東京タワー・ハート編


冬の東京タワー、Christmasバージョン。


ハートがぽっかり浮かんでいます。
可愛くて、思わずパチリ。


同じこと考えている人が、
道路にあふれていました。
みんなで、カシャッ!・・・・・・。


現在、夜の8時にいったん照明が
消えるそうです。
その瞬間に一緒にいた人と結ばれる、
というおまじないが流行っているとか・・・。





投稿:吉崎典子 | 14:40 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
花まる


名前にひかれて思わず購入。
群馬県産。その名も「花まるきゅうり」ナリ。


これ、すごく細いきゅうりです。
曲がっています。


昔、亡き父がミニきゅうり好きで
お味噌つけて食べていたなあ。
そう、「もろきゅう」と呼んでいました。


梅吉に漬け込んだら、華奢なので
こころもとない感じでした。




投稿:吉崎典子 | 10:12 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
点滅


 

冬の街は、どこもここも、イルミネーション
だらけですね。



最近、数多く見すぎて、
あまり驚かなくなりました。



贅沢&勿体無い話ですね。
子供の時分は、色の付いた豆電球が
点滅するだけで、

「おおっ」と思っていたのに。









これは、ちなみに渋谷パルコ前。





小ぶりな電飾で、
なかなか好感が持てました。

 




投稿:吉崎典子 | 13:01 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
梅吉でクリスマス



梅吉でクリスマスを楽しむことにしました。



できあがりは、こんな感じかな。
クリスマスカラーになりました。



ちなみに、きゅうりが漬かりすぎると、
別ものになるので
浅漬きくらいがよろしいようで・・・・。


投稿:吉崎典子 | 15:28 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
冬の風邪対策(梅吉編)



冬になり、梅吉は、風邪をひきかけました。
が、現在は回復に向かっています。

そこで、栄養をつけさせることに。

我が家定番の、厚節、昆布、赤唐辛子、
いりぬかを投入。
かつお節の良い香りがしてきました。


いままで、いろいろな方のお手入れ法に
倣って試してきました。

@江上栄子さんの「国産レモンの皮」
(上品な良い香りになります)

A半藤末利子さんの「大豆ひとつかみ」
(大豆自体は真っ黒になりますが、活性化します)

B有元葉子さんの「焼いた鮭の皮」
(かき回した感触が滑らかになります)

などなど。実に個性的。
他にも方法があったら、教えて欲しいです。

ちよちゃんの「ジェラール」はその後いかがお過ごしでしょうか。
どれか、選んで試してみてください。
お大事に〜。


投稿:吉崎典子 | 15:14 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
じゅうたん


午後の日差しに、まばゆいばかりの黄金色。

いちょうの樹木が色づいています。


ふと下を見ると、はらはら、はらはら、
落ち葉が舞い降りています。
これまた黄色いじゅうたんが
敷き詰められているかのようです。

六本木のホテルでの取材に向かう途中、
信号待ちの、ロケ車から撮りました。


晩秋の名残りと、冬の始まり・・・・・・・。



投稿:吉崎典子 | 15:40 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
もやしもんグッズA




あらら・・・・・深夜アニメ「もやしもん」に
また新製品登場。

クリアファイル。

ひとひねり感じるのは、
このファイル、表と裏の絵柄が違います。

菌キャラクターの正面と後姿が載ってます。













背中に哀愁漂う酢酸菌やら、

チョンマゲ可愛いヨグルティ、など

新たな魅力が、感じられます。

税込み¥368ナリ。







もうひとつ。

オリゼーのカラーチャートシールも。

¥420ナリ。

今夜もみるぞー。


投稿:吉崎典子 | 18:33 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
夕飯


さあ、その日の夕飯。

白いゴハンを炊きました。

おともは、梅吉のぬかづけ。

長いもは、びっくりするくらい水分が出ます。
その分、歯ざわりも粘りも、生食より
落ち着いた感じ。

かぶは、やや固め。薄切りにしましたが、
もうすこし漬けても良かったかな。

夏期に比べて、漬ける時間が長くなりました。

漬き過ぎにならないから、その分、緑色が鮮やかかも・・・・・・。


投稿:吉崎典子 | 18:39 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
朝市バンザイ!



日曜日の朝市が、近所のスーパーで
開かれています。いつも人でいっぱい。

元気が出るんですよね〜。

これだけ買い込んで、¥650ナリ。

長いもが、こんなに長くて¥100。
やすーい!









夕食用に午前中に漬け込んでおこう。

かぶは、青い茎の根元に付いている泥を
丁寧に洗う。

長いもは、塩もみしてから、
キッチンペーパーに包んで。


投稿:吉崎典子 | 18:14 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録

<<  1  >>

戻る