梅吉、旅に出る




 梅吉の分身が、旅に出ます。行き先は、アナウンス室の阿部知代ちゃんのおうちです。数回前の「コメント」でちよちゃんの家のぬかどこ君が調子悪い、と聞きました。そこで、梅吉をおすそわけすることになりました。このブログを始めて分かったことですが、アナウンス室のみならず結構社内でもぬかどこを持っている人が多いことが分かりました。



昨日も、ぬかどこ名「ジョアンナ」の持ち主のBSフジ担当のヒロコさんから声を掛けられました。ぬかどこが臭うようになったら、緑茶を入れた後の茶がらを乾燥させて入れるといい・・・・・と教えてもらいました。なるほどなあ、今度やってみようっと。さて。梅吉。密閉ビニール袋に三重に入れてパッキング。



アナウンス室でちよちゃんに手渡しました。元気になってくれるといいなあ。




投稿:吉崎典子 | 11:33 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
お洒落にピクルス


 フジテレビ・美術業務部のムッチーさんから、とびきり美味しい「ピクルスビネガー」をいただきました。鎌倉で有名なお店のものなんだそうです。これさえあれば、お洒落な西洋漬物はあなたのもの!てなわけで、3倍に薄めたビネガーを早速広口ビンに注ぎ、そこに生野菜をカットして入れるだけで出来上がり。



この日は、大根ときゅうりと赤パプリカ。赤唐辛子も一本入れてみました。何て簡単。お昼に漬け込んでもう夕食にOK。・・・・これが、また上品な甘味と酸味があいまって、いくらでもいただけちゃいますの。
シャキシャキ!ぽりぽり!おほほほほほ・・・・・・!




投稿:吉崎典子 | 15:34 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
「まる生2007」に生出演



 5月26日にCS放送「フジアナスタジオまる生2007」に出演しました。
その数日前に、スタッフと打ち合わせをした際、「番組の企画で、白いゴハンに合うおかず一品を紹介するコーナーがあり、そのときにぬかづけを持参してくれないか」と打診されましたので、「こんなもので良ければ毎日漬けとりますので喜んで!」とお答えしまして、梅吉のぬかづけが生出演することになりました。

前日、夕食にワインとジンをしこたま飲んで “へべれけ” のわたくしでしたが、
懸命にカブやニンジンの皮をむき、塩をもみこんでオンエアに備えたのでした。すごい量漬け込んじゃいました。カブ、ミョウガ、きゅうり、ニンジン、パプリカ・・・・。

当日、ぬかを付けたままの野菜を密閉ビニール袋に入れ、保冷材とともにスタジオ入りしました。
スタジオ脇の給湯室でぬかを落とし、包丁で切り分けてさあ、本番。
本日の相方の松元真一郎アナは、おコメが大好きで、お漬物も好きなんですって。
黄色のパプリカを珍しがって食べていただきました。「きゅうり、美味しかったよ」と、感想をいただきました。
「まる生2007」のスタッフから、「スタジオのカメラに、アップでミョウガやカブが映ったのは初めてだなあ」とつぶやかれました。
私も生出演させてもらって、嬉しかったな。
はは、何か親バカみたいだな、これ。


投稿:吉崎典子 | 11:53 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
たけのこB



 「たけのこ」話も、これで3度目。しつこくてスミマセン。
前回は食べる「たけのこ」の話でした。
今回は、「たけのこの皮」で遊びましょう。
私が幼い頃、この飴を、父がよく作ってくれたものです。
 
たけのこを剥いた後の、外皮の山の中から、柔らかそうな皮を一枚選びます。
三角形に整えて、表皮のうぶ毛を落とします。
(うぶ毛は、皮同士でこすると、面白いように取れていきます。)

皮を半分に折り曲げて、その中に梅干を一個入れて出来上がり。これを気長にぺろぺろ舐めていると・・・・・・・・


ああら不思議!
たけのこの皮は、びっくりするほど鮮やかなピンク色に染まりました。
小さい頃から、私は梅干が大好きでしたから、口にいれてしゃぶると、ほのかに梅干の味がするこの飴をずっと舐めているのが楽しくて、たけのこの季節が来ると父のそばに寄っていって作ってもらったものです。
今年も懐かしさの余り、つい作ってしまいました。
父は、去年の夏に逝ってしまったので、二度と作ってはもらえないのが、ちょっぴり寂しいですね。



投稿:吉崎典子 | 15:27 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
アヤコさんのさやえんどう



今夜は、だんなさんは食事会です。
夕食がひとり、と朝から分かっている場合は
漬け込む野菜もやや少量になります。
キャベツの葉1枚。
きゅうりも1/2本。
でも、カブは半分とは行かず、こんな量になりました。



帰宅して、ぬかづけを出して食卓に。
この日は、母の妹のアヤコさんが送ってきてくれた
さやえんどうを茹でました。
アヤコさんが、千葉の畑で無農薬で
こじんまりと作ったものです。
さやえんどうに虫の食った穴が開いていたり、
大きさもふぞろいでナチュラル感があふれています。
かつおぶしを思いきりかけて食べました。




投稿:吉崎典子 | 11:23 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
手抜きしました・・・・。



