記事一覧

  • V・プレミア|V・チャレンジ柏エンゼルクロス、2選手の退団を発表

    2014/03/31

    V・プレミア|V・チャレンジ

    V・チャレンジリーグ女子の柏エンゼルクロスは31日、ミドルブロッカー伊藤綾子とセッター丸山祐希の退団を発表した。伊藤、丸山両選手は今後は社業に専念する。
  • 2014/03/31

    V・プレミア

    30日、2013/14V・プレミアリーグ男子のレギュラーラウンドが終了。レギュラーラウンドの順位と個人賞は以下の通り。

    【プレミアリーグ男子レギュラーR順位】※左から順位、チーム、勝敗(勝率)、セット率

     1位 パナソニックパンサーズ 21勝7敗(0.75)2.03
     2位 堺ブレイザーズ 19勝9敗(0.68)1.35
     3位 JTサンダーズ 18勝10敗(0.64)1.29
     4位 東レアローズ 15勝13敗(0.54)1.15
    …………………………………………
     5位 豊田合成トレフェルサ 15勝13敗(0.54)1.12
     6位 サントリーサンバーズ 11勝17敗(0.39)0.77
     7位 FC東京 7勝21敗(0.25)0.59
     8位 ジェイテクトSTINGS 6勝22敗(0.21)0.49

    【個人賞】
    得点王(最多得点)ペピチ・ミラン(堺・687点)2年連続2回目
    スパイク賞(アタック決定率)清水邦広(パナソニック・50.8%)3年ぶり3回目
    ブロック賞(セット当たりブロック決定本数)富松崇彰(東レ・0.86本)5年連続6回目
    サーブ賞(サーブ効果率)越川優(JT・21.1%)5年ぶり3回目
    サーブレシーブ賞(サーブレシーブ成功率)古賀幸一郎(豊田合成・74.1%)3年ぶり2回目
  • 2014/03/31

    V・プレミア|V・チャレンジ

    30日、2013/14V・チャレンジリーグ男子のレギュラーラウンドが終了。レギュラーラウンドの順位と個人賞は以下の通り。

    【チャレンジリーグ男子レギュラーR順位】※左から順位、チーム、勝敗(勝率)、セット率

     1位 警視庁フォートファイターズ 18勝2敗(0.90)2.85
     2位 大分三好ヴァイセアドラー 17勝3敗(0.85)2.71
    …………………………………………
     3位 つくばユナイテッドSunGAIA 17勝3敗(0.85)2.33
     4位 富士通カワサキレッドスピリッツ 15勝5敗(0.75)2.33
     5位 東京ヴェルディ 11勝9敗(0.55)1.17
     6位 大同特殊鋼レッドスター 9勝11敗(0.45)0.95
     7位 きんでんトリニティーブリッツ 8勝12敗(0.40)0.93
     8位 トヨタ自動車サンホークス 7勝13敗(0.35)0.56
     9位 近畿クラブスフィーダ 4勝16敗(0.20)0.50
    10位 兵庫デルフィーノ 4勝16敗(0.20)0.33
    11位 東京トヨペットグリーンスパークル 0勝20敗(0.00)0.10

    【個人賞】
    優勝監督賞 溝口正一(警視庁)初受賞
    得点王(最多得点)瀧澤陽紀(大同特殊鋼・448点)初受賞
    スパイク賞(アタック決定率)松野昭博(富士通・54.5%)初受賞
    ブロック賞(セット当たりブロック決定本数)横田圭祐(富士通・1.10本)初受賞
    サーブ賞(サーブ効果率)栗木勇(東京ヴェルディ・18.7%)初受賞
    サーブレシーブ賞(サーブレシーブ成功率)石川俊輔(警視庁・78.2%)2年ぶり4回目
  • 2014/03/30

    V・プレミア

    30日、2013/14V・プレミアリーグ女子のセミファイナル最終日2試合が愛知県の小牧市スポーツ公園総合体育館(パークアリーナ小牧)で行われた。

    2連勝ですでに優勝決定戦進出を決めているレギュラーラウンド1位通過の久光製薬は、ここまで1勝1敗の岡山と対戦した。攻撃陣が岡山のブロックにつかまるなど、第1セットを20-25で落とした久光製薬。相手エース栗原の奮闘を止められず、その後も主導権を奪えなかった久光製薬はこのままストレート負けを喫した。

