記事一覧

  • 2015/01/31

    V・プレミア|V・チャレンジ

    31日、2014/15V・チャンレンジリーグ男子のレギュラーラウンド6試合が神奈川県の宮前スポーツセンターと東京都の荒川総合スポーツセンターで行われた。

    川崎大会では首位の大分三好が東京ヴェルディと対戦した。第1セットを20-25で落とした大分三好だが、レシーブからオンテレへとつなぐ攻撃で25-17、25-11、25-22とその後の3セットを連取。逆転勝ちを収めている。

    また、2位の富士通は大同特殊鋼に、4位の警視庁も埼玉にストレート勝ちを収め、首位の大分三好を追走している。

    荒川大会では3位のつくばが近畿クラブをストレートで下し、上位の4チームが揃って勝利。チャレンジマッチ出場圏の2位以内確保へ激しい争いが続いている。このほか、きんでんはトヨタ自動車にフルセット勝ち。兵庫は東京トヨペットにストレートで勝利している。
     
  • 2015/01/31

    V・プレミア|V・チャレンジ

    V・チャレンジリーグ女子の仙台ベルフィーユは、ウィングスパイカー川尻彩香(札幌東陵高)の加入内定を発表した。なお、背番号は20となる。
     
  • 2015/01/31

    V・プレミア

    V・プレミアリーグ女子の久光製薬スプリングスは31日、ミドルブロッカーの兒玉仁美(鹿児島女子高在学中)と金森晴香(北九州高在学中)、ウィングスパイカーの浮島杏加子(延岡学園高在学中)の入部内定を発表した。

    なお、背番号はそれぞれ兒玉が22、金森が21、浮島が19となる。
     
  • 2015/01/31

    V・プレミア

    31日、2014/15V・プレミアリーグ女子のレギュラーラウンド4試合が佐賀県総合体育館と富山県の富山市総合体育館で行われた。

    佐賀大会では首位の久光製薬がデンソーと対戦した。互いに2セットずつを奪い合い、最終第5セットまでもつれたこの一戦。序盤はラリーの応酬となったが、攻撃力を生かした久光製薬がデンソーを15-9で振り切り接戦を制した。

    また、3位岡山は日立をセットカウント3-1で下し、連敗を4でストップしている。

    富山大会では2位NECがトヨタ車体と対戦した。長いデュースの末に30-28と第1セットを先取したNEC。第2セットも25-23と際どく制すと、再びデュースに突入した第3セットを28-26でモノにする。ストレート決着ではあるものの、得点差6と僅差の勝負に競り勝った。

    5位の東レは4位上尾をセットカウント3-1で破り、1ポイント差まで詰め寄っている。
     
  • 2015/01/31

    V・プレミア

    31日、2014/15V・プレミアリーグ男子のレギュラーラウンド4試合が愛知県の刈谷市総合運動公園体育館(ウィングアリーナ刈谷)と福岡県の北九州市立総合体育館で行われた。

    東レと対戦した首位のJTは第1セットを22-25で落とすと、第2セットも23-25で奪われあとがなくなる。巻き返しを図りたいJTだったが鈴木ら交代選手が活躍を見せた東レの前に第3セットも19-25。ストレート負けで今季4敗目となった。

    刈谷大会のもう1試合では、ジェイテクトがFC東京をストレートで下し、3連勝を収めた。

    北九州大会では2位サントリーが3位の豊田合成にセットカウント3-1と逆転勝ち。第2レグ全勝と好調のサントリーが首位JTに1差に迫った。4位パナソニックは堺にストレート勝ちを収め、豊田合成をかわして3位に浮上している。
     
  • 2015/01/28

    海外

    現地28日、2014/15シーズンの女子バレーボールヨーロッパチャンピオンズリーグ(欧州CL)第6節の試合が行われ、予選リーグE組では江畑幸子所属のRCカンヌ(フランス)がordmeccanica PIACENZAにストレートで黒星。グループ2位でのプレーオフへ進出となった。

