記事一覧

  • 2017/03/27

    全日本女子|全日本男子

    27日、ワールドグランドチャンピオンズカップ2017の組合せ抽選会が都内で開催された。

    2016年に行われたリオデジャネイロオリンピックでメダルを獲得したチームを中心に、男女各6チームが出場するこの大会。男女ともに開催国・日本、ワイルドカード1カ国とアジア、ヨーロッパ、南米、北中米の大陸代表(計4チーム)が1回総当たり戦を行う。

    開催国である日本は指定試合を2つ選ぶことができ、全日本女子チーム・火の鳥NIPPONは「9月5日の日本対韓国」と「9月6日の日本対ロシア」を指名。また、全日本男子チーム・龍神NIPPONは「9月12日の日本対アメリカ」と「9月16日の日本対イラン」を指名した。

    日本の試合日程は以下の通り。

    ●女子大会日本戦

    【東京大会】
    9月 5日(火)日本対韓国
    9月 6日(水)日本対ロシア

    【名古屋大会】
    9月 8日(金)日本対ブラジル
    9月 9日(土)日本対アメリカ
    9月10日(日)日本対中国

    ●男子大会日本戦

    【名古屋大会】
    9月12日(火)日本対アメリカ
    9月13日(水)日本対フランス

    【大阪大会】
    9月15日(金)日本対イタリア
    9月16日(土)日本対イラン
    9月17日(日)日本対ブラジル
     
  • 2017/03/23

    全日本男子

    23日、日本バレーボール協会(JVA)は、2017年度の全日本男子バレーボールチーム“龍神NIPPON”の登録メンバー29名を発表した。原則的にこの29名の中から随時選抜されたメンバーが「FIVBワールドリーグ2017」から「ワールドグランドチャンピオンズカップ2017」終了までの合宿・大会に参加する。

    発表された登録メンバーは以下のとおり。

    【2017年度全日本男子バレーボール登録メンバー】

    【セッター】
    深津 旭弘(JT)
    深津 英臣(パナソニック)
    藤井 直伸(東レ)
    関田 誠大(パナソニック)

    【ウイングスパイカー】
    米山 裕太(東レ)
    鈴木 悠二(東レ)
    清水 邦広(パナソニック)
    高松 卓矢(豊田合成)
    栗山 雅史(サントリー)
    柳田 将洋(サントリー)
    山田 脩造(豊田合成)
    高野 直哉(堺)
    小川 猛(サントリー)
    久原 翼(パナソニック内定/東海大学4年)
    石川 祐希(中央大学3年)
    鈴木 祐貴(東海大学1年)
    新井 雄大(上越総合技術高校3年/東海大学進学予定)

    【ミドルブロッカー】
    富松 崇彰(東レ)
    李 博(東レ)
    傳田 亮太(豊田合成)
    出耒田 敬(堺)
    山内 晶大(パナソニック)
    高橋 健太郎(東レ内定/筑波大学4年)
    大竹 壱青(中央大学3年)
    小野寺 太志(東海大学3年)

    【リベロ】
    古賀 太一郎(パリバレー/豊田合成からレンタル移籍)
    浅野 博亮(ジェイテクト)
    鶴田 大樹(サントリー)
    井手 智(東レ)
     
  • 2017/03/14

    全日本男子

    日本バレーボール協会(JVA)は3月28日から4月5日にかけてミャンマーのネーピードーで開催される「第11回アジアユース女子バレーボール選手権大会(U-19)」に出場する全日本ユース男子バレーボールチームの出場選手12名を発表した。

    1次リーグ戦でC組に入った日本は、日本時間28日の初戦でウズベキスタン、29日にスリランカ、30日にはタイと対戦。1次リーグ戦で2位以上となったチームが順位決定予備戦(1-8位)に進み、以後クウォーターファイナルラウンド、セミファイナルランド、ファイナルラウンドと戦う。