    この結果、セット率の差で岡山が1位、久光製薬は2位で優勝決定戦へ進むこととなった。

    この日行われたもう1試合では、トヨタ車体が東レに25-23、28-26、26-24と僅差の各セットを制してストレート勝ち。次ラウンド進出はならなかったトヨタ車体だが、セミファイナルで2勝を挙げる健闘を見せた。
  • 2014/03/30

    V・プレミア

    30日、2013/14V・プレミアリーグ男子のレギュラーラウンド4試合が、大阪府のパナソニックアリーナと島根県立浜山体育館(カミアリーナ)で行われた。

    セミファイナルへの残り1枚の切符をかけて、枚方大会では5位の東レがサントリーと対戦した。セッター近藤の巧みなトスワークからの攻撃で、試合の主導権を握った東レ。25-22、25-20、25-18とストレート勝ちを収めた。

    また、出雲大会では4位の豊田合成がFC東京と対戦。序盤の2セットを先取された豊田合成は、デュースの末に第3セットを奪い返すと、その後の2セットも制して逆転で勝利した。

    勝率で並ぶ東レと豊田合成はともに最終戦を勝利で締めくくったが、セット率の差で東レが4位に浮上、豊田合成が5位後退と明暗が分かれる結果に。セミファイナルへは東レが進出することとなった。

    この日行われたこのほかの試合では、2位JTがパナソニックにセットカウント1-3で敗れた一方、3位堺はジェイテクトにストレート勝ち。こちらも順位が入れ替わり、堺が2位でレギュラーシーズンを終えている。
  • 2014/03/30

    V・プレミア|V・チャレンジ

    30日、2013/14V・チャンレンジリーグ男子のレギュラーラウンド4試合が愛知県の刈谷市体育館で行われた。

    首位でレギュラーラウンド最終戦を迎えた警視庁は4位の富士通と対戦した。金丸の活躍で第1セットを25-18と先取した警視庁は、第2セットも富士通を25-23と僅差で抑え、セットを連取する。第3セットはデュースの末に落としたものの、第4セットを25-16で締めくくり、警視庁がV・チャンレンジリーグ初優勝を果たした。

    2位つくばと3位大分三好の入替戦出場をかけた一戦は、大分三好がフルセットの末に勝利した。第1セットを先取しながら第2、第3セットを落とした大分三好。しかし、モハメド、細川の攻撃力を生かして第4、第5セットを連続で制し逆転勝ち。両チームが勝率で並んだが、セット率でつくばを上回り、2位に浮上した大分三好が入替戦出場権を手にした。

    このほかの試合では、トヨタ自動車が近畿クラブにフルセットで競り勝ち、きんでんは東京トヨペットをストレートで下し、それぞれ最終戦を白星で締めくくった。
  • 2014/03/29

    V・プレミア

    29日、2013/14V・プレミアリーグ女子のセミファイナル2日目の2試合が愛知県の小牧市スポーツ公園総合体育館(パークアリーナ小牧)で行われた。

    前日白星スタートを切ったレギュラーラウンド1位の久光製薬は、同2位の東レと対戦した。長岡、平井、岩坂らサーブが好調な久光製薬は、サーブで崩して連続得点を挙げるなど試合を優位に進める。第2セットこそ25-23と競った展開となったが、ストレート勝ちを収めて連勝。久光製薬が優勝決定戦進出を決めた。

    この日行われたもう1試合では、レギュラーラウンド3位の岡山が同4位のトヨタ車体にセットカウント1-3で敗北。レギュラーラウンドでは岡山が4勝していたこのカードだったが、大一番でトヨタ車体が白星をつかんだ。この結果、岡山、トヨタ車体とも優勝決定戦への可能性を残し、明日の最終戦へ臨むこととなった。
  • 2014/03/29

