記事一覧

  • 2017/02/27

    海外

    現地26日、イタリア男子1部リーグの2016/2017レギュラーシーズン最終戦が行われ、石川祐希が所属するTop Volley LatinaはRevivre Milanoにストレートで敗れている。

    前の試合で5戦ぶりにリベロでの出場となった石川。レギュラーシーズン最終戦となるこの日も本来のウィングスパイカーではなく、2試合連続でリベロでの起用となった。

    Latinaは14チーム中11位でレギュラーシーズンを終了。次戦は現地3月12日に行われる下位チームによる5位プレーオフでRevivre Milanoと対戦する。
     
  • 2017/02/23

    海外

    現地22日、イタリア男子1部リーグの2016/2017シーズン後半戦第13節が行われ、石川祐希が所属するTop Volley LatinaはTonno Callipo Calabria Vibo Valentiaにセットカウント1-3で敗れている。

    ここ4試合はスパイカーとして出場を重ねていた石川だが、この日はLatinaでの出場2試合目となった後半戦第7節以来となるリベロでの出場となった。

    Latinaの次戦は現地26日に行われ、Revivre Milanoと対戦する。
     
  • 2017/02/20

    海外

    現地19日、イタリア男子1部リーグの2016/2017シーズン後半戦第11節が行われ、石川祐希が所属するTop Volley LatinaはSir Safety Conad Perugiaにセットカウント1-3で敗れている。

    3試合ぶりに先発出場した石川は第3セット、第4セットは途中からコートに。この試合チーム3位となるアタックポイント8を記録している。

    Latinaの後半戦第12節は現地26日に行われ、Revivre Milanoと対戦する。
     
  • 2017/02/13

    海外

    現地12日、イタリア男子1部リーグの2016/2017シーズン後半戦第10節が行われ、石川祐希が所属するTop Volley LatinaはKioene Padovaにストレートで快勝した。

    前節に続きベンチからのスタートとなった石川。第3セットに途中出場するもこの日放った唯一のアタックがブロックされてしまうなど、ポイントを挙げることはできなかった。

    Latinaの後半戦第11節は現地19日に行われ、Sir Safety Conad Perugiaと対戦する。

     
  • 2017/02/09

    海外

    現地8日、イタリア男子1部リーグの2016/2017シーズン後半戦第9節が行われ、石川祐希が所属するTop Volley LatinaはBiose Indexa Soraと対戦し、セットカウント3-1で勝利している。

    前節の試合はアタッカーとして初めて先発メンバーに名を連ねた石川だが、この日はベンチからスタート。しかし、第1セットに途中出場すると、第4セットは開始からコートに立つなどアタックポイント3に加え、サーブポイントとブロックポインも1つずつ記録しチームの勝利に貢献した。

    Latinaの後半戦第10節は現地12日に行われ、Kioene Padovaと対戦する。
     
  • 2017/02/06

    海外

    現地5日、イタリア男子1部リーグの2016/2017シーズン後半戦第8節が行われ、石川祐希が所属するTop Volley LatinaはLPR Piacenzaと対戦し、フルセットで敗れている。

    前節の試合は本職ではないリベロでの出場となった石川だが、この日はウィングスパイカーでの初先発を果たす。スタートからコートに立ったのは序盤の3セットのみとなったが、11のアタックポイントに加えサーブポイント1つも記録している。

    Latinaの後半戦第9節は現地8日に行われ、Biose Indexa Soraと対戦する。

     
  • 2017/01/23

    海外

    現地22日、イタリア男子1部リーグの2016/2017シーズン後半戦第7節が行われ、石川祐希が所属するTop Volley LatinaはExprivia Molfettaにフルセット(25-20、20-25、25-22、22-25、7-15)で敗戦。石川はこの試合リベロとして出場した。

    2014/2015シーズンに同じイタリア男子1部リーグのModena Volleyに短期留学した経験を持つ石川にとり、2度目となる同リーグへの挑戦。前年12月にチームに合流後も欠場の続いていた石川だが、前節の第3セット終盤に途中出場し今季初出場を飾った。本来はウィングスパイカーの石川だが、この日はリベロとしてプレーし、2試合連続を果たしている。

    Latinaの後半戦第8節は現地2月5日に行われ、LPR Piacenzaと対戦する。
     
  • 2017/01/16

    海外

    現地15日、イタリア男子1部リーグの2016/2017シーズン後半戦第6節が行われ、石川祐希が所属するTop Volley LatinaはGi Group Monzaにストレート(25-20、25-23、25-15)で勝利。石川はこの試合でLatinaでの初出場を果たしている。