    発表された出場メンバー12名は以下のとおり。

    【出場選手12名】※左から背番号、名前、所属、ポジション
    1 宮浦 健人(鎮西高校3年)ウィングスパイカー
    2 中村 駿介(大塚高校3年)セッター
    3 樫村 大仁(茨城工業高等専門学校3年)ミドルブロッカー
    4 鍬田 憲伸(鎮西高校2年)ウィングスパイカー
    5 上條 レイモンド(習志野高校2年)ミドルブロッカー
    6 仲濱 陽介(星城高校2年)セッター
    7 西田 有志(海星高校2年)ウィングスパイカー
    8 真柄 拓実(崇徳高校2年)ウィングスパイカー
    9 佐伯 聖海(東福岡高校2年)ウィングスパイカー
    10 市川 健太(大村工業高校2年)リベロ
    11 佐藤 駿一郎(東北高校1年)ミドルブロッカー
    12 大塚 達宣(洛南高校1年)ウィングスパイカー
     
  • 2017/02/04

    全日本男子

    日本バレーボール協会(JVA)は2月4日から14日にかけてキューバ遠征に参加する全日本U-23男子チーム12名を発表した。

    2015年より冬季に海外遠征を行っている男子の年代別全日本チーム。今年は大学3年生を中心に12名の選手が参加し、遠征先のキューバではキューバチームとのゲーム練習や公式戦を行う予定となっている。

    発表された遠征メンバー12名は以下のとおり。

    【遠征メンバー12名】※左から背番号、名前、所属、ポジション
    小野寺 太志(東海大学3年)ミドルブロッカー
    大竹 壱青(中央大学3年)ウィングスパイカー
    荻原 泰(順天堂大学3年)ウィングスパイカー
    熊倉 允(順天堂大学3年)ウィングスパイカー
    神谷 雄飛(東海大学3年)ミドルブロッカー
    山崎 貴矢(早稲田大学3年)ミドルブロッカー
    矢野 利紀哉(福山平成大学3年)リベロ
    高梨 健太(日本体育大学2年)ウィングスパイカー
    樋口 裕希(筑波大学2年)ウィングスパイカー
    鈴木 祐貴(東海大学1年)ウィングスパイカー
    永露 元稀(東海大学2年)セッター
    道井 淳平(日本体育大学1年)セッター
     
  • 2016/10/25

    全日本女子|全日本男子

    JVAは25日、全日本男子チーム・龍神NIPPON監督に中垣内祐一氏、全日本女子チーム・火の鳥NIPPON監督に中田久美氏の就任が内定したことを明らかにした。中垣内、中田両監督は2016/17 V・プレミアリーグ終了後に全日本監督に正式に就任する予定となっている。

    全日本男子の新監督となった中垣内氏は福井県福井市出身の48歳。1990年に新日本製鐵に入部するとルーキーイヤーに新人賞、ベスト6、そして最高殊勲選手に選出される。

    その後もクラブ、全日本でエースとして活躍した中垣内氏は、引退直後の2004年に堺ブレイザーズの監督に就任。全日本男子チームコーチ、堺ブレイザーズ部長を経て、今季終了後から龍神NIPPONの監督を務めることとなった。

    全日本女子新監督の中田氏は東京都練馬区出身の51歳。15歳で全日本に初選出されると天才セッターとして全日本で長きにわたり活躍。1996年に現役を引退すると、日立ベルフィーユのコーチを経て2008年から09年までイタリアのクラブチームでアシスタントコーチに就く。

    その後、全日本ユース女子チームコーチ、久光製薬スプリングスのコーチを歴任し久光製薬の監督に就任。今季終了後に火の鳥NIPPON監督の座に就くこととなった。
     
  • 2016/09/29

    全日本男子

    現地28日、タイのナコンパトムで「第5回アジアカップ男子大会」の3位決定戦に臨んだ全日本U-23男子チームはチャイニーズタイペイにセットカウント3-1(25-18、17-25、28-26、25-12)で勝利し銅メダルを獲得した。