    V・プレミア

    29日、2013/14V・プレミアリーグ男子のレギュラーラウンド4試合が、大阪府のパナソニックアリーナと島根県の松江市総合体育館で行われた。

    枚方大会では、セミファイナル進出最後の1枠を巡り、4位の東レが2位のJTと対戦した。越川、イゴールを中心としたJTの攻撃の前に第1、第2セットを落としあとのなくなった東レ。しかし、ヨボビッチが気を吐き、ここから一気に3セットを奪った東レが大逆転勝利を収めた。

    また、東レと勝率で並ぶ5位の豊田合成は松江大会でジェイテクトと対戦。高松の攻守にわたる活躍で試合の主導権を握った豊田合成は、25-20、25-14、25-21とストレートで勝利。この結果、セット率でわずかに上回った豊田合成が東レをかわして4位に浮上。セミファイナル進出へ優位な立場で明日の最終戦に臨む。

    この日行われたこのほかの試合では、首位パナソニックがサントリーをフルセットで下し、レギュラーラウンド1位を確定させた。また、3位堺はFC東京をストレートで退けている。
  • 2014/03/29

    V・プレミア|V・チャレンジ

    29日、2013/14V・チャンレンジリーグ男子のレギュラーラウンド5試合が愛知県の刈谷市体育館で行われた。

    明日の最終戦を前に、つくばと警視庁の首位決戦が実現した。警視庁がセットを制しリードを奪うと、直後のセットをつくばがデュースの末にモノにして、追い付くといった展開を2度繰り返し第5セットまでもつれたこの一戦。最終セットは中盤まで8-7と拮抗状態が続いたが、警視庁がここから7連続得点で一気に勝負を決めた。

    この結果、セット率の差で警視庁が首位に立ち、明日の最終戦を迎えることとなった。

    また、3位富士通と4位大分三好は、チャレンジマッチ出場への生き残りをかけた一戦に臨んだ。第1セットを25-16と幸先良く先取した大分三好は、ともに競った展開となった第2、第3セットも制してストレート勝ち。3位へ浮上した大分三好がチャレンジマッチ出場への可能性を残した。

    このほかの試合では、東京ヴェルディが大同特殊鋼に、きんでんが近畿クラブにそれぞれセットカウント3-1で勝利。トヨタ自動車は東京トヨペットをストレートで下している。
  • 2014/03/28

    V・プレミア

    28日、2013/14V・プレミアリーグ女子のレギュラーラウンド上位4チームによるファイナルラウンドが開幕。セミファイナル初日の2試合が愛知県の小牧市スポーツ公園総合体育館(パークアリーナ小牧)で行われた。

    レギュラーラウンド1位通過の久光製薬は4位通過のトヨタ車体と対戦した。ブロッカーがしっかりとワンタッチを取り、そこからの攻撃で連続得点を挙げるなど、第1セットを25-12で先取した久光製薬。第2セットは18-18と中盤まで拮抗した展開となったが、長岡、新鍋のブロックなどでトヨタ車体を突き放し、このセットも25-19でモノにする。

    第3セットではミスの目立った久光製薬だが、25-17でここも制してストレート勝ち。幸先いいスタートを切っている。

    この日行われたもう1試合では、レギュラーラウンド3位の岡山がレギュラーラウンド2位の東レをストレートで下した。接戦の第1セットを25-22で制した岡山は、佐々木(萌)が着実に得点を重ねるなど、第2セットも25-17と連取。迎えた第3セット、岡山は粘る東レを25-20で振り切り、快勝を収めている。
  • 2014/03/24

    海外

    現地23日、トルコのアンカラで男子バレーボールヨーロッパチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝が行われ、Belogorie BELGOROD(ロシア)が、Halkbank ANKARA(トルコ)をセットカウント3-1で下し、優勝の栄誉に輝いた。Belogorie BELGORODは2002/03、03/04に大会を連覇して以来、3度目の優勝となる。

    また、決勝に先駆けて行われた3位決定戦では、ASTRZEBSKI Wegiel(ポーランド)がZenit KAZAN(ロシア)をセットカウント3-1で破っている。

