記事一覧

  • 2013/10/31

    海外

    現地29日、2013/14シーズンの女子バレーボールヨーロッパチャンピオンズリーグ(欧州CL)の第2節が行われ、予選リーグE組では木村沙織所属のガラタサライ・ダイキン(トルコ)が、井野亜季子の所属するアゼリョル・バクー(アゼルバイジャン)にセットカウント3-1で勝利した。

    この試合、全日本に合流している木村は欠場。一方、井野は第2、3、4セットに出場したが得点はなかった。この日の結果、両チームともに1勝1敗となっている。

    この日の結果は以下の通り。

    【予選E組/第2節】
    ガラタサライ・ダイキン(1勝1敗)3-1 アゼリョル・バクー(1勝1敗)
    (25-23、25-21、27-29、25-22)

     


  • 2013/10/31

    V・プレミア

    11月31日、バレーボール日本一を争う日本最高峰の戦い「平成25年度 天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会」のファイナルラウンドの対戦組み合わせが発表された。大会は12月11日からはじまり、試合はすべて東京体育館で行われる。

    なお、男女ともV・プレミアリーグの8チームはの2回戦から登場する。男女1回戦の組み合わせは以下の通り。

    【男子1回戦】
    ●東京・東京体育館
    甲南大学(兵庫)−大同特殊鋼レッドスター(愛知)※勝者は堺ブレイザーズと対戦
    愛媛大学(愛媛)−星城高校(愛知)※勝者はジェイテクトSTINGSと対戦
    仙台大学(宮城)−日本体育大学(東京)※勝者は豊田合成トレフェルサと対戦
    早稲田大学(東京)−創造学園高校(長野)※勝者はと対戦
    東亜大学(山口)−龍谷大学(京都)※勝者は東レアローズと対戦
    専修大学(東京)−近畿大学(大阪)※勝者はJTサンダースと対戦
    東福岡高校(福岡)−東海大学札幌校舎(北海道)※勝者はFC東京と対戦
    順天堂大学(千葉)−大分三好ヴァイセアドラー(大分)※勝者はパナソニックパンサーズと対戦

    【女子1回戦】
    KUROBEアクアフェアリーズ(富山)−松蔭大学(神奈川)※勝者は久光製薬スプリングスと対戦
    神戸親和女子大学(兵庫)−北九州高校(福岡)※勝者は日立リヴァーレと対戦
    仙台ベルフィーユ(宮城)−福岡大学(福岡)※勝者は豊田車体クインシーズと対戦
    高松商業高校(香川)−龍谷大学(京都)※勝者はNECレッドロケッツと対戦
    PFUブルーキャッツ(石川)−鹿屋体育大学(鹿児島)※勝者は岡山シーガルズと対戦
    デンソーエアリービーズ(愛知)−旭川実業高校(北海道)※勝者はJTマーヴェラスと対戦
    青山学院大学(東京)−大野石油広島オイラーズ(広島)※勝者はパイオニアレッドウィングスと対戦
    上尾メディックス(埼玉)−中京大学(愛知)※勝者は東レアローズと対戦


  • 2013/10/30

    海外

    現地29日、2013/14シーズンの女子バレーボールヨーロッパチャンピオンズリーグ(欧州CL)の第2節の試合が行われ、予選リーグF組では佐野優子所属のボレロ・チューリッヒ(スイス)が、敵地でスティンタ・バカウ(ルーマニア)と対戦し、セットカウント2-3と競り負けた。これでボレロは2連敗。なお、リベロの佐野は全セットに出場した。

    今大会は出場24チームが6組に分かれ、2回戦総当たりの予選リーグ戦を開催。上位2チームずつが12チームによるプレーオフに進出する。

    この日の結果は以下の通り。

    【予選E組/第2節】

    ボレロ・チューリッヒ(2敗)2-3 スティンタ・バカウ(1勝1敗)
    (25-17、25-27、20-25、25-8、13-15)


  • 2013/10/30

    V・プレミア

    V・プレミアリーグ女子の東レアローズは30日、2013/14シーズンの新外国人選手として、ドミニカ共和国出身のウィングスパイカー、ヨンカイラ・ペーニャの加入を発表した。背番号は16。

