--TOP画面用テンプレート--

番宣

ナレーションブースの中で頭をぐるぐる巡らせながら葛藤し続けることは、私にとって特別な時間。今回も必死にやらせて頂いた。だって、だって…


災害レスキューSP「未公開映像!カメラがとらえた救出の瞬間〜自衛隊救助部隊の知られざる闘い〜」
動画はこちら→https://youtu.be/Ohu49AuS0_4
9月22日(土) 夜7時〜10時 3時間に渡ってお送りする、この番組は…
現アナウンス室長、渾身の企画!制作にいた頃から、ずっと温めてきたらしい。当然ナレーション収録にも立ち会い、この写真を撮ったのも室長!(ならば一緒に写真を撮りましょう!と言ったら、そこは断られましたけどね。)究極のアナウンス室上司とのコラボ。プレッシャー?!ありませんでした!!査定直前だったけど。笑



とは言え、改めまして。


自衛隊救助部隊。
彼らが撮影した約1000時間の映像を、今回初めて公開します。命を救うため、安否不明者の魂を救うため、闘った記録です。例え自分が被災していても、家族の安否が分からなくても…。
ぜひ見て頂けたら、幸いです。



フレッシュな空気

今年の夏は、湿気と暑さが繰り返し襲ってくる。
ただ今朝の東京は急に肌寒い。台風がまた近づいているからか。

エアコンは我慢せずつけろと言われてはいるけど、エアコンの部屋に長くいる父が咳をし始めた。
身体を壊さないようにするのは、なかなか難しい。
(Blogご無沙汰しておりました。みなさま、ご自愛くださいね。)

さて、4月から昼のニュース担当になり、それまでの早朝出社とは生活がガラリと変わった。
仕事内容もガラリだけど、朝の違いといえば出社の手段。
有事に備え報道センターにスタンバイする当番日だったり、
そうでなかったり、時間はまちまちとはいえ、電車で出勤するようになった。

時間によっては、きゅーきゅーな電車に駅員さんに押し込んでもらうこともある。
携帯でニュースをチェックするのも一苦労。
隣の人の蒸気を感じることもしばしば。笑

よく考えたら当たり前のことなんだけど、前の5年間は迎えの車で出社していたから、そんなことが新鮮。
早朝のお台場、天気の良い日に見上げると、青い空がとても広い。
「はぁ。気持ちが良いなぁ。」 自然と足がゆっくりになる。

入社したての時は、社内食堂からレインボーブリッジが見えるだけで感動していた。
いつからか、何にも感じなくなっていたんだな。
ふと前に目を向ける。 帽子を目深にかぶっていたから気付かなかった。
楽しそうに話しながら歩く男子2人。
キラキラして見えた。
身内を褒めるのもなんですが。



新人に習うことがある。 初心。
この仕事、会社が大好きで、まだ失敗が怖くなかった頃。
会社に着いてから聞けば、時間が合う日はいつも一緒に出社しているらしい。
ほんと、仲良し。笑
だんだん忙しくなって、時間帯が合わなくなるかもしれないけど。
同期っていいね。
※写真は左から今湊アナ大川アナ(女性は井上アナ杉原アナ

アナウンス室の私の同期はみんな卒業しちゃったけど。
久しぶりに連絡してみよう。


アナウンス室のInstagramが開店しました。
私も投稿しています。 ↑ こんな感じで写真も頑張ります。

よかったらフォローをお願いします。
https://www.instagram.com/fujitv_announcer

リハビリ


あまりにご無沙汰しております。
せっかくBlogがあるのに、とくダネ!を卒業した切なさも、プライムニュースデイズの日々も、全く綴らず。失礼していました。

連休最終日、いかがお過ごしですか?




優雅な休日を装う写真を撮ろうとしたら、空しかなかった。笑

家族連れで大にぎわい。凄まじい。
青空に感謝し、私はパラソルの下で荷物番。
子ども達は、遠くでトランポリンに興じている。

中学受験をどうにかくぐり抜け、大好きなサッカーに復帰!するやいなや、骨折した息子。
(怪獣と呼ぶのも、卒業かなぁ?でも怪獣という名に相応しい体格の持ち主にはなってきた。)

骨折から2ヶ月。
もうトランポリン飛んでるよ。
子どもの回復は、驚異的だな。
まぁ、リハビリということで。笑









絵日記


母のツボを心得て、可愛〜い似顔絵を描いてくれたのは、もちろんこの方↓




喜んだのもつかの間。
ポコさんが絵日記に描き始めたのは…ドーナツ!!

あ、あ、あの日のドーナツだぁ。
((((;゜Д゜)))))))ふるふるふる。

絵本のレシピに忠実に作ったのに、
揚げながら笑うしかなかった、大爆発したドーナツ。
(※分量を間違えたに違いない)

絵日記のネタになっちゃったよぉ〜。






美化





私、だそうです。

それも、ファッションショーのモデル、だそうです。

美化。

私に似ず、空気の読める子です。

次へ
アナマガトップ