    なお大会MVPには、優勝したBelogorie BELGORODからEkaterina Gamovaが選ばれた。


    【個人賞】
    MVP: Sergey Tetyukhin(Belogorie BELGOROD)
    ベストスコアラー:Michal Lasko(JASTRZEBSKI Wegiel)
    ベストスパイカー:Maxim Mikhaylov(Zenit KAZAN)
    ベストサーバー:Emre Batur(Halkbank ANKARA)
    ベストブロッカー:Dmitriy Muserskiy(Belogorie BELGOROD)
    ベストレシーバー:Matey Kaziyski(Halkbank ANKARA)
    ベストセッター:Raphael Vieira de Oliveira(Halkbank ANKARA)
    ベストリベロ:Damian Wojtaszek(JASTRZEBSKI Wegiel)
    フェアプレー賞:Alexander Volkov(Zenit KAZAN)
  • 2014/03/23

    V・プレミア

    23日、2013/14V・プレミアリーグ男子のレギュラーラウンド4試合が、静岡県の三島市民体育館と北海道の芦別市総合体育館で行われた。

    現在3位につける堺は、セミファイナル進出を争うライバルの5位豊田合成と激突した。序盤の2セットを制し、4強確定まであと1歩に迫った堺だが、その後2セットを立て続けに奪われ、勝敗の行方を最終セットまで持ち込まれる。しかし第5セット最終盤、ペピチの連続サービスエースで激戦にピリオドを打ち、セミファイナル進出を決めた。

    三島大会のもう1試合では、昨日の勝利で4位に浮上した東レが首位パナソニックにセットカウント1-3で黒星。セミファイナルの残り1枠を巡る戦いは、最終週までもつれることとなった。

    芦別大会では、2位のJTがサントリーと対戦した。2つのセットでデュースに突入するなど、3セットともに拮抗した展開となったが、いずれもJTが制してストレート勝ちを収めている。

    芦別大会のもう1試合では、最下位ジェイテクトがFC東京をストレートで破り、今季6勝目を挙げている。


  • 2014/03/23

    V・プレミア|V・チャレンジ

    23日、2013/14V・チャレンジリーグ女子のレギュラーラウンドが終了。レギュラーラウンドの順位と個人賞は以下の通り

    【チャレンジリーグ女子レギュラーR順位】※左から順位、チーム、勝敗(勝率)、セット率

     1位 デンソーエアリービーズ 17勝1敗(0.94)10.20
     2位 上尾メディックス   17勝1敗(0.94)4.64
    …………………………………………
     3位 PFUブルーキャッツ 13勝5敗(0.72)2.32
     4位 KUROBEアクアフェアリーズ  10勝8敗(0.56)1.07
     5位  大野石油広島オイラーズ 8勝10敗(0.44)1.00
     6位  仙台ベルフィーユ  7勝11敗(0.39)0.78
     7位  柏エンゼルクロス  7勝11敗(0.39)0.72
     8位  JAぎふリオレーナ  6勝12敗(0.33)0.58
     9位  フォレストリーヴズ熊本  5勝13敗(0.28)0.43
    10位  GSSサンビームズ  0勝18敗(0.00)0.06

    【個人賞】
    優勝監督賞 辻健志 デンソーエアリービーズ  初受賞
    得点王(最多得点)メットカフ・ナンシー(上尾メディックス・432点)初受賞
    スパイク賞(アタック決定率)ドリス・ジェニファー(PFUブルーキャッツ・51.7%)2年連続2回目
    ブロック賞(セット当たりブロック決定本数)ドリス・ジェニファー(PFUブルーキャッツ・1.06本)2年連続2回目
    サーブ賞(サーブ効果率)重松史乃(GSSサンビームズ・19.7%)初受賞
    サーブレシーブ賞(サーブレシーブ成功率)関舞(上尾メディックス・72.0%)初受賞


  • 2014/03/23

    V・プレミア|V・チャレンジ

    23日、2013/14V・チャンレンジリーグ女子のレギュラーラウンド4試合が富山県の黒部市総合体育センターと茨城県のひたちなか市総合運動公園総合体育館で行われた。

