記事一覧

  • 2014/11/30

    V・プレミア

    30日、2014/15V・プレミアリーグ女子のレギュラーラウンド4試合が山口県の維新百年記念公園スポーツ文化センターと山形県の米沢市営体育館で行われた。

    山口大会では、久光製薬が荒木絵里香欠場の上尾をセットカウント3-1で下して開幕5連勝を達成。また、岡山もNECにセットカウント3-1で勝利して、こちらも開幕からの連勝を5に伸ばしている。

    米沢大会では東レが日立との一戦にフルセットで白星。東レは木村沙織の復帰後初勝利となった。デンソーはトヨタ車体にストレートで敗れ、今季初勝利はまたもお預けとなっている。
     
  • 2014/11/30

    V・プレミア

    30日、2014/15V・プレミアリーグ男子のレギュラーラウンド4試合が東京都の大田区総合体育館と愛知県の西尾市総合体育館で行われた。

    大田大会では3勝1敗同士の豊田合成とJTが激突。第1セットからデュースに突入した一戦は、互いに譲らずファイナルセットまでもつれ込むことに。イゴールがアタックで30、ブロックでも6得点を挙げた豊田合成が接戦を制し、4勝目を手にした。サントリーは東レをストレートで破り、3勝2敗と勝ち星を先行させた。

    西尾大会ではパナソニックがジェイテクトにストレートで勝利。各セットとも両チームが20点以上を奪い合う接戦となったが、勝負強さを発揮して4勝目を挙げた。堺は未だ勝ち星のないFC東京をストレートで退け、2勝目を手にしている。
     
  • 2014/11/30

    V・プレミア|V・チャレンジ

    30日、2014/15V・チャンレンジリーグ女子のレギュラーラウンド4試合が広島県の猫田記念体育館と宮城県の富谷スポーツセンターで行われた。

    広島大会では、3連勝とここまで無敗だったKUROBEが大野石油にストレートで敗戦。今季初黒星を喫し、両チームが3勝1敗で五分の勝敗となった。JTはトヨタ自動車にストレートで勝利し、2勝1敗と勝ち星を先行させた。

    富谷大会では仙台がGSSをストレートで下し、地元で連勝を飾った。PFUも柏にストレート勝ちを収め、開幕連勝を3に伸ばしている。
     
  • 2014/11/30

    V・プレミア|V・チャレンジ

    30日、2014/15V・チャンレンジリーグ男子のレギュラーラウンド5試合が宮崎県の高鍋町総合体育館と埼玉県の坂戸市民総合運動公園体育館で行われた。

    高鍋大会では、開幕5連勝の大分三好と4勝1敗の大同特殊鋼が激突。各セットとも両チームが20点以上を奪う接戦となったが、セットカウント3-1で大分三好が制して開幕連勝を6に伸ばした。東京トヨペットは東京ヴェルディにストレートで敗れ、初勝利はまたもお預けとなった。

    坂戸大会では富士通が兵庫にセットカウント3-1で勝利。5勝1敗で、首位の大分三好を追走している。また、つくばユナイテッドは近畿クラブをストレートで下し、トヨタ自動車は埼玉をセットカウント3-1で退け、ともに今季4勝目を挙げている。
     
  • 2014/11/30

    高校バレー

    30日、来年1月5日に開幕する「春の高校バレー 第67回全日本バレーボール高等学校選手権大会」組み合わせ抽選会がフジテレビで行われ、男女1回戦の対戦カードが決定した。

    大会には男女各52校が出場。男子は東福岡(福岡)を第1シードに、以下、鹿児島商(鹿児島)、開智(和歌山)、雄物川(秋田)、そして開催地・東京の第1代表・駿台学園が第2〜5シードに名を連ねた。

    女子は、金蘭会(大阪)が第1シードとなり、昨年優勝の九州文化学園(長崎)は第2シードに。以下、熊本信愛女(熊本)、東九州龍谷(大分)、開催地・東京第1代表の共栄学園が第2〜5シードに入っている。

    トーナメント表はこちら
    http://www.fujitv.co.jp/sports/volley/haruko/tournament.html
     
  • 2014/11/29

    海外

    現地29日、フランス女子1部リーグ第6節の試合が行われ、江畑幸子が所属するRCカンヌはHainautをストレート(25-17、25-23、25-8)で下し、3連勝。首位に浮上した。

