記事一覧

  • 2016/12/30

    海外

    現地29日、イタリア男子1部リーグの2016/2017シーズン後半戦第4節が行われ、石川祐希が所属するTop Volley LatinaはDiatec Trentinoにストレート(19-25、18-25、23-25)で敗れた。

    2014/2015シーズンに同じイタリア男子1部リーグのModena Volleyに短期留学した経験を持つ石川にとり、2度目となる同リーグへの挑戦。年内の4試合で石川に出場機会は訪れず、Latinaでのデビューは年明けに持ち越しとなった。

    Latinaの後半戦第5節は現地1月8日に行われ、Azimut Modenaと対戦する。
     
  • 2016/12/27

    V・プレミア

    V・プレミアリーグ男子のJTサンダーズは27日、ウィングスパイカーの井上慎一朗(中央大学在学中)とロジャーズ海(筑波大学在学中)、リベロの井上航(東海大学在学中)と3選手の加入内定を発表した。

    なお、背番号は井上(慎)が6、ロジャーズが21、井上(航)が10となる。
     
  • 2016/12/27

    V・プレミア

    V・プレミアリーグ女子の日立リヴァーレは27日、ウィングスパイカーの土井さくら(筑波大学在学中)、リベロの齋藤加奈子(東北福祉大学在学中)と2選手の入社が内定したことを発表した。なお、背番号は土井が15、齋藤は7となる。
     
  • 2016/12/27

    海外

    現地26日、イタリア男子1部リーグの2016/2017シーズン後半戦第3節が行われ、石川祐希が所属するTop Volley LatinaはCucine Lube Civitanovaにストレート(13-25、17-25、14-25)で敗れた。

    この試合でも石川に出番は訪れず、チーム合流後3試合続けて欠場となっている。Latinaの後半戦第4節は現地29日に行われ、Diatec Trentinoと対戦する。
     
  • 2016/12/26

    V・プレミア

    V・プレミアリーグ女子のNECレッドロケッツは26日、ウィングスパイカーの山内美咲(東海大学在学中)、セッターの塚田しおり(筑波大学在学中)、リベロの小島満菜美(青山学院大学在学中)と3選手の加入が内定したことを発表した。
     
  • 2016/12/25

    天皇杯・皇后杯

    25日、東京都の大田区総合体育館で「平成28年度天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会」のファイナルラウンドの男女決勝が行われ、女子は久光製薬が5連覇を達成。男子は東レが3大会ぶり3度目の優勝を飾っている。

    女子の決勝は大会4連覇中の久光製薬と、初優勝を目指す日立という2014年大会と同じ顔合わせになった。久光製薬は長岡、石井、新鍋らウィングスパイカー陣がしっかりとポイントを重ねて日立を寄せ付けず。25-16、25-18、25-17とストレート勝ちで5連覇を成し遂げた。

    男子の決勝は前回覇者の豊田合成と3大会ぶりの優勝をねらう東レが激突。25-22、25-20と序盤の2セットを連取し優勝へあと1歩に迫った東レだが、豊田合成の粘りの前に21-25、24-26と2セットを奪い返されて決着を最終セットに持ち込まれる。運命の最終セットも僅差の競り合いとなったが、22-20で競り勝った東レが3年ぶりの戴冠を果たした。

    【女子最終結果】
    優勝:久光製薬スプリングス
    準優勝:日立リヴァーレ
    第3位:東レアローズ
    第3位:NECレッドロケッツ

    【男子最終結果】
    優勝:東レアローズ
    準優勝:豊田合成トレフェルサ
    第3位:サントリーサンバーズ
    第3位:ジェイテクトSTINGS
     
  • 2016/12/21

    V・チャレンジ

     V・チャレンジリーグ I 女子のJAぎふリオレーナは21日、ミドルブロッカー尾花佳甫(大阪学院大学在学中)の加入が内定したことを発表した。背番号は7となる。
     
  • 2016/12/19

    海外

    現地18日、イタリア男子1部リーグの2016/2017シーズン後半戦の第2節が行われ、石川祐希が所属するTop Volley LatinaはBunge Ravennaにセットカウント3-1(28-26、21-25、25-23、27-25)で勝利した。

    2014/2015シーズンに同じイタリア男子1部リーグのModena Volleyに短期留学した経験を持つ石川にとり、2度目となる同リーグへの挑戦。チーム合流初戦の前節同様、この試合でも石川に出場機会は訪れず、Latinaでの公式戦デビューはまたしてもお預けとなった。なお、Latinaはこの勝利で14チーム中11位に浮上している。