    弱冠20歳のペーニャは189cmと長身を誇り、ドミニカ共和国代表として3度のワールドグランプリに出場している。

     


  • 2013/10/29

    高校バレー

    27日、来年1月5日に開幕する「春の高校バレー 第66回全日本バレーボール高等学校選手権大会」の代表を決める岩手県大会、秋田県大会、山形県大会、茨城大会、山梨大会の決勝が行われ、それぞれで本大会へ進む代表校が決定した。

    岩手県男子は一関修紅が不来方をセットカウント3-1で下し、2年連続8回目の出場。岩手県女子は高田が盛岡市立にストレート勝ちし、4年ぶり21回目の出場を決めた。

    秋田県男子は雄物川が秋田工をストレートで下し19年連続出場。秋田県女子は由利が秋田北を3-1で下した。山形県男子は山形城北が山形南をストレートで寄せ付けず初出場。山形県女子は山形商が米沢中央とのフルセットの激闘を制し、3年ぶり8回目の出場を決めた。

    また、茨城県では土浦日大が男女アベック出場。山梨県男子は日本航空が12年連続12回目、女子は増穂商が4年連続27回目と、常連校が勝ち上がった。


    【岩手県】
    ●男子
    一関修紅 3-1 不来方
    (25-19、25-19、19-25、25-13)
    ※一関修紅は2年連続8回目

    ●女子
    高田 3-0 盛岡市立
    (25-13、25-14、25-19)
    ※高田は4年ぶり21回目

    【秋田県】
    ●男子
    雄物川 3-0 秋田工
    (25-8、25-12、25-8)
    ※雄物川は19年連続19回目

    ●女子
    由利 3-1 秋田北
    (25-23、25-23、26-28、26-24)
    ※由利は3年連続25回目

    【山形県】
    ●男子
    山形城北 3-0 山形南
    (25-18、25-21、25-17)
    ※山形城北は初出場

    ●女子
    山形商 3-2 米沢中央
    (15-25、27-25、22-25、25-18、15-8)
    ※山形商は3年ぶり8回目

    【茨城県】
    ●男子
    土浦日大 3-1 霞ヶ浦
    (25-20、20-25、28-26、25-21)
    ※土浦日大は6年ぶり9回目

    ●女子
    土浦日大 3-0 大成女
    (27-25、25-12、25-20)
    ※土浦日大は6年連続13回目

    【山梨県】
    ●男子
    日本航空 3-1 甲府工
    (23-25、25-22、25-18、25-17)
    ※日本航空は12年連続12回目

    ●女子
    増穂商 3-1 帝京三
    (25-27、25-21、27-25、25-17)
    ※増穂商は4年連続27回目
  • 2013/10/28

    海外

    現地27日、トルコ女子バレーボール1部リーグの試合が行なわれ、木村沙織が所属するガラタサライ・ダイキンはワクフバンクと対戦。セットカウント0-3で完敗を喫した。なお、木村はこの古巣相手の一戦に出場していない。

    なお、ガラタサライは、現地11月3日に行われる第3節でイルバンクと対戦する。

    【トルコ女子1部リーグ/第2節】
    ガラタサライ(1勝1敗)0-3 ワクフバンク(2勝)
    (17-25、25-27、22-25)


  • 2013/10/27

    大学バレー

    27日、関西大学男女バレーボール秋季1部リーグ戦の男女最終日、計8試合が行われた。

    男子は、すでに優勝を決めていた近畿大が、甲南大を下し9勝目(1敗)をマーク。また入替戦のかかった立命館大と関西学院大の試合は、立命館大がセットカウント3-1で勝ち、1部残留を決めるとともに、7位となった関西学院大は入替戦へ回ることとなった。

    女子は、8季連続9回目の優勝を決めていた龍谷大が、大阪国際大をフルセットの末に破り、2季連続の全勝優勝を決めた。

    この日の結果は以下の通り。

    【男子最終日】
    京都産業大学(5勝5敗)3-1 佛教大学(10敗)
    (25-19、20-25、25- 21、25-15)
    立命館大学(6勝4敗)3-1 関西学院大学(4勝6敗)
    (25-21、20-25、25-17、25-16)
    龍谷大学(7勝3敗)3-0 大阪産業大学(4勝6敗)
    (25-21、25-19、25-14)
    近畿大学(9勝1敗)3-0 甲南大学(5勝5敗)
    (25-16、25-22、25-20)

