--TOP画面用テンプレート--

「家族の時間」




今日は、本当に久々、青空の下、パパと出掛けた。


「ぱぱも、いっしょがいぃ〜!!」

あまりの暖かさに、ハーフパンツを履きかけたパパに対し、
自分と同じ様にGパンを履く事を強要し、

同じ様な派手めなTシャツを着て、

手を繋いで歩く。


携帯のカメラを向ける。

この瞬間を、素直に喜んでいるのが分かる。


普段とは違う表情、声のトーン、足取り。

こんな怪獣は、普段と違うんだよ〜パパ。
分かるかなぁ〜?


パパは、夕方には仕事に戻らなくてはならない。

でも、ちょっと遠出して、上野まで行った。

怪獣には少し早い?と思いつつ、国立科学博物館にて、恐竜の展示を鑑賞。

恐竜の骨は怖い。。と、反応がイマイチだったが、

愛知万博から移設されたシアターなど、迫力ある映像展示に大喜び!

結果、かなり楽しんだようだった。


会場内でのアンケートクイズに答えて、参加賞のペンをもらった時、
並んで順番を待ったシアターに、いよいよ入れると分かった時、

「やぁ〜っったぁ〜♪」

両手を突き上げ、ぴょんぴょん跳ねながら、ご機嫌な声で叫ぶ。

今日、何度か見せてくれたこの光景。

今日のお出掛けは、怪獣の為じゃなくて、

パパや私の為だ。。。

そう思わせてくれた。


パパと別れた後、

歩き回って疲れた私の横でよく喋る怪獣も、また、

親の気持ちを推しはかっているようで、

ちょっと切なくなった。


ワガママを言われたら困るけれど、
ワガママを言われないのは切ない。

親がワガママ、か。。


パパには仕事を頑張ってもらわなくちゃいけないんだけど、

ママと一緒に、たまにはパパにワガママを言おうね!

パパのためにも。。



「我が物顔」



今日は久々実家に、姉・私・妹の、3姉妹・3家族が(妹は彼を連れて♪)集まった。

きっかけは、姪っ子の4歳のBirthdayを祝うため。

「やっくんわぁ〜、よんさい?」
「8月になったら4歳。もうちょっと先だね〜。」

「うぃちゃん(姪っ子)わぁ〜?」
「明日で4歳。今日お祝いするけど、今日はまだ3歳だよ。」

同い年、大好きな姪っ子が来ることに大喜びしたかと思ったら、
“姪っ子が4歳になる”ということを意識しまくった怪獣。

姪っ子だけ先に4歳になってしまうのが切ないのか、
“今日はまだ3歳だよ”と私が言うと、ホッとしたような表情を見せた。

同じがいいのか?
負けたくないのか?

色んな事が理解できるようになると、周りを意識したり、隣と競ったり、
大袈裟に言うと、子供なりの精神的な葛藤?みたいなものが生まれるらしい。

まだまだ、たどたどしい怪獣の言葉から、彼の心を読み取る作業は、

難しくも、楽しい。



「やっ君も、手伝ってくれる〜?」

姉が、キャーキャー騒ぎながら遊んでいた姪っ子と怪獣に声をかけた。

『手作りケーキの仕上げ』

ふわふわのスポンジケーキとフルーツ、生クリームなどを持参した姉。

下の子(0歳児)に手がかかる中、ケーキを手作りするだけでも拍手ものなのに、
“今日は雨だから、子供達がパワーを持て余すのでは?”
と、こういう手間も惜しまない。

もちろん、怪獣も姪っ子も大喜び!大興奮!!で手を伸ばしてきた。

イチゴ・桃・みかんを、ケーキの間・ケーキの上に好きに並べる。

「あぁ〜あぁ〜。。」

あまりの好き勝手ぶりに呆れる私に、微笑む姉。

良いママだな。。


で。

出来上がり。

ケーキの上の飾りのイチゴが、逆さまに突き刺さってるって。。

なかなか、ないよね(笑)


Happy Birthday〜♪

4本の小さなロウソクの光の下、お祝いの歌を皆で歌った。

姪っ子の隣には怪獣。
とびきり笑顔の2人。

そして、もれなく怪獣も『ふぅ〜♪』に参加した。

すると、

その瞬間の写真を撮った妹の彼が、爆笑している。


(。°ー°)σ
どんな写真?・・・ん??



