えのため、
いったん閉鎖されてしまいます。


今まで幾度訪れたことでしょう。
そのたびに様々な感動を
与えてくれた場所です。


同じような思いからでしょう、
この日は記念撮影をする人で
ごった返していました。


投稿:吉崎典子 | 14:49 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
制作発表にて


映画「マダガスカル2」の日本語版で
声優をつとめる俳優さんたちに
インタビューしました。


玉木宏さん、高島礼子さん、柳沢慎吾さん

岡田義徳さん、おぎやはぎさん


みなさん、熱演です。
会見で
「みなさんを、動物にたとえると何でしょうか?」
という質問に
「よく”らくだ”に似ていると言われます。」
と答えていた玉木さん。

ええっ!と思ったけど、似ていますね。

インタビューの模様は、本日17時半近くに放送です。


投稿:吉崎典子 | 16:34 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録

<<  1  2  >>

戻る