    2014/2015シーズンに同じイタリア男子1部リーグのModena Volleyに短期留学した経験を持つ石川にとり、2度目となる同リーグへの挑戦。ここまで出場機会のなかった石川だが、この試合の第3セットに途中出場し念願の今季初出場を果たす。マッチポイントの場面で石川が強烈なサーブを放ち、相手のレシーブを乱すと味方のブロックが決まり試合終了。チームの勝利に貢献している。

    Latinaの後半戦第7節は現地22日に行われ、Exprivia Molfettaと対戦する。
     
  • 2017/01/09

    海外

    現地8日、イタリア男子1部リーグの2016/2017シーズン後半戦第5節が行われ、石川祐希が所属するTop Volley LatinaはAzimut Modena Volleyにフルセット(21-25、21-25、25-22、25-23、10-15)で敗れた。

    2014/2015シーズンにAzimut Modena Volleyに短期留学した経験を持つ石川にとり古巣ともいえるチームとの一戦。しかし、この試合でも出場機会は訪れず、Latinaでのデビューはならなかった。

    Latinaの後半戦第6節は現地15日に行われ、Gi Group Monzaと対戦する。
     
  • 2016/12/30

    海外

    現地29日、イタリア男子1部リーグの2016/2017シーズン後半戦第4節が行われ、石川祐希が所属するTop Volley LatinaはDiatec Trentinoにストレート(19-25、18-25、23-25)で敗れた。

    2014/2015シーズンに同じイタリア男子1部リーグのModena Volleyに短期留学した経験を持つ石川にとり、2度目となる同リーグへの挑戦。年内の4試合で石川に出場機会は訪れず、Latinaでのデビューは年明けに持ち越しとなった。

    Latinaの後半戦第5節は現地1月8日に行われ、Azimut Modenaと対戦する。
     
  • 2016/12/27

    海外

    現地26日、イタリア男子1部リーグの2016/2017シーズン後半戦第3節が行われ、石川祐希が所属するTop Volley LatinaはCucine Lube Civitanovaにストレート(13-25、17-25、14-25)で敗れた。

    この試合でも石川に出番は訪れず、チーム合流後3試合続けて欠場となっている。Latinaの後半戦第4節は現地29日に行われ、Diatec Trentinoと対戦する。
     
  • 2016/12/19

    海外

    現地18日、イタリア男子1部リーグの2016/2017シーズン後半戦の第2節が行われ、石川祐希が所属するTop Volley LatinaはBunge Ravennaにセットカウント3-1(28-26、21-25、25-23、27-25)で勝利した。

    2014/2015シーズンに同じイタリア男子1部リーグのModena Volleyに短期留学した経験を持つ石川にとり、2度目となる同リーグへの挑戦。チーム合流初戦の前節同様、この試合でも石川に出場機会は訪れず、Latinaでの公式戦デビューはまたしてもお預けとなった。なお、Latinaはこの勝利で14チーム中11位に浮上している。

    Latinaの後半戦第3節は現地26日に行われ、Cucine Lube Civitanovaと対戦する。
     
  • 2016/12/11

    海外

    現地10日、イタリア男子1部リーグの2016/2017シーズン後半戦の第1節が行われ、石川祐希が所属するTop Volley LatinaはCalzedonia Veronaにセットカウント1-3(31-33、23-25、25-21、24-26)で敗れた。

    2014/2015シーズンに同じイタリア男子1部リーグのModena Volleyに短期留学した経験を持つ石川にとり、2度目となる同リーグへの挑戦。チーム合流初戦となったこの試合では石川に出場機会は訪れなかった。なお、Top Volley Latinaは14チーム中暫定13位と苦戦が続いている。

    Latinaの後半戦第2節は現地18日に行われ、 Bunge Ravennaと対戦する。
     
  • 2016/10/03

    海外

    現地2日、イタリア男子1部リーグの2016/2017シーズンが開幕。石川祐希が加入するTop Volley LatinaはCalzedonia Veronaにストレート(19-25、20-25、22-25)で敗戦。黒星スタートとなった。

    2014/2015シーズンに同じイタリア男子1部リーグのModena Volleyに短期留学した経験を持つ石川にとり、2度目となる同リーグへの挑戦。石川のチームへの合流は12月に行われる全日本インカレ終了後となるため、開幕戦には出場していない。

    Latinaの第2節は現地9日に行われ、Bunge Ravennaと対戦する。
     
  • 2016/08/31

    V・プレミア|海外

    V・プレミアリーグ女子の久光製薬スプリングスは31日、リベロの座安琴希(26)がフランストップリーグのRCカンヌへ移籍することを発表した。なお、移籍期間は2016年9月1日から2017年6月30日までとなっている。