そこには、

頬を思いっきりふくらませて、姪っ子よりも先にロウソクを吹き消す怪獣が。。


主役はキミじゃないのよー。。( ̄▽ ̄;)

姪っ子が怒らなくて良かった。。



「怪獣活動中」




さてさて。

アナマガに嬉しいメッセージを下さり、ありがとうございます!

放送局のホームページの中にあって、
“怪獣との日々”という、なんとも限定的、かつ自己満足的なブログにもかかわらず、
楽しみに読んで下さる方がいるなんて。。

特に産休中の身としては、有り難くて有り難くて。


ということで。

ここ最近の怪獣の様子を。


長らく使っていたチャイルドシートをポコに譲った怪獣は、

ジュニアシートデビューをした。

新しいシート。

『カッコイイでしょ?』
という問いかけに、まずニンマリ♪

ジュニアシートの中でも簡易な、背中の部分がない物にしたので、

『パパみたいだね〜』
と言うと、

「ね〜♪」
と、上機嫌でシートにおさまった。

拘束されることが嫌いな怪獣も、

股の間にベルトを通して固定される“ベイビーStyle(水曜夜のミニ番組も宜しく♪)”から、

斜めがけベルトの“パパStyle”になったことで、

納得して座る気になったらしい。

色んな場面で生まれる小さなトラブルを、
説明することで回避できるようになったのは大きい。

顔の横にベルトがくるのはイヤなのか、気付いたら脇に通してしまっているけど。。


段ボールを持ち出して、のびのび遊ぶ。

芝生の上を滑るために、1度切り開いてしまった段ボールを、
怪獣のこだわりで組み立てた。

四角、いや、台形の出入り口には、
この後、“○”の型の段ボールが貼られ、覗き穴も作られた。

天気が良いのに、狭い段ボールにこもって、目だけ覗かせる姿は、

笑えた。


男の子4人と、そのママが我が家に集まった夜は、

怪獣・恐竜・キングコングに。。の、さすが!の男子パワーに、

写真を撮る余裕は皆無だった(苦笑い)

子供のことやパパのこと、不満やノロケ、色々共有できるママトークは、
猛烈楽しかったけどねーっ(笑)!!


で、最後は恐竜ネタ。

最近、ポコの物ばかり買っているからと、久々に買ったパジャマ。
子供服の量販店にて、数百円で手に入れたパジャマ。

これを今夜、お風呂上がりに怪獣に差し出した。

目にした怪獣は、

「まぁまがぁ〜、かってきてくれたぁの〜?!」と、

落ちる〜!という位に目を丸くして大喜びした。

すでに頂いていた半袖の恐竜パジャマの存在も思い出して自分で引っ張り出し、

「ふたつある〜♪やぁ〜っったぁ〜♪♪」

と、両手を突き上げ、またもや大きなリアクション。

私の笑いジワが、また増えた。


着替え終わる頃、

「ぱぱのわぁ〜?」

思い出したかの様に、怪獣が言った。

パパとお揃いで、恐竜のパジャマが着たいらしい。


あはは(^.^)

あったら着る〜?パパ。



「最後の晩餐」


一昨日のこと。

朝、保育園に怪獣を送りがてら、届け物があって、誰もいない実家へ寄った。

ソーセージばかり食べて、それ以外の朝ごはんを食べようとしなかった怪獣を、
その日は、必要以上に叱ってしまった。
パパとのコミュニケーション不足のイライラが原因。
母親失格。

「まだまだ母親修行中です。。とほほ。」

関西から運ばれた、祖父母の仏壇の前で懺悔した。

怪獣にあたってしまった情けない母親。

でも、微笑む祖父母の遺影に向かって素直に話すことで、
そんな自分を受け入れることが出来た。

帰ったら、怪獣に謝ろう。

そう決めたら、気持ちが楽になった。


その後、届け物をどこにしまうべきか迷った私は、母の携帯に電話をかけた。

数回コールして、出ないかな?と思った、その時。

母が出た。

分かりやすく、息が切れていた。


「やだもぅ〜産気付いたかと思った〜。」

私の用件を聞いた後、母は笑いながら言った。

仕事が忙しく出張も多い母は、姉の2度の出産も怪獣の時も立ち合えていない。

“生まれそうになったら、いつでもいいから連絡してね”