    また、同日に行われた決勝戦では、イランが中国をセットカウント3-1(23-25、25-23、25-21、25-21)で破り優勝を果たしている。

    決勝戦終了後に大会のベストプレーヤーが発表され、優勝したイランのアリレザ・ベフブディ選手がMVPに選出された。日本からは山口頌平がベストセッター賞に輝いている。

    最終順位は以下の通り。

    1位:イラン
    2位:中国
    3位:日本
    4位:チャイニーズタイペイ
    5位:カザフスタン
    6位:オーストラリア
    7位:タイ
    8位:韓国
     
  • 2016/09/28

    全日本男子

    現地27日、タイのナコンパトムで「第5回アジアカップ男子大会」のセミファイナルラウンドに臨んだ全日本U-23男子チームはイランにフルセット(21-25、25-17、20-25、25-23、11-15)で惜敗。3位決定戦へ回ることとなった。

    予選リーグの第2戦で完敗したイランへの雪辱の機会を得た日本だが、前回の対戦同様にブロックに苦しめられ第1セットを21-25で先取されてしまう。石川祐希のスパイクなどで日本が第2セットを奪い返すと、その後互いに1セットずつを分け合い決着は第5セットまでもつれ込む。

    迎えた最終セット、石川のスパイクとブロックで2-0と先行したが、その後イランに要所でサービスエースを決められるなど、じりじりと引き離され11-15。惜しくも敗れた日本は3位決定戦へ進むこととなった。

    日本の次戦は現地28日に行われ、3位決定戦でチャイニーズタイペイと対戦する。
     
  • 2016/09/27

    全日本男子

    現地26日、タイのナコンパトムで「第5回アジアカップ男子大会」のクウォーターファイナルラウンドに臨んだ全日本U-23男子チームはカザフスタンにセットカウント3-1(23-25、25-19、25-22、27-25)で勝利。4強入りを決めている。

    カザフスタンのサーブやブロックに苦しみ、序盤からリードを許し第1セットを23-25で落とした日本。しかし、この試合チーム最多の30得点をマークした石川祐希のスパイク、ブロック、サービスエースで着実に加点し、3セットを立て続けに奪って逆転勝ちを収めた。

    日本の次戦は現地27日に行われ、セミファイナルラウンドでイランと対戦する。
     
  • 2016/09/25

    全日本男子

    現地24日、タイのナコンパトムで「第5回アジアカップ男子大会」予選リーグの第3戦に臨んだ全日本U-23男子チームはオーストラリアにストレート(25-14、25-19、25-23)で勝利。予選リーグ戦B組を1勝2敗の3位で通過した。

    石川祐希や大竹壱青、兒玉康成がサーブにスパイクにアタックにと躍動し、平均年齢が20.3歳と大会出場8チームの中で最も若いオーストラリア相手に序盤から主導権を握った日本。今大会初勝利を挙げ、予選リーグ戦3位でクウォーターファイナルラウンドへ駒を進めた。

    日本の次戦は現地26日に行われ、クウォーターファイナルラウンドで予選リーグ戦A組2位のカザフスタンと対戦する。
     
  • 2016/09/24

    全日本男子

    現地23日、タイのナコンパトムで「第5回アジアカップ男子大会」予選リーグの第2戦に臨んだ全日本U-23男子チームはイランにストレート(10-25、18-25、23-25)で黒星。開幕2連敗と苦しいスタートとなった。

    イランのブロックやサーブに苦しめられ、第1セットを10-25と大差で奪われた日本は、第2セットも18-25で失い追い込まれてしまう。第3セットは大竹壱青がアタックにサービスにと奮闘するなど、競った展開に持ち込むも23-25と惜しくも落としストレート負けとなった。