    最終節を前にすでにプレーオフ12進出を決めているカンヌ。江畑は3セットすべてで途中からコートに立ち、アタックで3得点を挙げている。

    なお、2月から開始されるプレーオフ12でRCカンヌはD組2位のVolero ZURICH(スイス)とホームアンドアウェー方式で対戦する。

    この日の結果は以下の通り

    【予選E組/第6節】
    Nordmeccanica PIACENZA(3勝3敗) 0-3 RCカンヌ(4勝2敗)
    (16-25、18-25、18-25)
     
  • 2015/01/27

    V・プレミア

    V・プレミアリーグ女子の東レアローズは27日、セッターとウィングスパイカーでプレーする白井美沙紀(大和南高在学中)の入社内定を発表した。

    春の高校バレー 全日本バレーボール高等学校選手権大会に3年連続で出場している白井。2014年に台北(チャイニーズタイペイ)で行われた「第17回アジアジュニア女子バレーボール選手権大会(U-19)」で中心メンバーとしてプレーするなど、ユース各年代の日本代表にも選出されている。なお、背番号は19となる。
     
  • 2015/01/26

    海外

    現地25日、イタリア男子1部リーグ後半戦第3節の試合が行われ、石川祐希が所属するModena VolleyはVero Volley Monzaと対戦し、ストレート(26-24、27-25、25-20)で勝利。首位の座をキープしている。

    前年12月に短期留学でイタリアへと渡って以降、初めての先発出場となった石川。3セットすべてでスタートからコートに立ち、サーブやレセプションでミスはあったものの、アタックで13点、サーブでも1つポイントを記録。チームの勝利に貢献している。

    Modena Volleyの後半戦第4節は現地2月1日に行われ、Revivre Milanoと対戦する。
     
  • 2015/01/25

    V・プレミア

    25日、2014/15V・プレミアリーグ女子のレギュラーラウンド4試合が神奈川県の川崎市とどろきアリーナと愛知県の刈谷市総合運動公園体育館(ウィングアリーナ刈谷)で行われた。

    川崎大会では2位の岡山と3位NECが対戦した。イエリズ、白垣のブロックで序盤の主導権を握ったNECは、第1セットを25-18で先取する。競った展開となった第2セットも25-23で連取すると、リベロ岩崎の活躍もあり第3セットは25-13。3ポイントを上積みしたNECは岡山をかわして2位に浮上した。一方、岡山はこれで4連敗と悪い流れを断ち切れずにいる。

    川崎大会のもう1試合では、4位上尾がデンソーにストレートで勝利。7勝6敗と勝ち星を先行させた。

    刈谷大会では首位の久光製薬が日立と対戦した。序盤の2セットを連取するも、日立の反撃に遭い決着を最終セットへと持ち込まれた久光製薬。しかし、長岡と石井のアタックや岩坂のブロックで15-9と日立を振り切り、2ポイントを上積みした。

    トヨタ車体と東レの一戦も2セットずつを奪い合う接戦に。最終セットも僅差の勝負となったが、16-14でトヨタ車体が白星を手にしている。
     
  • 2015/01/25

    V・プレミア

    25日、2014/15V・プレミアリーグ男子のレギュラーラウンド4試合が高知県立県民体育館と東京都の墨田区総合体育館で行われた。

    高知大会では首位JTと堺が対戦した。前日の首位決戦に勝利し、意気上がるJTはこの日も第1セットを25-16で奪う幸先のよいスタートを切る。しかし、その後はセットを取り合う展開となり勝敗の行方は最終セットへともつれ込む。ここでも拮抗した展開となったが、JTは越川のサーブで流れをつかみポイントへとつなげ15-13。激闘を制している。

    一方、前日の黒星で3位に後退した豊田合成はジェイテクトにストレートで敗北。上位2チームとの差が広がる結果となった。

    墨田大会では2位サントリーがFC東京に大逆転勝利を収めた。第1セット、第2セットともに23-25と惜しくも落とし、追い込まれたサントリー。しかし、第3セットを25-13で奪い返して反撃を開始すると、第4セットはデュースの連続の末に30-28。最終セットも19-17で競り勝ち、連勝を7に伸ばした。