    Latinaの後半戦第3節は現地26日に行われ、Cucine Lube Civitanovaと対戦する。
     
  • 2016/12/18

    天皇杯・皇后杯

    18日、東京都渋谷区の東京体育館で「平成28年度天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会」のファイナルラウンド男女準々決勝の計8試合が行なわれた。

    女子では、大会5連覇を目指す久光製薬がPFUをストレートで下して順当にベスト4へ進出。前年度ファイナリストのNECもトヨタ車体をセットカウント3-1で破り、準決勝へ駒を進めた。また、東レは岡山にセットカウント3-1で、日立もJTにフルセットで、ともに逆転勝ちを収め準々決勝を突破している。

    男子では、前回王者の豊田合成がFC東京をストレートで下し、大会連覇へまた一歩前進。一方、昨年準優勝のJTはジェイテクトにセットカウント1-3で敗れ、準々決勝で姿を消すことに。このほかサントリー、東レがともにストレート勝ちでベスト4入りを果たしている。
     
  • 2016/12/15

    V・プレミア

     V・プレミアリーグ男子のFC東京は15日、ウィングスパイカーの冨田直人(専修大学在学中)と佐藤望実(中央学院大学在学中)、リベロの山本智大(日本体育大学在学中)の加入を発表した。

    背番号は冨田が17、佐藤が19、山本が20となり、3選手は12月下旬以降に本格的にチームに合流する。
     
  • 2016/12/14

    V・プレミア

    V・プレミアリーグ女子のJTマーヴェラスは14日、2017年1月1日付でセッター柴田真果(日本体育大学在学中)の入部が決定したことを発表した。背番号は19となる。
     
  • 2016/12/13

    V・プレミア

    V・プレミアリーグ男子のパナソニックパンサーズは13日、ウィングスパイカーの久原翼(東海大学在学中)、ミドルブロッカーの兒玉康成(筑波大学在学中)、リベロの伊賀亮平(中央大学在学中)の入社内定を発表した。

    背番号は久原が7、兒玉が21、伊賀が16となる。
     
  • 2016/12/12

    番組案内

    「春の高校バレー2017」の番組MC「春高情熱キャスター」に中島健人さん(Sexy Zone)が就任します!これまでSexy Zoneとして「春高情熱サポーター」を2012年から5大会に渡って務め、高校生バレーボーラー達を応援してくれた中島さんが、今大会はキャスターとして1回戦から決勝戦まで熱戦の模様を会場から連日伝えてくれます!

    これまでにも石川祐希選手や古賀紗理那選手がこの春高の舞台から全日本に羽ばたく姿を取材し、彼らの素顔や情熱を伝えてくれた中島さん。春高から全日本まで幅広く取材されてきた実績と経験を活かして、2020東京五輪で輝くかもしれないダイヤの原石たちの情熱ドラマを熱く伝えてくれます!
    また、「春の高校バレー2017」大会イメージソングは
    Sexy Zoneの
     「Stand up!Speak out!」に決定しました!
  • 2016/12/11

    V・プレミア

    11日、2016/17V・プレミアリーグ男子のレギュラーラウンド4試合が大阪府のパナソニックアリーナと堺市金岡公園体育館、および栃木県の鹿沼総合体育館フォレストアリーナで行われた。

    枚方大会では首位のパナソニックが3位の東レにストレートで敗れている。ホームで迎える年内リーグ最終戦を勝利で飾りたいパナソニックだったが、ジョルジェフに23ものアタックポイントを決められるなどストレート負け。今季2敗目を喫している。

    堺大会ではJTが堺にフルセットの末に勝利。両チームとも4勝8敗で並んだが、通算ポイント13の堺が同12のJTをわずかに上回っている。

    鹿沼大会では2位サントリーがジェイテクトにセットカウント1-3で敗戦。東レと入れ替わりで3位に後退している。昨季王者の豊田合成は、今季ここまで勝利のないFC東京をストレートで撃破。年内リーグ最終戦を白星で飾っている。
     