    日本の次戦は現地24日に行われ、予選リーグ戦の第3戦でオーストラリアと対戦する。
     
  • 2016/09/23

    全日本男子

    現地22日、タイのナコンパトムで「第5回アジアカップ男子大会」が開幕。予選リーグの初戦に臨んだ全日本U-23男子チームは韓国にフルセット(25-19、25-12、22-25、21-25、11-15)で惜敗。黒星からの大会スタートとなった。

    大竹壱青、久原翼がスパイクにブロックにと躍動し、第1セットを25-19と先取した日本。第2セットも石川祐希のサーブで韓国のレシーブを崩すなど25-12でモノにしたが、第3セット以降は日本のサーブ、スパイクのミスが目立ち、立て続けに3セットを奪われまかさの逆転負けとなった。

    日本の次戦は現地23日に行われ、予選リーグ戦の第2戦でイランと対戦する。
     
  • 2016/09/16

    全日本男子

    日本バレーボール協会(JVA)は現地22日から28日にかけてタイのナコンパトムで開催される「第5回アジアカップ男子大会」に出場する全日本U-23男子チームの選手14名を発表した。

    日本を含め8カ国が出場する「第5回アジアカップ男子大会」。予選リーグ戦でB組に入った日本は、現地22日に韓国、23日にイラン、24日にオーストラリアと対戦する予定となっている。

    発表された出場選手14名は以下のとおり。

    【出場選手14名】※左から背番号、名前、所属、ポジション
    1 久原 翼(東海大学4年)ウィングスパイカー
    2 酒井 啓輔(筑波大学2年)セッター
    3 山口 頌平(早稲田大学4年)セッター
    4 鈴木 祐貴(東海大学1年)ウィングスパイカー
    5 兒玉 康成(筑波大学4年)ミドルブロッカー
    6 加藤 久典(早稲田大学4年)ミドルブロッカー
    7 山本 智大(日本体育大学4年)リベロ
    10 小池 勇輝(筑波大学3年)ウィングスパイカー/リベロ
    11 石川 祐希(中央大学3年)ウィングスパイカー
    12 神谷 雄飛(東海大学3年)ミドルブロッカー
    15 小野寺 太志(東海大学3年)ミドルブロッカー
    16 大竹 壱青(中央大学3年)ウィングスパイカー/ミドルブロッカー
    17 樋口 裕希(筑波大学2年)ウィングスパイカー/ミドルブロッカー
    18 高梨 健太(日本体育大学2年)ウィングスパイカー
     
  • 2016/07/29

    全日本男子

    日本バレーボール協会(JVA)は現地9月22日から28日にかけてタイのナコンパトムで開催される「第5回アジアカップ男子大会」に向けた新潟県南魚沼市での合宿に参加する全日本U-23男子チーム19名を発表した。

    この合宿は「Team CORE」男子の酒井新悟監督のもと、高橋健太郎、石川祐希、大竹壱青、小野寺太志、鈴木祐貴、金子聖輝のTeam COREメンバーを含めた19名が参加。「第5回アジアカップ男子大会」には12名が出場する予定となっている。

    発表された合宿参加メンバー19名は以下のとおり。

    【合宿参加メンバー19名】※左から背番号、名前、所属、ポジション
    1 久原 翼(東海大学4年)ウィングスパイカー
    2 秦 耕介(筑波大学3年)ウィングスパイカー
    3 熊倉 允(順天堂大学3年)ウィングスパイカー
    4 石川 祐希(中央大学3年)ウィングスパイカー
    5 樋口 裕希(筑波大学2年)ウィングスパイカー
    6 鈴木 祐貴(東海大学1年)ウィングスパイカー
    7 高橋 健太郎(筑波大学4年)ウィングスパイカー
    8 小川 猛(専修大学4年)ウィングスパイカー
    9 高梨 健太(日本体育大学2年)ウィングスパイカー
    10 兒玉 康成(筑波大学4年)ミドルブロッカー
    11 加藤 久典(早稲田大学4年)ミドルブロッカー
    12 小野寺 太志(東海大学3年)ミドルブロッカー
    13 大竹 壱青(中央大学3年)ミドルブロッカー
    14 神谷 雄飛(東海大学3年)ミドルブロッカー
    15 山口 頌平(早稲田大学4年)セッター
    16 酒井 啓輔(筑波大学2年)セッター
    17 金子 聖輝(JTサンダーズ)セッター
    18 山本 智大(日本体育大学4年)リベロ
    19 小池 勇輝(筑波大学3年)リベロ
     
