2017/03/19

V・プレミア

19日、2016/17V・プレミアリーグ男子のグランドファイナル(ファイナル第2日目)が東京都の東京体育館で行われ、東レが昨季王者の豊田合成にセットカウント3-1(25-20、23-25、25-16、25-23)で勝利。ファイナル2連勝で東レが8年ぶり3度目の優勝を飾った。

2試合制で頂点を決める今シーズンのV・ファイナルステージファイナル。昨日の試合で豊田合成をストレートで破っている東レは、この日もジョルジェフらの強烈なサーブで主導権を握り、第1セットを25-20で奪う幸先の良いスタートを切る。

一方、この試合に勝利し、優勝チームを決める25点制1セットマッチのゴールデンセットへ持ち込みたい豊田合成は、第2セットを25-23でモノにして2連覇への望みをつなぐ。

しかし第3セット、第4セットは再び持ち前のサーブ力を生かした東レのペースに。試合を通じて12を記録したブロックも光った東レがセットカウント3-1で勝利し、天皇杯全日本選手権と合わせて今シーズン二冠を達成した。