    【男子最終順位】
    1位 近畿大学   9勝1敗
    2位 龍谷大学   7勝3敗
    3位 甲南大学   5勝5敗
    4位 大阪産業大学 4勝6敗
    ……………………………………
    5位 立命館大学  6勝4敗
    6位 京都産業大学 5勝5敗
    7位 関西学院大学 4勝6敗
    8位 佛教大学   0勝10敗
    ※上位リーグ、下位リーグ戦の結果による

    【女子最終日】
    大阪体育大学(4勝6敗)3-1 神戸学院大学(2勝8敗)
    (21-25、25-15、25-23、25-10)
    大阪学院大学(4勝6敗)3-1 千里金蘭大学(3勝7敗)
    (25-14、7-25、29-27、25-22)
    神戸親和女子大学(7勝3敗)3-2 京都橘大学(3勝7敗)
    (25-19、22-25、18-25、25-19、15-12)
    龍谷大学(10勝)3-2 大阪国際大学(7勝3敗)
    (25-17、26-24、23-25、23-25、15-8)

    【女子最終順位】
    1位 龍谷大学     10勝0敗
    2位 神戸親和女子大学 7勝3敗(セット率1.92)
    3位 大阪国際大学   7勝3敗(セット率1.79)
    4位 京都橘大学    3勝7敗
    ……………………………………
    5位 大阪体育大学   4勝6敗(セット率0.76)
    6位 大阪学院大学   4勝6敗(セット率0.67)
    7位 千里金蘭大学   3勝7敗
    8位 神戸学院大学   2勝8敗
    ※上位リーグ、下位リーグ戦の結果による
  • 2013/10/27

    大学バレー

    27日、関東大学男女バレーボール秋季1部リーグ戦の男子9日目の6試合、女子最終日の4試合が行われた。

    最終日となった女子は、ここまで1敗で並ぶ首位青山学院大と2位東海大が直接対決し、青山学院大がストレート勝ち。うれしいリーグ戦3連覇を決めた。また、敗れた東海大が2位、この日筑波大を下した嘉悦大が3位でリーグ戦を終了。なお伊東千寿留(青山学院大)が最優秀選手賞を受賞した。

    男子は、前日順天堂大に敗れ、連勝が7でストップ、2位に転落した明治大が、専修大をフルセットで退け8勝目(1敗)を獲得。前日首位に浮上した日本体育大が順天堂大にフルセットで敗れたため、1日で首位に返り咲いた。また、2敗の3位早稲田大が中央大にセットカウント3-1で勝ち、2位浮上。4位慶應義塾大も中央大を下し、2敗を守った。

    この日の結果は以下のとおり(左が勝利チーム)。

    【男子9日目】
    順天堂大学(6勝3敗)3-2 日本体育大学(7勝2敗)
    (25-20、29-27、18-25、19-25、19-17)
    筑波大学(5勝4敗)3-0 国際武道大学(9敗)
    (25-18、25-23、25-19)
    東海大学(5勝4敗)3-0 東京学芸大学(1勝8敗)
    (25-22、25-21、29-27)
    明治大学(8勝1敗)3-2 専修大学(4勝5敗)
    (25-19、18-25、28-30、30-28、15-10)
    早稲田大学(7勝2敗)3-1 中央大学(4勝5敗)
    (25-21、17-25、25-16、25-18)
    慶應義塾大学(7勝2敗)3-2 駒澤大学(9敗)
    (25-14、25-15、25-14)

    【女子10日目】
    東京女子体育大学(4勝6敗)3-1 宇都宮大学(1勝9敗)
    (25-18、25-21、22-25、25-21)
    日本体育大学(5勝5敗)3-0 日本女子体育大学(3勝7敗)
    (25-21、25-23、25-18)
    嘉悦大学(7勝3敗)3-2 筑波大学(3勝7敗)
    (25-17、21-25、18-25、29-27、15-13)
    青山学院大学(9勝1敗)3-0 東海大学(8勝2敗)
    (25-18、25-17、26-24)

