--TOP画面用テンプレート--

「水分補給」

トマトと胡瓜が食べ頃だ。

水やりは、怪獣の当番。

たくさんあげておいて〜



保育園では、子供達も先生も(きっと私も)、汗が吹き出た湯上がりみたいな赤い顔をしていた。

今日からプール開始!

私も入りたい。。

「もー」

「べびーか、しな〜ぁいっ!か〜しゃ〜しゅる〜(ベビーカーに乗らない!傘にする)」

「はいはい」

今朝も順調に自己主張。雨の日は、勘弁願いたい。でも、遅刻を避けるには、前進あるのみ。

ポコお気に入りの傘をさして渡す。ニコニコ。
が、家を出て数歩で、

「かしゃ〜しな〜いっ(傘はもう要らない)」

当然、濡れる。

「じゃあ、レインコート着る?」

「うんっ」

週明けの荷物に、今日からはプール用のタオルなども加わり、ベビーカーの上もサイドも、格好悪い位、パンパンなバックで占領されている。
その中で、1番小さなポコのリュックのポケットから、レインコートを引っ張り出した。

“手を出したい”“ボタンは自分でとめる”など、着方で駄々をこねること何度か、やっと満足げに歩きだす。
この間、ポコに傘を差し向けた私は、シットリ濡れた。霧雨でよかった。

さて、レインコートを着て、3メートルは歩いたか?

「か〜しゃも〜ぉ!(傘も!)」

またもや傘をリクエストされた。

怪獣が、黒い大人用の折り畳み傘を使っているからか??4歳差も、張り合う気持ちがあるようで。

ま、レインコートのフードを被らないと言い出したし、ちょうど良いかな。と、再び、ポコの傘を開いた。

そんなやり取りを、少し離れた所から、見ていた怪獣。
私の醸し出す空気を察してか、決して邪魔せず、見守っていたっけ(笑)

「車が来るよ〜急げ〜」
「ほら、よーいどんっ!」

などと、声をかけながら、坂道をなんとか登り切る。
小さな体で、レインコートに傘までさして、ギブアップするかな・・・?

すると、

「べびーか、しゅる〜(ベビーカーに乗る)」


(^_^メ)予想通り。


なんで初めから、ベビーカーに乗ってくれないのか?
二歳児の心は、掴もうにも掴めない。
“過ぎたら、可愛かった思い出に変わる”は、怪獣で体感済み。

でも、日々、ため息が出そうになる。

「これ、ぬぐ〜ぅ(涙)」

ベビーカーの上でレインコートを脱ぎたがったポコには付き合わず、

ダッシュで保育園まで駆け抜けた。

怪獣もポコも、なんでか分からないけれど、大笑いしていた。

ま、これでいいみたい。

「交換日記」

「きょうは、なにをして あそんだの?」
「きょうの おやつは おいしかった?」
「にちようは なにして あそぼうか?」

この4月から始めた怪獣との交換日記。
平日一緒に夕飯を食べられなくなったから、怪獣が寂しがっていないか・・・なーんて始めたものの、

今や、

仕事から帰った後の、私の一日の楽しみであり、癒しになっている。


今日は、来月の七夕の願い事は何にするか?を聞いてみた。

すると、

探検家???
初耳なんですけど。
o(^-^)o

平仮名だらけのやり取りも、そもそも私との交換日記っていうのも、

絶対に期間限定。

満喫させてもらっている。

短冊、作ろうね〜♪

「半袖半ズボン」

今日以降、ぐんぐん蒸し暑くなるらしい。

昨夜すでに、寝入った子供達の周りには、人型の汗ジミがあったっけ(>_<)

雨の日の登園は罰ゲーム。
だから梅雨明けは望ましいけれど、いよいよ汗ダラダラな毎日が始まるのか。。

洗濯物も増えるよね〜
キッチンが過酷な場所になるよね〜
素麺が大活躍だよね〜

元来寒がりで、暑い方がまだ我慢出来るんだけど、
やっぱり夏には「あつい、あつい」と、ついつい、ぼやきが出るもので。

暑さを、楽しみたいものですね。

「たんぽぽじいさん」

最近、なぞなぞにこっている怪獣。

(怪獣)「ピーッとなるのが聞こえるものは、なーんだ?」

“ヘビは耳が悪いけど、ピーッという高い音は聞こえる。
だから夜口笛を吹くとヘビが出る”

そうジージに教わったと話していたから、

迷わず、(私)「ヘビ!」と答えた。


すると、

(怪獣)「ブブー(×)」

(私)「じゃあ、人間?」

(怪獣)「ブブー(×)」

(私)「え"ー分かんな〜い。正解は?」


正解は、

(怪獣)「耳っ!」

だそうで。


・・・なんて皮肉れた、大人びた、引っかけ問題!!

まんまと、してやられてしまった。


そうかと思えば、

おたまじゃくし



おカマじゃくし

と、堂々と言いきり、久々の言い間違いに笑えた。


私が帰宅後、慌てて子供達を入れるお風呂は、今夜も忙しかった。



ちなみに、たんぽぽじいさんは、ポコにより、強制的に放たれた。

次へ
アナマガトップ