    前節の試合で第2節以来となる先発出場を果たした江畑は、この日の第1、第2セットは途中からコートに入り、第3セットはスタートから出場。サーブで2ポイント、アタックで2得点を記録している。

    RCカンヌの第7節は現地12月5日に行われ、ISTRESと対戦する。
     
  • 2014/11/29

    V・プレミア

    29日、2014/15V・プレミアリーグ女子のレギュラーラウンド4試合が山口県の防府市スポーツセンター体育館(ソルトアリーナ防府)と山形県の米沢市営体育館で行われた。

    防府大会では、ともに3連勝と未だ無敗の久光製薬とNECが激突。久光製薬は序盤の2セットを落としたものの、その後の3セットを奪い返して逆転勝ち。長岡望悠は30本のスパイクを決める活躍を見せ勝利に貢献した。岡山は上尾との2時間を超えるフルセットの接戦を制し、開幕4連勝を飾っている。

    米沢大会では、デンソーが日立にフルセットで黒星。2セットを先取してプレミアリーグ復帰後初勝利まであと一歩と迫ったが、逆転負けを喫した。一方、トヨタ車体は東レをセットカウント3-1で下し、今季初勝利を手にしている。
     
  • 2014/11/29

    V・プレミア

    29日、2014/15V・プレミアリーグ男子のレギュラーラウンド4試合が東京都の大田区総合体育館と愛知県の西尾市総合体育館で行われた。

    開幕3連勝と好スタートを切った豊田合成は、東レと対戦したこの日も勢いそのままに立ち上がりの2セットを連取する。しかし、米山裕太やボヨビッチの活躍を許しここから逆転され、今季初黒星となった。大田大会のもう1試合では、JTがサントリーとの2勝1敗同士の対戦にストレートで勝利し、一歩抜け出している。

    西尾大会ではパナソニックが堺にフルセットで勝利。2セットを奪われてから大逆転してみせた。ジェイテクトはFC東京をストレートで破り、地元での試合を白星で飾った。
     
  • 2014/11/29

    V・プレミア|V・チャレンジ

    29日、2014/15V・チャンレンジリーグ女子のレギュラーラウンド4試合が広島県の猫田記念体育館と宮城県の富谷スポーツセンターで行われた。

    広島大会ではKUROBEがJTと対戦。開幕連勝のKUROBEだが、JTに立ち上がりの2セットを連取され、あとがなくなってしまう。しかし、KUROBEは和才奈々美の活躍もありここから3セットを立て続けに奪い逆転勝ち。連勝を3に伸ばしている。大野石油はトヨタ自動車をストレートで下し、2勝1敗と勝ち星を先行させた。

    富谷大会では、ともに今季初戦に勝利したPFUとGSSが対戦。ストレート勝ちを収めたPFUが開幕2連勝となった。仙台と柏の1勝1敗同士の顔合わせは、ストレートで仙台に軍配が上がっている。
     
  • 2014/11/29

    V・プレミア|V・チャレンジ

    29日、2014/15V・チャンレンジリーグ男子のレギュラーラウンド5試合が宮崎県の都城運動公園体育館と埼玉県の坂戸市民総合運動公園体育館で行われた。

    都城大会では、開幕から白星を重ねている好調の大分三好が東京トヨペットにストレートで勝利。連勝を5に伸ばしている。大同特殊鋼と東京ヴェルディの3勝1敗同士の対戦は、セットカウント3-1で大同特殊鋼が制した。

    坂戸大会では、富士通が近畿クラブをストレートで下している。前戦で今季初黒星を喫した富士通だが、連敗は回避した。このほかの2試合では、2勝2敗のチーム同士が対戦。トヨタ自動車は兵庫をストレートで、つくばユナイテッドは埼玉をセットカウント3-1で退け、それぞれ勝ち星を先行させている。
     
  • 2014/11/28

    V・プレミア

    V・プレミアリーグ女子の久光製薬スプリングスは28日、セルビア出身のウィングスパイカー、ブランキツァ・ミハイロビッチ(23)の入部を発表した。

    2012年からセルビア代表に選出されているミハイロビッチは、2013年のワールドグランプリでは銅メダルを獲得。高い攻撃力を発揮してベストウィングスパイカー賞にも輝いている。
     