    【女子最終順位】
    1位 青山学院大学 9勝1敗
    2位 東海大学   8勝2敗
    3位 嘉悦大学   7勝3敗
    4位 筑波大学   3勝7敗
    ……………………………………
    5位 日本体育大学 5勝5敗
    6位 東京女子体育大学 4勝6敗
    7位 日本女子体育大学 3勝7敗
    8位 宇都宮大学  1勝9敗
    ※上位リーグ、下位リーグ戦の結果による

    【女子個人賞】
    最優秀選手賞 伊東千寿留(青山学院大)
    敢闘選手賞  家高七央子(東海大)
    ベストスコアラー賞 今村優香(青山学院大)
    スパイク賞 松浦 圭(青山学院大)
    ブロック賞 田代麻樹(嘉悦大)
    サーブ賞  塚田しおり(筑波大)
    レシーブ賞 小田桃香(東海大)、初貝杏奈(嘉悦大)
    セッター賞 田中美咲(嘉悦大)
    リベロ賞  小島満菜美(青山学院大)
    サーブレシーブ賞 新井祐喜子(日本女子体育大)
    会長特別賞 荒木夕貴(宇都宮大)
    優勝監督賞 生瀬良造(青山学院大)
    Best of support賞 嘉悦大
  • 2013/10/27

    海外

    現地26日、スイス女子バレーボール1部リーグの第2節が行われ、佐野優子が所属するボレロ・チューリッヒはHôtel Cristal VFMと対戦し、ストレート勝ちで開幕2連勝となった。

    なおボレロ・チューリッヒは、現地11月3日に行われる第3節でVolley Toggenburgと対戦する。

    【スイス女子1部リーグ/第2節】
    ボレロ・チューリッヒ(2勝)3-0 Hôtel Cristal VFM(1勝1敗)
    (25-17、25-16、25-19)
  • 2013/10/27

    高校バレー

    26日、来年1月5日に開幕する「春の高校バレー 第66回全日本バレーボール高等学校選手権大会」の代表を決める宮城県大会と石川県大会の決勝が行われ、宮城県男子は東北にストレート勝ちした仙台商が10年ぶり2回目、女子は古川学園が利府をストレートで退け、9年連続34回目の出場を決めた。

    また石川県男子は、石川県工がストレートで小松大谷を破って9年連続23回目、女子は金沢商が遊学館をセットカウント3-1で下し、12年連続39回目の全国切符を獲得した。

    【宮城県】
    ●男子
    仙台商 3-0 東北
    (25-23、25-18、25-22)
    ※仙台商は10年ぶり2回目

    ●女子
    古川学園 3-0 利府
    (25-12、25-13、25-18)
    ※古川学園は9年連続34回目

    【石川県】
    ●男子
    石川県工 3-0 小松大谷
    (25-13、25-16、25-12)
    ※石川県工は9年連続23回目

    ●女子
    金沢商 3-1 遊学館
    (23-25、25-18、25-16、25-18)
    ※金沢商は12年連続39回目
  • 2013/10/26

    大学バレー

    26日、関東大学男女バレーボール秋季1部リーグ戦の男子8日目の6試合、女子9日目の4試合が行われた。

    男子は、ここまで唯一の7連勝で首位に立つ明治大が、順天堂大にストレート負けし連勝ストップ。1敗の2位日本体育大が中央大にストレート勝ちし、ともに7勝1敗となったが、セット率差で日本体育大が上回り、首位に浮上した。また2敗で追いかける早稲田大と慶應義塾大もそれぞれ勝利した。

    前戦から上位リーグと下位リーグに分かれてのリーグ戦に突入した女子は、首位の青山学院大が、今リーグ戦で唯一敗れた3位嘉悦大にストレート勝ちし、1敗をキープ。セット率差で2位の東海大も筑波大を寄せつけず勝利し、明日行われる直接対決で優勝が決することとなった。

    この日の結果は以下のとおり(左が勝利チーム)。

    【男子8日目】
    早稲田大学(6勝2敗)3-0 専修大学(4勝4敗)
    (25-15、25-15、19-25、25-16)
    順天堂大学(5勝3敗)3-0 明治大学(7勝1敗)
    (25-18、25-16、25-19)
    東海大学(4勝4敗)3-1 駒澤大学(8敗)
    (25-17、25-14、22-25、25-14)
    東京学芸大学(1勝7敗)3-0 国際武道大学(8敗)
    (27-25、25-23、25-15)
    慶應義塾大学(6勝2敗)3-2 筑波大学(4勝4敗)
    (25-19、25-17、22-25、25-27、15-10)
    日本体育大学(7勝1敗)3-0 中央大学(4勝4敗)
    (26-24、26-24、25-20)