    パナソニックと東レの一戦も最終セットまでもつれたが、15-13で第5セットをモノにしたパナソニックが2ポイントをもぎ取った。
     
  • 2015/01/25

    V・プレミア|V・チャレンジ

    25日、2014/15V・チャンレンジリーグ女子のレギュラーラウンド4試合が広島県の猫田記念体育館と岐阜県のヒマラヤアリーナ(岐阜アリーナ)で行われた。

    広島大会では、前日首位に立ったJTが敵地で大野石油と対戦した。芥川、シッティラックを中心に得点を重ね、第1セットを25-17で先取したJT。さらに、一時リードを許した第2セットも25-20と逆転で制したJTは、第3セットは大野石油の追撃を振り切り25-21。ストレート勝ちを収めて首位の座を守った。

    また、柏と熊本の一戦はフルセットで柏の勝利。接戦を制して今季3勝目を手にしている。

    岐阜大会では、2位のPFUがトヨタ自動車をストレートで下し、首位JTを1差でピタリと追走。5位の仙台と6位JAぎふの上位を伺う両チームの対戦は、JAぎふがセットカウント3-1で勝利。JAぎふが5位に浮上した。
     
  • 2015/01/25

    V・プレミア|V・チャレンジ

    25日、2014/15V・チャンレンジリーグ男子のレギュラーラウンド2試合が兵庫県の養父市立八鹿総合体育館で行われた。

    前日の勝利で3位に浮上したつくばは兵庫と対戦した。奥村の連続ブロックや丸山のサーブなどで7連続ポイントを挙げ、第1セットを25-18で先取したつくば。ホームの声援を受ける兵庫に28-30と第2セットを奪い返されるも、その後の2セットを25-19、25-14と連取してセットカウント3-1で勝利した。

    この結果、この日試合のなかった首位大分三好に4ポイント差、2位富士通とは2ポイントと、連勝でさらにその差を縮めた。また、きんでんをストレートで下した警視庁はこれで5連勝。大同特殊鋼をかわして4位に浮上している。
     
  • 2015/01/25

    海外

    現地24日、フランス女子1部リーグ第13節の試合が行われ、江畑幸子が所属する首位RCカンヌはIstresにストレート(25-13、25-18、25-16)で勝利した。

    この白星で連勝を二桁の10に伸ばしたカンヌは、2位に6ポイント差と首位を快走している。江畑は第1、第2セットに途中からコートに立ち、アタックで1点を記録している。

    RCカンヌの第14節は現地2月1日に行われ、Nantesと対戦する。
     
  • 2015/01/24

    V・プレミア

    24日、2014/15V・プレミアリーグ女子のレギュラーラウンド4試合が愛知県の刈谷市総合運動公園体育館(ウィングアリーナ刈谷)と神奈川県の川崎市とどろきアリーナで行われた。

    刈谷大会では、首位の久光製薬が4位の東レと対戦した。迫田、木村(沙)の攻撃力の前に、第1セットを23-25で落とした久光製薬。しかし、同じく全日本のアタッカーを擁する久光製薬も長岡、石井が躍動して第2セットを25-23、第3セットも25-22と競り勝ち、形成を逆転する。

    東レはセッターを中道に代え、状況の打開を試みるも流れを変えることができず、第4セットを25-17で制した久光製薬がセットカウント3-1で快勝した。

    刈谷大会のもう1試合、トヨタ車体と日立の一戦はフルセットの末にトヨタ車体が競り勝っている。

    川崎大会では首位を追走する2位の岡山と3位のNECがともに黒星。岡山はデンソーにストレートで敗れ、NECは上尾にフルセットで惜敗し、首位との差が開く結果となった。
     
  • 2015/01/24

    V・プレミア

    24日、2014/15V・プレミアリーグ男子のレギュラーラウンド4試合が高知県立県民体育館と東京都の墨田区総合体育館で行われた。

    高知大会では首位JTと2位の豊田合成が激突した。一進一退となった第1セットは、終盤に八子のブロックポイントで流れを掴んだJTが25-23で先取する。第2、第3セットも競った展開となったが、ヴィソットのアタックや筧本のブロックで豊田合成を振り切ったJTのストレート勝ち。首位を快走している。

