2017/03/18

V・プレミア

18日、2016/17V・プレミアリーグ女子のグランドファイナル(ファイナル第2日目)が東京都の東京体育館で行われ、NECが久光製薬に2日連続となるフルセット(23-25、25-22、25-19、18-25、15-6)での勝利。NECが2年ぶり6回目の優勝を飾った。

2試合制で頂点を決める今シーズンのV・ファイナルステージファイナル。昨日の試合で久光製薬をフルセットで破っているNECは、デュースの末に第1セットを落とすもニコロバの活躍などで第2、第3セットを奪い返して優勝へ王手をかける。

一方、この試合に勝利して優勝チームを決める25点制の1セットマッチ、ゴールデンセットに勝負を持ち込みたい久光製薬は、第4セットをモノにしてファイナルセットへ望みをつなぐ。

迎えた最終第5セット、NECはニコロバや大野の活躍でリードを得るとこの流れを手放さず、最後は近江が連続アタックポイントを決めて15-6。NECが2年ぶり6回目の栄誉を手にした。