    【女子9日目】
    東京女子体育大学(3勝6敗)3-1 日本体育大学(4勝5敗)
    (25-15、19-25、25-22、34-32)
    日本女子体育大学(3勝6敗)3-2 宇都宮大学(1勝8敗)
    (22-25、19-25、25-13、25-22、15-7)
    東海大学(8勝1敗)3-0 筑波大学(3勝6敗)
    (25-17、25-14、25-16)
    青山学院大学(8勝1敗)3-0 嘉悦大学(6勝3敗)
    (25-21、25-7、25-16)
  • 2013/10/25

    海外

    現地24日、2013/14シーズンの女子バレーボールヨーロッパチャンピオンズリーグ(欧州CL)の開幕節の試合が行われ、予選リーグF組では佐野優子所属のボレロ・チューリッヒ(スイス)が、ホームでディナモ・カザン(ロシア)と対戦し、セットカウント0-3と完敗を喫した。リベロの佐野は全セットに出場したが、勝利を手にすることはできなかった。

    今大会は出場24チームが6組に分かれ、2回戦総当たりの予選リーグ戦を開催。上位2チームずつが12チームによるプレーオフに進出する。

    この日の結果は以下の通り。

    【予選E組/第1節】
    ボレロ・チューリッヒ(1敗)0-3 ディナモ・カザン(1勝)
    (18-25、12-25、18-25)


  • 2013/10/24

    海外

    現地23日、2013/14シーズンの女子バレーボールヨーロッパチャンピオンズリーグ(欧州CL)の開幕節が行われ、予選リーグE組では木村沙織所属のガラタサライ・ダイキン(トルコ)が、敵地でイモコ・コネリアーノ(イタリア)と対戦。フルセットの末に敗れ、初戦を飾ることはできなかった。なお全日本女子から合流した木村は、1、2、5セットで途中出場し、サーブによる1得点をマークした。

    今大会は出場24チームが6組に分かれ、2回戦総当たりの予選リーグ戦を開催。上位2チームずつが12チームによるプレーオフに進出する。予選E組には、木村沙織が所属するガラタサライ・ダイキン(トルコ)のほかに、井野の所属するアゼリョル・バクー(アゼルバイジャン)、ウネンドゥ・ヤママイ・ブスト・アルシーツィオ、イモコ・コネリアーノ(以上イタリア)の計4チームが入っている。

    この日の結果は以下の通り。

    【予選E組/第1節】
    イモコ・コネリアーノ(1勝)3-2 ガラタサライ(1敗)
    (25-23、25-23、19-25、21-25、18-16)


  • 2013/10/23

    海外

    現地22日、2013/14シーズンの女子バレーボールヨーロッパチャンピオンズリーグ(欧州CL)が開幕。予選リーグE組の第1節、井野亜季子所属のアゼリョル・バクー(アゼルバイジャン)は、ホームでウネンドゥ・ヤママイ・ブスト・アルシーツィオ(イタリア)にフルセット勝ちを収め、勝点2を獲得した。なお井野は、1〜4セットで途中出場した。

    今大会は出場24チームが6組に分かれ、2回戦総当たりの予選リーグ戦を開催。上位2チームずつが12チームによるプレーオフに進出する。予選E組には、井野の所属するアゼリョル・バクーのほかに、木村沙織が所属するガラタサライ・ダイキン(トルコ)、ウネンドゥ・ヤママイ・ブスト・アルシーツィオ、イモコ・コネリアーノ(以上イタリア)の計4チームが入り、木村所属のガラタサライ・ダイキンは、現地23日にイモコ・コネリアーノとのアウェー戦で初戦を迎える。

    この日の結果は以下の通り。

    【予選E組/第1節】
    アゼリョル・バクー(1勝)3-2 ブスト・アルシーツィオ(1敗)
    (24-26、25-20、25-15、17-25、15-13)
  • 2013/10/22