    ここまで全勝の首位上尾と、1敗で2位につけるデンソーがチャンレンジリーグ優勝をかけて最終戦で激突した。第1セット、デンソーはインドレの強烈なスパイクで勢いに乗り、25-17で先手を奪う。中盤まで一進一退の展開が続いた第2セットも、石井のスパイク、サービスエースでの連続得点をきっかけに25-17で連取。第3セットは序盤のリードを生かして25-21で逃げ切り、デンソーのストレート勝ち。唯一の黒星をつけられた相手にリベンジを果たし、逆転での優勝を成し遂げた。

    黒部大会のもう1試合では、大野石油がKUROBEをセットカウント3-1で下している。

    ひたちなか大会では、前日の試合で3位を確定させているPFUが熊本と対戦。チャレンジマッチ進出は逃したPFUだが、熊本にストレート勝ちを収め、最終戦を白星で締めくくった。

    ひたちなか大会のもう1試合では、仙台がJAぎふをセットカウント3-1で退けている。


  • 2014/03/23

    V・プレミア|V・チャレンジ

    23日、2013/14V・チャンレンジリーグ男子のレギュラーラウンド4試合が鹿児島県の鹿児島県総合体育センター体育館と愛知県の知多市民体育館で行われた。

    逆転でのチャレンジマッチ出場へ、1敗も許されない大分三好は東京トヨペットと対戦した。細川のサーブから流れをつかみポイントを重ね、序盤の2セットを連取した大分三好。ここまで未勝利の東京トヨペットを相手に第3セットも制してストレート勝ちを収め、チャレンジマッチへ望みをつないだ。

    鹿児島大会のもう1試合では、2位の警視庁が東京ヴェルディにストレートで快勝。チャンレンジマッチ出場圏内の2位以内確保へ、また1歩前進している。

    知多大会では大同特殊鋼が近畿クラブにストレートで敗れている。もう1試合では、トヨタ自動車が兵庫をストレートで下した。


  • 2014/03/22

    V・プレミア

    22日、2013/14V・プレミアリーグ女子のレギュラーラウンドが終了。レギュラーラウンドの順位と個人賞は以下の通り。

    【プレミアリーグ女子レギュラーR順位】※左から順位、チーム、勝敗(勝率)、セット率

    1位 久光製薬スプリングス 23勝5敗(0.82)2.71
    2位 東レアローズ   18勝10敗(0.64)1.15
    3位 岡山シーガルズ 17勝11敗(0.61)1.38
    4位 トヨタ車体クインシーズ  15勝13敗(0.54)0.98
    …………………………………………
    5位  NECレッドロケッツ  12勝16敗(0.43)0.98
    6位  日立リヴァーレ  12勝16敗(0.43)0.93
    7位  JTマーヴェラス  12勝16敗(0.43)0.75
    8位  パイオニアレッドウィングス  3勝25敗(0.11)0.35

    【個人賞】
    得点王(最多得点)迫田さおり(東レアローズ・543点)初受賞
    スパイク賞(アタック決定率)パオリーニ・ローレン(日立リヴァーレ・49.0%)初受賞
    ブロック賞(セット当たりブロック決定本数)奥村麻依(JTマーヴェラス・0.86本)初受賞
    サーブ賞(サーブ効果率)石井優希(久光製薬スプリングス・16.3%)初受賞
    サーブレシーブ賞(サーブレシーブ成功率)新鍋理沙(久光製薬スプリングス・72.7%)初受賞


  • 2014/03/22

    V・プレミア

    22日、この日がレギュラーラウンド最終戦となった2013/14V・プレミアリーグ女子の4試合が、沖縄県の那覇市民体育館と山梨県の小瀬スポーツ公園体育館で行われた。

    那覇大会では、6位を死守し入替戦を回避したいJTと、首位が確定している久光製薬が対戦。首位を独走する久光製薬に対し、互角の勝負を展開して最終セットまで持ち込んだJT。しかし、久光製薬の石井、石田の強烈なスパイクの前に最終セットを7-15で落とし、力尽きた。

