--TOP画面用テンプレート--

「実感わく?」


御七夜も過ぎ、
ポコの名前も無事に決まった。

それにしても、平和だ。。


・・・なぁ〜んて呆けていたら、あっという間に時は過ぎるもので。

せっかくブログがあるっていうのに、全く活かしていない!
=育児日記を書くことすら忘れる、良くも悪くもいい加減すぎる2人目育児(汗)

いやぁ〜。
楽してます〜(笑)

出産も、母乳に関しても、夜寝るかどうかも、怪獣の時よりずーっと楽。


ポコの出産時、

前駆陣痛(本格的な陣痛の前にくる生理痛のような痛み)はあったものの、
いよいよ痛みだしてからは2時間ちょっと。

分娩室に入って30分かからずに、ポコの産声が聞こえた。

陣痛中は「誰かと代わりたい〜(泣)」なんて思ったけど。

ポコの顔を見た途端、3人目?!なんて無理な考えがよぎってしまった。


怪獣が2歳半まで飲んでいたこと、ポコが3246gと大きめだったことなど、
色々が良い方に働き、母乳は初日から出て、ポコも上手に飲んでいた。

結果。

よく寝るわけで。


2人目の育児が楽に感じるのは、母親の精神的な余裕は勿論、
肉体的にも経験済みだからこその、ご利益(?)みたいなものがあるらしい。

1人目に苦労した分、2人目は楽に感じるのかもしれない。

怪獣の時は、安産だったものの、
体が小さくて、初めのうちは母乳を上手く飲めず、こちらも上手く出ずで、
痛い思いをしながら、夜泣く怪獣に手を焼いたなぁ〜。。(懐)

もちろん、2人目でも色んな苦労をしているお母さんはいるはず。

様々なリスクが伴う出産を無事に終え、
今のところ、順調な育児が出来ていることに感謝。
(^人^)



先程、ポコに起こされ授乳すると、すぐさま沈没してしまわれたので。。
残された母は、ポコと怪獣とを並べてパチリ♪してみた。

改めて。

この2人が。。私の子。

実感はあるけど。。

不思議。



さて。

ポコちゃんは、お兄ちゃんに蹴られる前に、

ベビーベッドに戻ろうね。



「やっと逢えた」


予定日を3日過ぎはしたものの、
20日の正午過ぎ、無事にポコが生まれました。

そういえば、今年亡くなった祖父が、
『長くお腹にとどめて、健康で丈夫な子を』
と、繰り返し言っていた。

それを聞いていて、ポコが従ったのか?
祖父が、天国からサポートしてくれていたのか?

出てきたのは、3200gオーバーの、しっかり丈夫な女の子。

顔は・・・

怪獣が生まれた時に瓜二つ=パパそっくり

私の遺伝子は、今回も惨敗だった(笑)

怪獣の精神的な葛藤の現れ?!的な行動に翻弄された半日を過ごし、

今は、ポコと怪獣の寝息を左右に聞いている。


改めて、いとおしい彼らに恵まれたことに、心から感謝し、

皆さまにも、お礼とご報告をさせて頂きます。


陣痛中は、2回ほど、
「誰か代わってよ〜(涙)」
「もうこれで最後にしよ〜(涙)」
と、挫けそうになったけれど。。

生まれた瞬間に、痛みや苦しみ全てが幸せに変わるから、本当に不思議です。


さて!次はとみちゃん
ファイトだよ〜(笑)



「天然では。。」


。。ないつもりの私。


今夜。

妹の部屋からメジャーを持ち出して遊んでいた怪獣の
ウエストの大きさが、ふいに気になり、測ってみた。

(私)「20センチだって〜!やっぱり細っこ〜いっ!」

この私の発言に、いち早く反応したのは、義母と妹。

(義母)「20センチいうたら、こんな(片手を広げる)やで〜?」
(妹)「それ“インチ”(呆)裏側が“センチ”ね。。」

(私)→( ̄▽ ̄;)
で、ですよね〜。。


改めて“センチ”側で測り直した結果は、

50センチ。

やっぱり細っこい?けど、何だかよく分からなくなってしまった。

ハズカシー(^o^;)