    全日本男子

    22日、日本バレーボール協会(JVA)は、11月19日に開幕する男子の国際大会「ワールドグランドチャンピオンズカップ2013」に出場する全日本男子チームのエントリーメンバー20名を発表した。

    各大陸王者が集い、4年に一度行われるこの大会。日本はキャプテンの山村宏太(サントリー)を筆頭に、永野健、清水邦広、福澤達哉(以上パナソニック)、越川優(JT)ら中心選手を順当に選出した。また、山田脩造(日本体育大3年)をはじめ、松岡祐太(堺)、高橋賢(サントリー)ら、今季全日本初選出の3選手が名を連ね、現役大学生では、山田のほかに出耒田敬(筑波大4年)と伏見大和(順天堂大4年)もエントリーメンバー入りした。

    なお、日本は京都大会で11月19日にアメリカ戦、同20日のロシア戦を戦い、このあと東京に舞台を移して22日にブラジル、23日にイタリア、24日にイランと対戦する。

    出場選手と日程は以下のとおり。

    【出場メンバー】※左から背番号、名前、所属、ポジション

    1 深津旭弘(JT)セッター
    2 山田脩造(日本体育大学)ウィングスパイカー
    3 永野 健(パナソニック)リベロ
    4 近藤 茂(東レ)セッター
    5 今村 駿(堺)セッター
    6 出耒田敬(筑波大学)ウィングスパイカー
    7 清水邦広(パナソニック)ウィングスパイカー
    8 横田一義(堺)ミドルブロッカー
    9 筧本翔昂(JT)ミドルブロッカー
    10 松岡祐太(堺)ウィングスパイカー
    11 松本慶彦(堺)ミドルブロッカー
    12 山村宏太(サントリー)ミドルブロッカー
    13 高橋 賢(サントリー)リベロ
    14 福澤達哉(パナソニック)ウィングスパイカー
    15 八子大輔(JT)ウィングスパイカー
    16 石島雄介(堺)ウィングスパイカー
    17 越川 優(JT)ウィングスパイカー
    18 米山裕太(東レ)ウィングスパイカー
    19 千々木駿介(堺)ウィングスパイカー
    20 伏見 大和(順天堂大学)ミドルブロッカー
    監督:ゲーリー・サトウ(JVA)

    【男子日程・対戦カード】

    《京都大会(京都府立体育館)》

    ◆11月19日(火)
    イタリア−ロシア
    イラン−ブラジル
    アメリカ−日本

    ◆11月20日(水)
    ブラジル−アメリカ
    イタリア−イラン
    ロシア−日本

    《東京大会(東京体育館)》

    ◆11月22日(金)
    イラン−ロシア
    アメリカ−イタリア
    日本−ブラジル

    ◆11月23日(土)
    ロシア−ブラジル
    イラン−アメリカ
    イタリア−日本

    ◆11月24日(日)
    アメリカ−ロシア
    ブラジル−イタリア
    日本−イラン


  • 2013/10/21

    海外

    現地20日、トルコ女子バレーボール1部リーグの2013/14シーズンが開幕し、木村沙織が所属するガラタサライ・ダイキンはイェシルユルト(Bakırköy Bld. Yeşilyurt)と対戦。セットカウント3-1で勝利して、幸先のいいスタートを切った。なお木村は出場していない。

    なおガラタサライは、現地27日に行われる第2節でワクフバンク(Vakifbank)と対戦する。

    【トルコ女子1部リーグ/第1節】
    ガラタサライ(1勝)3-1 イェシルユルト(1敗)
    (25-18、23-25、25-22、25-16)
  • 2013/10/21

    海外

    現地20日、スイス女子バレーボール1部リーグの2013/14シーズンが開幕し、佐野優子が所属するボレロ・チューリッヒはSagres NUCと対戦。セットカウント3-1で初戦をものにした。

    なおボレロ・チューリッヒは、現地26日に行われる第2節でHôtel Cristal VFMと対戦する。

    【スイス女子1部リーグ/第1節】
    ボレロ・チューリッヒ(1勝)3-1 Sagres NUC(1敗)
    (25-18、23-25、25-13、25-17)
  • 2013/10/21

