--TOP画面用テンプレート--

「リベンジは8月?」

ポコは無事に2歳の誕生日を迎え、家族で週末にお祝いをした。

生もの解禁の2歳、早速、ポコに手巻き寿司を食べさせると、

お兄ちゃんの真似をして、まずは「まぐろ〜ぉ♪」から。
でも結局、1番気に入ったのは納豆巻きで(笑)

ただ、イクラはかなり気に入って、イクラだけで何粒も口に運び、
パパに「痛風になるぞ〜」と取り上げられていた(笑)


母親としては、誕生日ケーキは手作りでしょー!と、そこそこ張り切って作ったんだけど。

バターがあったのに、ないと思い込んで、適当にレシピをアレンジ。

見事、かためのスポンジになった。

やはり、お菓子作りに、適当は許されない。

blogに載せるには、なんともお粗末なケーキだけど、

お祝いに来てくれた母が、杏仁豆腐を差し入れてくれて、

「まだ固まってなくてね〜」と、杏仁豆腐を冷凍庫に入れ、シャーベット杏仁豆腐になりかけたのを見て、

遺伝かな〜と。

おばあちゃんになっても、私もゆるい失敗を繰り返しそうだな〜と。

「あら、美味しいじゃない。上出来、上出来♪」

いつも母のこの感じに救われてきた。だから、今の私があるんだよな〜とも。

だから投稿した。

もっと上手くなりますから〜

いつか(笑)

「練習してたの」



よ〜いどんっ!

怪獣が勢いよく駆け出す。

すると、グズグズと抱っこをせがんでいたポコも、私の腕を振り切り、駆け出す。

肩コリ気味の私は、ホッ。

今日も無事、登園した。


1歳最後の日。

ポコは「何歳?」と聞くと、嬉しそうに「に〜しゃい!」と言うようになった。
手で“2”を作りながら。

“2”(つまりピースサイン)は、この歳の子には難しい。

だから、ずっと練習していた。
私に言われてではなく、本人の意志で。
その辺りも、気の強さが覗く・・・ははは。


2歳に、間に合ってよかったね〜。

「悪態」

「も、いらねーっ」

すぐ横で言われたのに、最初は《誰が言ったの?!?!》と思ってしまった。
朝ごはんのハムサンドを突き返し、こう言い放ったのは、紛れも無く、ポコだった。

はぁ〜(ため息)→すぐさま怪獣をギロリした私。

「ボク、なんにも言ってないよーっ!」

確かにそうだけどさ。
思い当たる節、あるんじゃないの〜?

兄、保育園、テレビ。様々なものから影響を受ける。
ポコが悪いとも、怪獣が悪いとも思わない。

でもね。
ママは許しませんよ。

「こら〜っ。どの口だ〜ぁ?!」
ポコの頬っぺたを、加藤清史郎くんバリに挟んでみた。

ポコは、“ちゅー”の口をしながら吹き出し、ゲラゲラ。
私が手を離すとすかさず、「も〜ぉいっかい!」と言って、またゲラゲラ笑った。

・・・やっちゃった。

これで、「いらねーっ」は繰り返される。

「黄金柑」

「ちっちゃ〜い!」
段ボールを開けた怪獣が叫んだ。本当に小さい。
ゴールデンオレンジと言うらしい。

「小さくて見てくれば悪いけど、美味しいから弥英ちゃんに食べさせたいって・・・」

伊豆からの便りに、肩のコリが少しゆるんだ。
大好きな人に想われている。本当に幸せなことだ。

作るには手がかかるとかで、伊豆や湯河原の地元でしかお目にかかれない?とか。

爽やかな甘さ。いっきに10はイケる。
これで肌荒れ治るといいな〜。

「週末のポコさん」



一人で初めてブランコに乗った。

私が買って帰った麦藁帽子は、ピンクじゃないけど気に入ったようで。

今朝もかぶって登園していた。



抱っこ紐を首にかけ、気分はお母さん?

ベビーカー拒否中のポコさんが、歩かなくなった時に備えて持ってきたんだけどね〜(笑)

そして・・・

昨日もミスマッチ。
晴天なのに長靴をはいていた。

それも素足で。

強情っ張りは、相変わらず。




大反省のblog再開です。
m(._.)m

今まで出来たことがほとんどなかった口内炎が下唇の裏に出来、なのに全く食欲は落ちず。

痛くても食べるのだ〜。

・・・ということで、私は元気にしています。

次へ
アナマガトップ