--TOP画面用テンプレート--

ムフフな、ほくほく

ハロウィンって、こんなに盛り上がるものだっけ??渋谷や六本木の大人ハロウィンには無縁だけど、今日、近所の商店街に行ってびっくりした。
仮装した子どもが行ったり来たり。怪獣くんのトモダチのスパイダーマンやら、ポコさんの先輩の白雪姫やら、遭遇するわ遭遇するわ。
「パレードナシ。三々五々なのが、地元っぽくてゆるくていいなぁ。さすがに大人のは仮装ナシだよね〜ぇ。」なぁんて油断していた私は、お店の店員さんがジャックスパロウ(微笑ましいクオリティ、笑)だった時には、思わず「おぉー!!!」と、声が出てしまった。
“勉強が終わったら行ってよし”との条件を出したら、あっという間に宿題を終わらせた怪獣くん。いつもこんな感じでお願いしたいものだ。
ポコさんと2人、マントを付けて紙袋を下げて出て行き、帰ってからはお菓子のトレード大会。こういう時は、ホント、仲が良いんだな。

今夜は、鶏団子鍋に栗おこわにした。ポコさんからのリクエストに、よーうやく応えたかたち。栗を剥く手は痛くなったけど、栗は甘くて上々の出来だった。ハイ、自己満足。

もちもち、と、ほくほく、に弱い私には危険すぎる食べ物で、寝る前のこの時間にも、タベテシマッタ…







ちゅうしゃキライ

またも新美さんですよ。やっぱりオモシロイ人ですよ。

インフルエンザの予防接種が会社で受けられる日。とくダネ!終わりにアナウンス室で声を掛け合って、先輩数名と新人の小澤アナ内野アナ新美アナも連れ立って受けに行った。
私は注射が嫌い。そのせいで小学生の頃、看護師さんの夢を諦めたくらい。特に、採血と違って、インフルエンザは痛くて腫れることがあるから、憂鬱な気分になる。
でも、不思議なことに、自分よりも怖がっている人がいる時は、ビビる気持ちがどこかにいってしまう(性格悪い)。それが、新美ちゃんだったワケです。

アナウンス室を出る頃から、表情がなくなってきた新美ちゃんは、検温し診察を終える頃には、死んだ魚のような顔(失礼ながら、ホントの話)になっていた。この時点で私は爆笑。とはいえ、大人ですから、ジタバタせずに頑張ったようで。
一足先に受けた私は、あまりに痛くなくて拍子抜け。「なぁ〜んだ、これなら新美ちゃんも大丈夫だわ。」と、先にアナウンス室に戻った。
それから遅れること数分、困った顔して笑う小澤ちゃんと内野くんにはさまれ、目を真っ赤にした新美ちゃんがとぼとぼ…と、いうわけでした。

注射で泣いたオトナ女子。初めて見たわ〜ぁ。




 

かわゆいのデス。

にいみちゃーん。前髪、かなり好み!
なんかね、ひょうひょうとしてるので、しっかり者か?と思いきや、ツッコミどころがたくさんある、ひょうきん者。とくダネ!笠井班員としては、もはやママな気分で、毎回ちょっかいを出している。
本番終了後の地獄の階段のぼり(…と、今日のオンエアで言われていた、スタジオからアナウンス室までの階段のぼり!!)では、私に付き合わされてのぼりながら、転けそうになること、私と良い勝負。コケッとなる度に、回数をツッコミ合っている。この写真の表情だって、三枚目決定(笑)だけど、本番前の緊張感ある顔は、前髪の感じもあいまって、ドラマ・サイレーンの木村文乃さんみたいだった♪




…木村文乃さんは言い過ぎだな。笑







楽しければイイのだ

ハロウィンの市場規模は、今やバレンタインを凌ぐ勢い。カップルでしっぽりクリスマス(表現、古っ)よりも、イマドキは、みんな一緒に仮装して盛り上がるハロウィン♪(と、今日のとくダネ!でお伝えしました)。

毎年ポコさんの同級生家族と集まってきたけれど、今年は卒園前ラストのハロウィンパーティー。今年も運動会の夜、恒例の場所で楽しんだ。
親子でディズニーのキャラクターになってる母娘、2人いるスパイダーマンにどっちが誰だか翻弄される大人、マスクの仮装でいないいないばぁされて大泣きする赤ちゃん…隣の声が聞こえないほどてんやわんやした。
ポコさんはというと、完全に去年のハロウィングッズを使いまわし。魔女風のカチューシャやスカートに、髪は七五三で使ったつけ毛を半分に切って二箇所くるくるアップにした。これにネコちゃんのマスクを付けて、即席!魔女ネコのポコさん(分かりづらい)。

途中、暴れてカチューシャが邪魔になったポコさんに渡され、私がずーっとカチューシャ姿だったらしいけど。
楽しければ、それでイイのだ。










おひさしぶりデス

私が小さい頃、欲しくて欲しくて何度もねだって「お嫁に連れて行く」と誓ってまで買ってもらった(正確にはサンタさんに頂いた)お人形。30年モノ?まぁそれに近い。
この人形(アメリンダさん)を、私がオススメしたわけでもないのに、ポコさんが大切に可愛がってくれている。
私とは違い、おままごと好きで、女子らしい女子なポコさんだけど。
アメリンダさんは他と比べても明らかにくたびれているのに…どこに惹かれてくれたのだろーか?うーん。わからん。でも、懐かしくて、嬉しくて、久しぶりにチクチクしてみた。
頂いていた、素敵なふわふわのグリーンの生地も、よくやく日の目を見た。
肩口にスナップを付けて、脱ぎ着はバッチリ。でももちろん、いい加減すぎるクオリティ。
楽しいから、それで、いいのだぁ。


真中スワローズ。神宮での第3戦、期待してマス!
実は、ツバメ応援団デス。










次へ
アナマガトップ