    高校バレー

    20日、来年1月5日に開幕する「春の高校バレー 第66回全日本バレーボール高等学校選手権大会」の代表を決める栃木県大会決勝が行われ、男子は、作新学院に2セットビハインドからの逆転でフルセット勝ちした足利工大附が3年連続35回目の出場権獲得。女子は、同じく作新学院をストレートで下した國學院栃木が27年連続28回目の出場を決めた。

    【栃木県】
    ●男子
    足利工大附 3-2 作新学院
    (16-25、18-25、25-14、25-20、15-7)
    ※足利工大附は3年連続35回目

    ●女子
    國學院栃木 3-0 作新学院
    (25-16、25-21、25-21)
    ※國學院栃木は27年連続28回目
  • 2013/10/20

    大学バレー

    20日、東海大学女子バレーボール秋季1部リーグ戦最終日の3試合が行われ、前日6季連続優勝を決めた中京大が、2位の至学館大をフルセットの末に破り、10戦全勝でリーグ戦を終えた。

    この日の結果は以下のとおり(左が勝利チーム)。なお最優秀選手賞には、中川有美(中京大学)が輝いた。

    【女子最終日】
    静岡産業大学藤枝校舎(3勝7敗)3-1 愛知教育大(10敗)
    (25-15、24-26、25-13、25-16)
    愛知学院大(5勝5敗)3-2 静岡産業大(5勝5敗)
    (19-25、25-23、21-25、25-23、15-13)
    中京大学(10勝)3-2 至学館大(7勝3敗)
    (25-8、21-25、19-25、25-23、15-7)

    【最終順位】
    1位 中京大学  10勝0敗
    2位 至学館大学   7勝3敗
    3位 静岡産業大学  5勝5敗(セット率0.894)
    4位 愛知学院大学  5勝5敗(セット率1.000)
    5位 静岡産業大学藤枝校舎  3勝7敗(セット率0.529)
    6位 愛知教育大学  0勝10敗

    【個人賞】
    最優秀選手賞:中川有美(中京大学)
    スパイク賞:今村麻央(中京大学)
    ブロック賞:岡本祥佳(至学館大学)
    サーブ賞:田代涼子(静岡産業大学)
    リベロ賞:小林史奈(静岡産業大学藤枝校舎)
    ベストスコアラー賞:半田晶子(静岡産業大学藤枝校舎)
    セッター賞:田茉優(中京大学)
    サーブレシーブ賞:小林史奈(静岡産業大学藤枝校舎)
    ベストサポート賞:中京大学
  • 2013/10/20

    大学バレー

    20日、関西大学男女バレーボール秋季1部リーグ戦の男女9日目、計8試合が行われた。

    男子は、優勝へ王手をかけながらも前日龍谷大に敗れ、優勝に足踏みしていた首位・近畿大が、大阪産業大をセットカウント3-1で下し、2季ぶり10回目のリーグ戦優勝を決めた。

    女子は、こちらも8連勝で優勝に王手をかけていた首位の龍谷大が、2敗の神戸親和女子大にストレート勝ち。8季連続9回目の頂点に立った。

    この日の結果は以下の通り。

    【男子9日目】
    関西学院大学(4勝5敗)3-0 佛教大学(9敗)
    (25-21、25-22、25-22)
    京都産業大学(4勝5敗)3-0 立命館大学(5勝4敗)
    (29-27、25-21、25-20)
    龍谷大学(6勝3敗)3-2 甲南大学(5勝4敗)
    (21-25、21-25、25-20、25-10、15-10)
    近畿大学(8勝1敗)3-1 大阪産業大学(4勝5敗)
    (25-21、21-25、25-17、25-19)

    【女子9日目】
    大阪体育大学(3勝6敗)3-2 大阪学院大学(3勝6敗)
    (21-25、29-27、25-20、14-25、19-17)
    神戸学院大学(2勝7敗)3-1 千里金蘭大学(3勝6敗)
    (22-25、25-20、29-27、25-22)
    大阪国際大学(7勝2敗)3-2 京都橘大学(3勝6敗)
    (25-20、22-25、23-25、25-15、15-10)
    龍谷大学(9勝)3-0 神戸親和女子大学(6勝3敗)
    (25-18、25-22、25-20)

<<  1  2  3  4  5  >>