  • 2016/12/11

    V・プレミア

    11日、2016/17V・プレミアリーグ女子大会のレギュラーラウンド4試合が佐賀県総合体育館と神奈川県の川崎市とどろきアリーナで行われた。

    佐賀大会では首位の久光製薬と2位日立との首位攻防戦が行われた。デュースに突入した第1セットを27-25で制した日立は、第2セットも25-22と僅差の勝負を制して連取。第3セットこそ23-35で惜しくも落としたが、第4セットはリードを守る展開に持ち込み25-17。渡邊が31ものアタックポイントを決める活躍を見せ、日立が年内リーグ最終戦で首位の座を奪った。

    佐賀大会のもう1試合では、4位JTが8位のPFUをフルセットの末に撃破。JTは7勝6敗と勝ち星を先行させ、通算ポイントを20に伸ばして年内のリーグ戦を終えている。

    川崎大会では3位のNECが東レをセットカウント3-1で破った。ホームの2試合をいずれも制したNECは、5連勝で年内のリーグ戦を締めくくった。また、トヨタ車体は岡山をセットカウント3-1で下している。各セットとも双方20点以上を奪い合う接戦を制し、7勝6敗と白星先行で年内リーグ戦を終えた。
     
  • 2016/12/11

    海外

    現地10日、イタリア男子1部リーグの2016/2017シーズン後半戦の第1節が行われ、石川祐希が所属するTop Volley LatinaはCalzedonia Veronaにセットカウント1-3(31-33、23-25、25-21、24-26)で敗れた。

    2014/2015シーズンに同じイタリア男子1部リーグのModena Volleyに短期留学した経験を持つ石川にとり、2度目となる同リーグへの挑戦。チーム合流初戦となったこの試合では石川に出場機会は訪れなかった。なお、Top Volley Latinaは14チーム中暫定13位と苦戦が続いている。

    Latinaの後半戦第2節は現地18日に行われ、 Bunge Ravennaと対戦する。
     
  • 2016/12/10

    V・プレミア

    10日、2016/17V・プレミアリーグ女子大会のレギュラーラウンド4試合が佐賀県総合体育館と神奈川県の川崎市とどろきアリーナで行われた。

    佐賀大会では首位の久光製薬がPFUにストレートで勝利している。キャプテンの長岡が両チーム最多となる21のアタックポイントを決め、チームに白星をもたらしている。また、2位の日立もJTをストレートで下し、首位久光製薬との1ポイント差をこの日も守った。

    川崎大会では3位のNECが岡山をセットカウント3-1で破っている。第1セットを落としたものの、ホームの大声援を受け戦ったNECが逆転勝ちを収め、上位3チームが揃って白星を挙げている。川崎大会のもう1試合ではトヨタ車体が東レをセットカウント3-1で退けている。
     
  • 2016/12/10

    V・プレミア

    10日、2016/17V・プレミアリーグ男子のレギュラーラウンド4試合が大阪府のパナソニックアリーナと堺市金岡公園体育館、および栃木県の鹿沼総合体育館フォレストアリーナで行われた。

    枚方大会では首位のパナソニックがJTにセットカウント3-1で勝利している。深津のサービスエースを含む4連続ポイントをマークするなど、第1セットを25-15で先取したパナソニック。第2セット以降はいずれも競った展開となったが、第2、第4セットをモノにして2連勝を収め、パナソニックが通算成績を10勝1敗としている。

    堺大会では3位の東レが敵地で堺をフルセットの末に撃破。また、鹿沼大会では2位サントリーが豊田合成にフルセット勝ち。勝ち点で並ぶ東レとサントリーが揃って2ポイントを手にするも、首位パナソニックとの勝ち点差は7に広がった。

    鹿沼大会のもう1試合ではジェイテクトがFC東京をセットカウント3-1で下している。
     
  • 2016/12/07

    V・チャレンジ

    V・チャレンジリーグT女子のデンソーエアリービーズは7日、ウィングスパイカーの朝日優衣(筑波大学在学中)と兵頭由希(就実高校在学中)、ミドルブロッカーの積山春花(八王子実践高校在学中)、リベロの石橋桃子(北九州高校在学中)の4名の加入が内定したことを発表した。

    背番号は積山が2、朝日が8、兵頭が14、石橋が19となる。
     
  • 2016/12/06

    V・プレミア

    V・プレミアリーグ女子のトヨタ車体クインシーズは6日、ウィングスパイカーの金本望(龍谷大学在学中)と中屋夏澄(日本体育大学在学中)、セッターの山上有紀(東海大学在学中)の3名の入社が内定したことを発表した。

    なお、背番号は金本が14、中屋が16、山上が18となる。
     

<<  1  2  >>