  • 2016/07/18

    全日本男子

    現地13日から17日までポーランドのクラクフで男子バレーボールの国際大会「FIVBワールドリーグ2016」の決勝ラウンドが行われ、前回準優勝のセルビアが世界ランキング1位のブラジルをストレート(25-22、25-22、25-21)で破り初優勝を飾った。

    また、同日に行われた3位決定戦では、フランスがイタリアをストレート(25-23、25-21、25-20)で下し、銅メダルを獲得している。なお、全日本男子チーム・龍神NIPPONは予選ラウンドで敗退している。

    決勝ラウンドの最終順位と個人賞は以下の通り。

    【決勝ラウンド最終順位】
    優勝:セルビア
    第2位:ブラジル
    第3位:フランス
    第4位:イタリア
    第5位:ポーランド
    第5位:アメリカ

    【決勝ラウンド個人賞】
    ウィングスパイカー賞1位:マルコ・イボビッチ(セルビア)
    ウィングスパイカー賞2位:アントナン・ルジエ(フランス)
    ミドルブロッカー賞1位:マウリシオ・デソウザ(ブラジル)
    ミドルブロッカー賞2位:スレチコ・リシナツ(セルビア)
    ベストリベロ賞:ジェニア・グルベニコフ(フランス)
    ベストセッター賞:シモーネ・ジャネッリ(イタリア)
    ベストオポジット賞:バラセ・デソウザ(ブラジル)
    MVP:マルコ・イボビッチ(セルビア)
     
  • 2016/07/17

    全日本男子

    現地17日、チャイニーズタイペイの高雄で「第18回アジアジュニア男子選手権大会(U-20)」の3位決定戦が行われ、日本は韓国にフルセット(25-21、25-19、17-25、24-26、14-16)で惜敗。4位で大会を終えている。

    セミファイナルラウンド(1-4位)でイランに敗れ、「第19回世界ジュニア男子選手権大会(U-21)」の出場権を逃した日本。韓国との3位決定戦では2セットを先取するも、その後3セットを立て続けに奪われ逆転負け。キャプテンの高梨健太がこの試合33得点を記録したが、チームは惜しくも敗れた。

    なお、この日行われた決勝では、中国がイランを破り優勝を果たしている。


    【最終順位】
    優勝:中国
    第2位:イラン
    第3位:韓国
    第4位:日本
    第5位:タイ
    第6位:トルクメニスタン
    第7位:スリランカ
    第8位:カザフスタン
    第9位:オーストラリア
    第10位:カタール
    第11位:イラク
    第12位:チャイニーズタイペイ
    第13位:パキスタン
    第14位:サウジアラビア
    第15位:バーレーン
    第16位:ホンコンチャイナ
     
  • 2016/07/16

    全日本男子

    現地16日(以下現地)、チャイニーズタイペイの高雄で「第18回アジアジュニア男子選手権大会(U-20)」のセミファイナルラウンド(1-4位)が行われ、日本はイランにセットカウント1-3(16-25、16-25、31-29、19-25)で敗戦。3位決定戦へと回ることとなり、2017年開催の「第19回世界ジュニア男子選手権大会(U-21)」の出場権を逃した。