    また、甲府大会で7位NECが2位岡山にセットカウント3-1で勝利を収めたため、JTは7位へと転落。V・チャレンジリーグ上位チームとの入替戦へ回ることとなった。

    甲府大会のもう1試合では、3位東レが日立にフルセットの末に勝利。岡山をかわして2位でレギュラーシーズンを終えている。

    那覇大会のもう1試合では、4位を確定させているトヨタ車体が最下位パイオニアをフルセットで退けた。パイオニアはJTとともに入替戦を戦う。

    ファイナルラウンドで行われるセミファイナル初戦の対戦カードは以下の通り

    ◆セミファイナル初戦の対戦カード
    久光製薬(1位)−トヨタ車体(4位)
    東レ(2位)−岡山(3位)


  • 2014/03/22

    V・プレミア

    22日、2013/14V・プレミアリーグ男子のレギュラーラウンド4試合が、北海道の芦別市総合体育館と静岡県の三島市民体育館で行われた。

    ジェイテクトと対戦した2位のJTは、序盤にリードを許すもイゴールのブロックポイントで流れをつかみ、逆転で第1セットを奪取する。第2セットは一転してリードする展開を続けセットを連取したJTは、第3セットを25-18で締めくくり、4強入りを確定。セミファイナルラウンド出場権を手にした。

    芦別大会のもう1試合では、6位サントリーがFC東京にセットカウント1-3で敗戦。4強が遠のく痛い星を落としている。

    金沢大会では、4位の豊田合成と5位の東レがセミファイナルラウンド進出をかけて激突した。いきなりデュースにもつれ込んだ第1セットを米山、ボヨビッチの活躍などで制した東レは、この勢いで続く第2、第3セットも連取しストレート勝ち。豊田合成をかわし、セミファイナルラウンド出場圏内の4位に浮上した。

    金沢大会のもう1試合では、4強入りを決めている首位パナソニックと、3位の堺が対戦。現在アタック決定率1位のパナソニック清水、同2位の堺ペピチを擁する両チームの一戦は、互いに譲らず最終セットへともつれ込む。ここでも僅差の勝負となったが、15-13でパナソニックが制し、白星を手にした。


  • 2014/03/22

    V・プレミア|V・チャレンジ

    22日、2013/14V・チャンレンジリーグ女子のレギュラーラウンド4試合が富山県の黒部市総合体育センターと茨城県のひたちなか市総合運動公園総合体育館で行われた。

    ここまで全勝で首位に立つ上尾は大野石油と対戦した。序盤の1、2セットを落とし、今季初黒星まであと1歩に追い込まれた上尾。しかし、メットカフと皆本を中心とした攻撃で第3セット以降巻き返し、大逆転勝利を収めた。これで上尾は無敗のまま最終戦に臨むこととなった。

    わずか1敗で2位につけるデンソーはKUROBEと対戦。こちらはKUROBEにストレート勝ちを収め、レギュラーラウンド最終節で唯一の黒星をつけられた上尾と激突する。

    ひたちなか大会では3位PFUが仙台をストレートで退けた。チャレンジマッチ進出を逃したPFUだが、3位はキープした。

    ひたちなか大会のもう1試合では、柏がGSSにストレートで勝利。柏が最終戦を白星で締めくくった一方、GSSは全敗で今大会を終えることとなった。


  • 2014/03/22

    V・プレミア|V・チャレンジ

    22日、2013/14V・チャンレンジリーグ男子のレギュラーラウンド4試合が鹿児島県の串良平和アリーナと愛知県の知多市民体育館で行われた。

    鹿屋大会では2位の警視庁と3位の大分三好が激突。チャレンジマッチ進出の行方を左右する一戦だけに白熱した展開となり、互いに2セットずつを奪い合い、勝負は最終セットへと持ち込まれた。最終セットも互いに譲らぬ展開となったが、警視庁が6連続ポイントで抜け出し、チャレンジマッチ進出へ大きな1勝を挙げた。

    鹿屋大会のもう1試合では、東京ヴェルディが東京トヨペットをストレートで下し、今季の勝ち星を二桁に乗せている。

    知多大会では大同特殊鋼がトヨタ自動車にストレートで勝利し、勝率を5割に戻した。また、近畿クラブも兵庫をストレートで退け、今季3勝目を手にしている。


<<  1  2  3  >>