でも、私の間違えに対し、全く突っ込んでこなかった母がいたことが、

救いだった(笑)


あっ。17日!
予定日に入りました。

まだ、です( ̄▽ ̄;)



「ジャイアン」



「ポコの物は、俺の物〜♪俺の物は、俺の物〜♪」

って、歌っているわけではないけれど。

女の子ママの友人から、ポコにもらった可愛い木のおままごとセットは、
頂いたその日に怪獣によって開封され、一通り遊ばれた。

友人から借りたポコのベッドは、
怪獣のオモチャや本などが持ち込まれ、度々彼の基地になっている。

千野ちゃんに借りたスイングチェアだって、
怪獣のオモチャを乗せて、リビングを何度往復したことか。。

そして・・・

今夜はこれだった。

「あ〜かちゃぁ〜んの〜、もってくるー!」

と、浴室から裸で飛び出して行き、
ガタゴト音をさせながら、これを持って帰ってきた。

これまた友人からポコのために借りて、納戸に置いておいたベビーバス。

少し大きめな浴槽は、怪獣にピッタリ〜♪
麦茶まで持ち込んで、ご満悦〜♪

・・・って、おいっっ!
(/--)/

「あぁ〜かちゃんも〜、はいれるよー!」

どうやら、ポコが生まれてきたら、一緒に入るつもりらしい。


“やだやだ”が急に増え、
特に私が「止めなさい」ということを繰り返し、
1日に何度も泣きながら抱っこを求めてくる怪獣。

いよいよですよ、お兄ちゃん。

そして、私も。

1人から2人の母へ。

きっと、今までの育児にはなかった葛藤が生まれるんだろうな。

今までの育児にはなかった潤いも。



「包容力」


恭子さんがママになった。

初産の恭子さんと、1週間差の予定日。
どっちが先かなぁ〜?なんて言っていたけど・・・

結果、

ヨガにハマり、毎日きちんと歩いていた恭子さんに対し、

油断しまくり、太りまくりの経産婦・梅津。

日曜日の予定日を過ぎても生まれなかったら、恭子さんに笑ってもらおー。。
(^o^;)


「陣痛って痛くないことはないけど、確かに忘れるね(笑)」

恭子さんらしい感想メールをもらい、早速、昨日病院へ行かせてもらった。

赤ちゃんを抱いて、穏やかな表情の恭子さんが、私を迎え入れてくれた。

恭子さんの腕の中の赤ちゃんを目にした瞬間、

じわぁ〜っと涙が込み上げた。

本当に可愛くて、男の子らしくて、恭子さん曰く“毛もじゃ”な赤ちゃん。
(分娩中に、頭が見えた瞬間、助産師さんに感心されたらしい。笑)

よく頑張って出てきたね〜(涙)
ポコが出てきたら、デートしてね〜ハンサム君♪

「感動する〜って思ってたんだけど、なんだかスッキリした〜って感じ(笑)」

ママになっても、ちぃーっとも変わらない恭子さんの言葉に、

もうすぐ陣痛を迎える、経産婦の私が励ましてもらった。

別れ際、ポコのお腹を撫でながら、
「こっちの方が感動するわ〜。じーんと泣ける感じよ〜。。」
と言ってくれた恭子さん。

私も頑張りまーす♪



小さい頃、姉や従姉妹や友達と、よく遊んだ公園。

真面目に歩こう!と意気込んだ昨日、1人で訪れた。

そういえば、怪獣が生まれた前の日にも1人で来たな〜。

その時からまた少し、雰囲気は変わっていたけれど・・・

しばらくボーッとしていたら、懐かしい記憶が次々とよみがえってきた。

今度、怪獣を連れて来てみよう。

その時は、ポコも一緒かな??


ということで。

昨日は、妊婦仲間のトミちゃんに心配されるくらい、ガシガシ歩いたけれど。。

今日も全く気配なく、今は怪獣のプールを見学中。

私と目が合うと、今日は、手を振る代わりに吠えている。

さすが、怪獣(笑)



次へ
アナマガトップ