そう言われていた。

私が、朝から母に電話するのは珍しい事だし・・・

なるほど。
ポコも37週間近、母のリアクションも当然だ。


「ごめんごめーん。」

改めて、心配してもらっている事を確認し、
気楽なのは本人だけなんだなぁ〜と反省した。


にもかかわらず。

1時間後。

パパからの携帯への着信に気付かず、ポコ用品選びに盛り上がっていた私。

生放送前に幾度となく私にかけ、たまらなくなり母に確認の電話までしたパパ。

あは(^o^;)
ごめんごめーん(汗)

心配されていること、しかと心得まする!!



さて、今日は健診日。

なんと!!
1週間で体重が1.5キロも増えてしまい、あちゃー。

その上、ポコは元気!順調!過ぎるのか、出てくる気がないらしい(汗)

助産師さんにも先生にも、
「まだまだお腹にいる気だね〜(笑)
とりあえず、お腹が張ってもいいから、お母さんは動いて!」
と、診察すること3秒で、同じことを言われた。


そんな健診後、

親友のhiroちゃんと待ち合わせてランチ♪

それも、

健診日くらいは〜♪と、大好きなイタリアンのピザを堪能した。

懲りない妊婦。
(^^ゞ

その後、

動かなくては!と言い聞かせ、街中をウロウロ。

しかし。

またもや気付いたら、大好きなタルト屋さんに入っていた。
(^o^;)


洋梨とベリーのタルト♪

至福、福、福(*^^*)


「これで、いつ(ポコが)出てきてもいいわぁ〜♪」

つい、うっふん声がでてしまう。


うーん。。
この台詞、何度目だ?
( ̄▽ ̄;)


最後の晩餐は、いつまで続くやら。。

ポコちゃん、分娩時に障ったら、ママを許して。。


「釣った魚は」


同級生♀のママになる予定の友達と、子連れランチ♪

上の子(怪獣と1つ上のお姉)の集団検診で会ったのが縁で、
実は産院が一緒〜♪と盛り上がり仲良くなった。

それぞれ仕事に復帰し忙しくしていて、ご無沙汰もいいところだったのが・・・

なんと、2人目の検診で再会!

またもや同じ産院、

予定日は同じ月、

同じく女の子、

笑えるくらいの偶然。

こんな事もあるのです(笑)


ランチの後、緑道沿いのベンチで母親2人が談笑中、

怪獣とお姉ペアは、徐々に仲良くなって。。

写真は、細長い枝を垂らして、『魚釣り』をしているところ。
(お姉がほとんど写っていないのが残念〜汗)

魚好きのお姉に刺激され、怪獣も次々に釣り上げていた。

「まぁまぁ〜!いかがつれたよー!」

獲物を届けに、笑顔で走り寄ってくる。

イカは、私の好きな寿司ネタ。
憶えていてくれたの〜??
(*^^*)

すると怪獣は、

「これぇ、からぁ〜いのついてますからぁ〜!!」
(これ、辛いのついてますから!!)

と、すかさず説明を入れてきた。

えっっ?( ̄▽ ̄;)

辛いの?=ワサビ??

お寿司を食べる度に、怪獣は、ワサビの有無を確認する。

辛いの=ワサビ

だとすると。。

ママの好きな寿司ネタを憶えていて、とってくれたのは嬉しいけど、

まさか、釣ったイカはシャリにのったイカじゃないよね〜?!

(;¬_¬)不安。。


“魚は切り身で泳いでる”と発言する現代っ子に、ビックリしていた私。

でも、

怪獣も、その現代っ子になりかねない、この状況。。


とりあえず、水族館に行こう!!
いや、まずはお魚屋さんに!!



次へ
アナマガトップ