 梅吉、ごめん。まる2日間、放置しました。確信犯です。
おそるおそる蓋を開けたところ、うっすらと白いカビさんが樽のふちに浮かんでおりましたが、ほぼ変化はありませんでした。ほっ・・・・・。でも、においがきつくなっていました。ごめんごめん。まだ5月だし、それほど気温も上がらないはずなので、たぶん大丈夫だろうと踏んで、旅に出かけた私を許してね。てへへ。5分近くかき回して、梅吉のご機嫌を取りました。

 さて、日曜の朝市でナスを見つけました。5本で¥150ナリ。安い!あまりに新鮮で、ナスのへたのイガイガが指に刺さりました。ひえ〜。早速きゅうり、キャベツと一緒にぬかどこに。

ナスを漬ける時は、こんな野菜の形をした「鉄の塊」を入れるとナス紺が鮮やかになるのですよ。
(上:きゅうり。下:ナス)我が家の、夏の必需品です。
以前は古釘を入れていましたが、かき回した際に指を怪我したことがあり、母のレイコさんが買って送ってくれました。



 夜、ビールとそら豆と一緒にぺろり。




投稿:吉崎典子 | 15:12 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
たけのこA



 今年は、二つの新メニューに挑戦してみました。
 一つは、現在編成部の筒井櫻子元アナに教わったもの。
筒井家ではだんなさんがこうやって料理したら、美味しかったそうです。
それは、「たけのこの素揚げXO醤和え」。
作り方は、たけのこを素揚げしてXO醤で和える。簡単!ビールのつまみにGOOD!
 
 続いては、アナウンス室の益田由美さんに教わった「姫皮の梅肉和え」。
たけのこの先っぽの柔らかい姫皮の部分を薄切りにして、たたいた梅肉で和える、というもの。
私はこれにごま油をたらしてみました。これまた超簡単!日本酒にも合う。
 

 最後は、王道の、「たけのこご飯」で〆。
たけのこがたくさんあったので、鶏肉と一緒に、さいの目にして入れてみました。
ごろごろした、たけのこの感触が、意外と好評でした。満腹!




投稿:吉崎典子 | 13:25 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
週末のお新香


週末の食卓は、和食の場合は、いつもぬか漬けを
並べます。
この週末は、定番のきゅうりとキャベツ、
それに初物の「山うど」を見かけたのでぬかどこに。

薄切りにして水にさらし、酢味噌やドレッシングなどでサラダみたいに食べるのもシャキシャキ感が楽しめますが、
ぬか漬けにしてみると、大人の味わいです。
少しくったりとして、苦味が結構前面に出てきます。

山うどの先っぽの、くるっと丸まった部分も一緒に漬け込んでみました。
野菜の端切れでも何でも、漬け込めば一品に!ぬかどこって便利です。




投稿:吉崎典子 | 15:56 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
たけのこ@



 そろそろ、今年のたけのこの季節は終了しましたね。
東京のスーパーマーケットの店頭では、もう見かけなくなりました。
 「雨後のたけのこ」という表現、これは「続々と現れ出ることのたとえ」(岩波国語辞典による)だそうですが、初夏のこの時期、一雨ごとに、びっくりするくらい伸びては、地表に顔を出すんですよね。にょきにょきにょきにょき、それはもう、恐怖を覚えるほどです。これを放っておくと大変な竹林になってしまうので、たけのこ掘りをやるわけですね。
 千葉県にある母の実家の裏山でもよく掘りましたっけ。まだ出たての細身のたけのこなら、鎌(かま)でちょいとひっかけて掘ることができます。が、ある程度太くなってきたたけのこは、根も深く張っていて、鍬(くわ)で根元から土を掘り起こさないとなかなか抜けません。掘ったたけのこを、背負った大籠に入れて山を降りるときの誇らしさは、ちょっとした英雄気分でした・・・・・・。 
 さてゴールデンウイーク明けに、アナウンス室の益田由美さんから、たけのこのおすそ分けにあずかりました。番組「晴れたらイイねッ!」の取材でお世話になった、千葉県のたけのこ採りの名人から送られてきたものだそうです。
 たけのこの外皮を、一枚一枚はがしていくと、台所はあっという間に皮の山。そのたけのこを茹でる際に、糠をひとつかみと、赤唐辛子を数本投入すると、えぐみが抜けて美味しくなるんですね。
 一時間半余りも煮るうちに、たけのこはすっかり柔らかくなり、あとはもう、煮るなり焼くなり揚げるなりどうにでもして!とばかりに、剥きたてのつるつるの肌をさらします。ああ、もうたまりません!



投稿:吉崎典子 | 14:34 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録
できばえ

 9日の朝に漬けたセロリとにんじん。その夜に出してみました。うふふ。
 にんじんは軽い酸味と甘さ。セロリは歯応えがさわやか。この取り合わせは色彩が綺麗でしょ。
 おまけと思って漬けてみたセロリの葉っぱ。これ、筋を取り忘れていました。口に入れたとたん繊維が残って美味しくない!失敗しました。彩りはいいんだけどなあ。



投稿:吉崎典子 | 13:46 | 個別ページ |
RSSリーダーに登録

<<  1  2  >>

戻る