2017/03/18

V・プレミア

18日、2016/17V・プレミアリーグ男子のファイナル第1日目が東京都の東京体育館で行われ、東レが昨季王者の豊田合成にストレート(25-23、25-20、30-28)で先勝した。

2試合制で頂点を決める今シーズンのV・ファイナルステージファイナル。ファイナル6で1位となった東レと、ファイナル3を勝ち抜いてきた豊田合成による頂上決戦の第1戦は、ジョルジェフがサーブにアタックにと躍動し、東レが第1セットを25-23と僅差でモノにする。

さらに、第2セットも25-20と連取した東レは、再び僅差の勝負となった第3セットも30-28と長いデュースを制してストレート勝ち。東レが8シーズンぶりの優勝に王手をかけている。

これで東レが1勝となり、翌日のグランドファイナルで東レが再び勝てば東レのシーズン優勝が確定。逆にセットカウントに関係なく豊田合成が勝利すれば、試合終了後にゴールデンセット(優勝チームを決める25点制の1セットマッチ)が行われる。