    1次リーグ戦から未だ負けのないイランと対戦した日本は、高いブロックに捕まるなど2セットを連取される。追い込まれた日本は第3セット、2016年度「Team CORE」に名を連ねる道井淳平と新井雄大をコートに送ると、31-29とデュースの末に1セットを奪い返してみせる。しかし、第4セットを19-25で落として万事休す。最終成績上位2チームに与えられる「第19回世界ジュニア男子選手権大会(U-21)」出場権獲得はならなかった。

    日本の次戦は現地17日に行われ、3位決定戦で韓国と対戦する。
     
  • 2016/07/15

    全日本男子

    現地15日(以下現地)、チャイニーズタイペイの高雄で「第18回アジアジュニア男子選手権大会(U-20)」のクウォーターファイナルラウンド(1-8位)が行われ、日本はトルクメニスタンにストレート(25-20、25-16、25-12)で勝利。ベスト4にあたる、セミファイナルラウンド(1-4位)進出を決めた。

    順位決定予備戦(1-8位)をE組2位で終えた日本は、同F組3位のトルクメニスタンと対戦した。鈴木祐貴がアタックにサーブにと活躍を見せ、第1セットを25-20でモノにした日本。第2セット以降は中盤までにトルクメニスタンを突き放し、快勝を収めた。

    日本の次戦は現地16日に行われ、セミファイナルラウンド(1-4位)でイランと対戦する。
     
  • 2016/07/14

    全日本男子

    現地14日(以下現地)、チャイニーズタイペイの高雄で「第18回アジアジュニア男子選手権大会(U-20)」の順位決定予備戦(1-8位)第2戦が行われ、日本はカザフスタンにストレート(25-15、25-17、25-22)で勝利。E組2位でクウォーターファイナルラウンド(1-8位)へ進出することとなった。

    1次リーグ戦C組2位の日本は同A組2位のカザフスタンと対戦した。仲本賢優のスパイクに加え、高梨健太のサーブポイントなどで大きくリードを築き、2セットを連取した日本。メンバーを代えて臨んだ第3セットは競った展開となるも、25-22で締めくくりストレート勝ちを収めた。

    日本の次戦は現地15日に行われ、クウォーターファイナルラウンド(1-8位)でトルクメニスタンと対戦する。
     
  • 2016/07/13

    全日本男子

    現地13日(以下現地)、チャイニーズタイペイの高雄で「第18回アジアジュニア男子選手権大会(U-20)」の順位決定予備戦(1-8位)第1戦が行われ、日本はタイにフルセット(25-19、21-25、22-25、25-20、15-12)で勝利している。

    1次リーグ戦C組2位の日本は同A組1位のタイと対戦した。第1セットを先取するも、その後2セットを奪い返され逆転を許した日本。新井雄大や小山貴稀のスパイクなどで第4セットを制すと、第5セットの競り合いをモノにしてフルセット勝ちを収めた。

    日本の次戦は現地14日に行われ、順位決定予備戦(1-8位)の第2戦で1次リーグ戦A組2位のカザフスタンと対戦する。
     
  • 2016/07/12

    全日本男子

    現地12日(以下現地)、チャイニーズタイペイの高雄で「第18回アジアジュニア男子選手権大会(U-20)」1次リーグ戦の第3戦が行われ、日本はパキスタンにセットカウント3-1(23-25、25-17、25-23、25-22)で勝利。1次リーグ戦を2勝1敗で終えた日本はC組2位となり、順位決定予備戦(1-8位)進出を決めた。

    第1セットを23-25で惜しくも落とした日本だが、2016年度「Team CORE」に名を連ねる道井淳平や新井雄大の活躍もあり第2セットを25-17で奪い返す。さらに第3セット、第4セットと僅差ながらも連取した日本が逆転勝利で1次リーグ戦を締めくくった。

    日本の次戦は現地13日に行われ、順位決定予備戦(1-8位)で1次リーグ戦A組1位のタイと対戦する。
     

<<  1  2  3  4  5  … >>