    中部商業高から久光製薬へ加入した座安は、全日本女子チーム・火の鳥NIPPONのメンバーとしても2度のワールドカップ、ワールドグランドチャンピオンズカップやリオデジャネイロ五輪でも持ち前の守備力でチームを支えた。

    座安が移籍するRCカンヌは欧州チャンピオンズリーグ2度の優勝を誇る名門クラブチームで、かつては佐野優子や江畑幸子など日本人選手も所属していた。
     
  • 2015/05/10

    海外

    現地9日、フランス女子1部リーグのプレーオフ決勝が行われ、江畑幸子が所属するリーグ戦首位のRCカンヌは同2位のLe Cannetにセットカウント3-2(23-25、21-25、25-16、25-23、15-10)で勝利。20度目のリーグ優勝を飾っている。

    なお、江畑は第2セットと第4セットに途中出場したが得点はなかった。
  • 2015/05/09

    V・プレミア|海外

    現地8日、チューリヒ(スイス)でFIVB世界クラブ女子選手権大会2015の予選リーグ第2戦が行われ、アジア代表の久光製薬スプリングスはワイルドカードで出場のDinamo Krasnodar(ロシア)にセットカウント1-3で黒星。1勝1敗で他の2チームと並んだものの、勝ち点の差により惜しくも予選リーグ敗退が決定した。

    久光製薬は前戦のメンバーから長岡望悠をブランキツァ・ミハイロビッチに入れ替え、Dinamo Krasnodarとの大会第2戦に臨んだ。第1セットを25-21で制し、幸先のよいスタートを切った久光製薬だったが、終盤まで競った展開となった第2セットを21-25で落とし追い付かれてしまう。

    第3セットは連続失点が響き相手ペースとなり、途中出場の長岡望悠がポイントを重ねるも14-25と逃げ切られてしまう。第4セットに入っても久光製薬は流れを変えることができず、18-25で奪われて逆転負け。5位タイで大会を終えている。
     
  • 2015/05/07

    V・プレミア|海外

    現地6日、チューリヒ(スイス)でFIVB世界クラブ女子選手権大会2015が開幕。アジア代表の久光製薬スプリングスはヨーロッパ代表のEczacibasi VitrA Istanbul(トルコ)にフルセットで勝利し、白星発進となった。

    久光製薬は中大路絢野、石井優希、水田祐未、長岡望悠、新鍋理沙、岩坂名奈、リベロの座安琴希という先発メンバーでヨーロッパチャンピオンとの大会初戦に臨んだ。

    Eczacibasi VitrA Istanbulの高い打点からのスパイクに苦しみ、第1セットを12-25で落とした久光製薬。しかし石井、新鍋のスパイクなどでポイントを重ね第2セットを28-26、第3セットを25-20で奪い返し形勢を逆転する。

    第4セットを19-25で失い、第5セットまで勝負を持ち込まれた久光製薬だったが、ミハイロビッチと石井の活躍で15-11と最終セットをモノにし、白星を手にしている。

    久光製薬は現地8日に行われる第2戦でDinamo Krasnodar(ロシア)と対戦する。
     
  • 2015/04/29

    海外

    現地28日、フランス女子1部リーグのプレーオフ準決勝第2戦が行われ、江畑幸子が所属するリーグ戦首位のRCカンヌは同5位のBeziersにセットカウント3-1(25-21、25-22、20-25、25-15)で勝利。ファイナル進出を決めた。

    江畑は序盤の3セットでいずれも途中からコートに立ち、アタックで2ポイントを決めている。

    プレーオフファイナルは9日に行われ、カンヌは3戦目までもつれた準決勝のもう1試合、Le CannetとSF Paris St-Cloudの勝者と対戦する。
     
  • 2015/04/25

    海外

    現地24日、フランス女子1部リーグのプレーオフ準決勝第1戦が行われ、江畑幸子が所属するリーグ戦首位のRCカンヌは同5位のBeziersにセットカウント3-1(25-23、25-21、20-25、25-17)で勝利。決勝進出へ王手をかけている。

    第1セットは出番のなかった江畑だが第2、第3セットは途中から、第4セットはスタートからコートに立った。江畑はアタックでの8得点に加え、サーブとブロックでもそれぞれ1ポイントを挙げている。

    カンヌとBeziersによるプレーオフ準決勝第2戦は28日に行われる。
     

<<  1  2  3  4  5  … >>