  • 2014/11/26

    全日本男子

    国際バレーボール連盟(FIVB)は現地25日、来年5月に開幕予定の男子バレーボールの国際大会「FIVBワールドリーグ2015」の参加チーム数が32に拡大されることを発表した。

    ワールドリーグは2014年大会で出場チーム数が従来の18チームから28チームへと拡大されたが、2015年大会はさらに32チームへと拡大し開催される。

    本大会のインターコンチネンタル・ラウンドは、出場32チームが4チームずつ8つのプールに分かれて行われる。8つのプールは、プールA・Bからなる「グループ1」、プールC・D・Eからなる「グループ2」、プールF・G・Hからなる「グループ3」の3つのグループに分けられる。

    2014年大会に引き続き「グループ2」に属する日本はチェコ、フランス、韓国とともにプールDに入った。

    本大会のファイナル・ラウンドに相当する『ファイナル6』には、プールAとBの各プール上位2チーム、開催国・ブラジル、そして『ファイナル4』(「グループ2」の各プール最上位1チームと開催国・ブルガリアが出場)の勝者1チーム、計6チームが出場する。
     
  • 2014/11/26

    海外

    現地25日、2014/15シーズンの女子バレーボールヨーロッパチャンピオンズリーグ(欧州CL)の第2節の試合が行われ、予選リーグE組では江畑幸子所属のRCカンヌ(フランス)がPartizan Vizura BEOGRAD(セルビア)にフルセットで勝利している。

    開幕節のNordmeccanica PIACENZA(イタリア)戦に続き、接戦を制したRCカンヌは勝ち点を4に伸ばした。第1、3、4セットは途中から、勝負の第5セットはスタートからコートに立った江畑は、アタックで5ポイントを記録している。

    この日の結果は以下の通り

    【予選E組/第2節】
    Partizan Vizura BEOGRAD(2敗) 2-3 RCカンヌ(2勝)
    (22-25、25-18、25-19、20-25、12-15)
     
  • 2014/11/24

    高校バレー

    24日、来年1月5日に開幕する「春の高校バレー 第67回全日本バレーボール高等学校選手権大会」の代表を決める富山県、香川県、愛媛県、宮崎県大会の決勝が行われた。

    富山県の男子では、富山第一をストレートで破った高岡第一が2年ぶり16回目の優勝。女子は高岡商をストレートで下した富山第一が2年連続7回目の優勝を遂げ、富山第一は男女で明暗が分かれている。

    香川県では男子の高松工芸、女子の高松商がともに連続出場を伸ばす結果となった。愛媛県では松山東雲が初出場となった前回大会に続き2年連続で代表校に。宮崎県では男子の日向学院が6年ぶり、女子の都城商は3年ぶりに春高への出場権を手にしている。

    【富山県】
    ●男子
    高岡第一 3-0 富山第一
    (25-11、25-18、25-13)
    ※高岡第一は2年ぶり16回目

    ●女子
    富山第一 3-0 高岡商
    (25-13、25-17、25-22)
    ※富山第一は2年連続7回目

    【香川県】
    ●男子
    高松工芸 3-0 英明
    (25-22、25-16、25-16)
    ※高松工芸は11年連続18回目

    ●女子
    高松商 3-2 高松南
    (23-25、25-12、21-25、25-22、15-11)
    ※高松商は6年連続8回目

    【愛媛県】
    ●男子
    松山工 3-0 三島
    (25-23、25-12、25-12)
    ※松山工は3年ぶり23回目

    ●女子
    松山東雲 3-0 聖カタリナ女
    (26-24、25-20、25-19)
    ※松山東雲は2年連続2回目

    【宮崎県】
    ●男子
    日向学院 3-0 都城工
    (25-15、25-22、25-20)
    ※日向学院は6年ぶり4回目

    ●女子
    都城商 3-0 宮崎日大
    (25-23、26-24、25-22)
    ※都城商は3年ぶり6回目
     
  • 2014/11/23

    V・プレミア

    23日、2014/15V・プレミアリーグ女子のレギュラーラウンド4試合が岩手県の岩手県営体育館と岡山県の岡山県総合グラウンド体育館(桃太郎アリーナ)で行われた。

    盛岡大会では、久光製薬がプレミアリーグ復帰後いまだ勝ち星のないデンソーにセットカウント3-1で勝利。第1セットを奪われながら長岡望悠や石井優希の活躍で逆転し、開幕3連勝を収めている。