    また、ジェイテクトは堺にフルセットで勝利。序盤の2セットを奪われながらも大逆転で白星を手にしている。

    墨田大会では、3位のサントリーが東レにセットカウント3-1で勝利。6連勝と勢いを持続するサントリーが豊田合成をかわして2位に浮上した。4位パナソニックは最下位FC東京をストレートで下し、しっかりと3ポイントを上積みしている。
     
  • 2015/01/24

    V・プレミア|V・チャレンジ

    24日、2014/15V・チャンレンジリーグ女子のレギュラーラウンド4試合が広島県の猫田記念体育館と岐阜県のヒマラヤアリーナ(岐阜アリーナ)で行われた。

    広島大会では、5連勝で首位PFUと2ポイント差に迫るJTが柏と対戦した。序盤に芥川、奥村のブロック、スパイクなどで連続得点を奪い、柏の追撃をかわして25-19でセットを先取したJT。第2セットは12連続ポイントを奪うなど25-11と一方的な展開に持ち込むと、第3セットも25-21で制してストレート勝ち。この日試合のなかったPFUをかわして首位に浮上した。

    広島大会のもう1試合では、4位大野石油が熊本をストレートで下して2連勝。上位進出へ、しっかりと3ポイントを積み上げている。

    岐阜大会では3位のKUROBEが仙台にセットカウント3-1で勝利。第1レグを白星で締めくくったKUROBEはこれで3連勝。好調を維持して第2レグへと突入する。また、JAぎふはトヨタ自動車をセットカウント3-1で下し、ホームの大声援に応えてみせた。
     
  • 2015/01/24

    V・プレミア|V・チャレンジ

    24日、2014/15V・チャンレンジリーグ男子のレギュラーラウンド2試合が兵庫県の養父市立八鹿総合体育館で行われた。

    チャレンジマッチ出場圏の2位以内を目指すため、3ポイントを積み上げたい4位つくばはきんでんと対戦した。瀧澤がバックアタックやサーブで躍動し、攻撃をけん引したつくばが25-22、25-18、25-18とストレートで勝利。この日試合のなかった大同特殊鋼をかわして3位に浮上した。

    また、上位進出を目指す7位の警視庁も敵地で兵庫にストレート勝ち。5位まで順位を上げている。
     
  • 2015/01/24

    全日本女子

    今日の深夜からフジテレビ地上波で新ミニ番組『ワールドカップバレー・メモリーズ』の放送が開始されます!
     
    8月22日に開幕する「ワールドカップバレー」に向けて、過去の大会から名場面をお届けします!五輪出場をかけた日本の熱き戦い、興奮が再び日本を包み込みます!
     
    【放送予定】
    1月24日(土) 深夜4時10分〜
    1月25日(日) 深夜3時50分〜
    1月31日(土)深夜4時10分〜
  • 2015/01/23

    V・プレミア

    V・プレミアリーグ女子のNECレッドロケッツは23日、ウィングスパイカーの古賀紗理那(熊本信愛女学院高在学中)、セッターの篠原沙耶香(高崎商科大学附属高在学中)の2選手の加入が内定したことを発表した。

    古賀は高校2年生で全日本に選出されるなど、ユース・ジュニア時代から世界大会で活躍しており、東京オリンピック強化指定選手「Team CORE」にも選出。篠原は全日本ジュニア候補となった経験を持つ。
     
  • 2015/01/22

    V・プレミア

    V・プレミアリーグ女子の岡山シーガルズは、大阪国際滝井高在学中の金田修佳、野由里加、林日向子、菱川文香の4名を新たに選手登録した。

    大阪国際滝井高は「ジャパネット杯 春の高校バレー 第67回全日本バレーボール高等学校選手権大会」で準優勝の成績を収め、金田と野は優秀選手賞に選ばれている。

    背番号はそれぞれ林が17、金田が18、野が21、菱川が33となり、2015年1月25日より登録有効となる。
     

<<  1  2  3  4  >>