    また、NECもトヨタ車体をフルセットの末に下し、開幕連勝を3に伸ばしている。

    岡山大会では岡山が日立をストレートで破り、地元で連勝を飾るとともに開幕からの連勝を3に。東レは木村沙織や迫田さおりが奮闘するも、上尾にストレート負けを喫し、通産ポイントはいまだ1と苦しんでいる。
     
  • 2014/11/23

    V・プレミア

    23日、2014/15V・プレミアリーグ男子のレギュラーラウンド4試合が富山県の氷見市ふれあいスポーツセンターと広島県の福山市緑町公園屋内競技場(ローズアリーナ)で行われた。

    氷見大会では、ともに開幕2連勝同士の豊田合成とサントリーが激突。堅実な守備に加え、イゴールがアタックで25ポイントを記録する爆発を見せた豊田合成がストレート勝ちを収め、開幕連勝を3に伸ばした。

    氷見大会のもう1試合では、堺がジェイテクトをセットカウント3-1で下し、今季初勝利を挙げている。

    福山大会では、JTが東レをセットカウント3-1で破り、地元での2戦を連勝で終えた。パナソニックもFC東京をセットカウント3-1で退け、今季2勝目を手にしている。
     
  • 2014/11/23

    V・プレミア|V・チャレンジ

    23日、2014/15V・チャンレンジリーグ女子のレギュラーラウンド2試合が千葉県の柏市中央体育館で行われた。

    地元での開幕戦を落とした柏だが、この日は大野石油をセットカウント3-1で破り、今季初勝利を本拠地で飾った。KUROBEはJAぎふをセットカウント3-1で下し、開幕2連勝を収めている。
     
  • 2014/11/23

    V・プレミア|V・チャレンジ

    23日、2014/15V・チャンレンジリーグ男子のレギュラーラウンド6試合が愛知県の大同特殊鋼星崎工場体育館と東京都の東京海上日動石神井体育館で行われた。

    名古屋大会では、大分三好が近畿クラブをストレートで退け無傷の開幕4連勝を達成。また、大同特殊鋼は埼玉を、兵庫はきんでんをフルセットの末に下し、2ポイントを積み上げている。

    一方、練馬大会では富士通がトヨタ自動車にフルセットで敗れ、開幕連勝が3でストップした。このほか、警視庁も東京ヴェルディとの一戦をセットカウント1-3で落として今季2敗目。つくばユナイテッドは東京トヨペットにストレート勝ちを収めている。
     
  • 2014/11/23

    高校バレー

    23日、来年1月5日に開幕する「春の高校バレー 第67回全日本バレーボール高等学校選手権大会」の代表を決める京都府大会の決勝が行われた。

    男子は洛南が鳥羽をストレートで下して6年ぶり19回目の代表校に。女子は京都橘が北嵯峨をストレートで破り、16年連続18回目となる春高進出を決めている。

    【京都府】
    ●男子
    洛南 3-0 鳥羽
    (25-17、25-15、25-22)
    ※洛南は6年ぶり19回目

    ●女子
    京都橘 3-0 北嵯峨
    (25-19、25-18、25-19)
    ※京都橘は16年連続18回目
     
  • 2014/11/22

    V・プレミア

    22日、2014/15V・プレミアリーグ女子のレギュラーラウンド4試合が岩手県の一関市総合体育館(ユードーム)と岡山県の岡山県総合グラウンド体育館(桃太郎アリーナ)で行われた。

    一関大会では、3連覇をねらう久光製薬がトヨタ車体にストレートで勝利。第3セットはデュースにもつれ込む展開となったが、最後は新鍋理沙の連続ポイントで締めくくり2連勝を収めた。デンソーはNECにストレートで破れ、プレミアリーグ復帰後の初勝利はまたしてもお預けとなっている。

    岡山大会では、岡山がホーム開幕戦で木村沙織を擁する東レにストレートで快勝し、開幕2連勝。日立は上尾をストレートで下し、今季初白星を手にしている。
     

<<  1  2  3  >>