--TOP画面用テンプレート--

「出来栄え」




で、こんなん出来ました〜♪

形はかなりイビツ。

でも、かなりおいひい♪

茂出木先生が作るよりも、ねっとり感が足りないかなぁ〜

大ざっぱな性格が災いしたなぁ〜

でも、まぁ上出来でしょ〜♪

・・・こう思えるのは、大ざっぱな性格の良いところ。
(*^^*)

怪獣も、熱々なのに、パクパク一生懸命食べていた。



「こねこね」




今日のハピふる!で作った、たいめいけん・茂出木シェフの『かぼちゃコロッケ』

早速作った。

炒めたベーコンと玉ねぎに、かぼちゃを入れ、ブイヨンで煮込んでから潰す。
かぼちゃが、ブイヨンの旨味を吸って、ねっとりしたタネが出来る。

ここからは、怪獣も一緒に・・・

こねこね〜

相当、楽しそうに手伝ってくれた。

もちろん、結果はこんなんで〜。

おてても、コロッケになっちゃったぁ〜(笑)



「寄り道」



保育園の帰り道、自動販売機の前で、

「これぇ〜やるぅのぉ〜(涙)」
(これ、やるの〜)

と、道に寝っ転がって、ひとしきりジタバタしていた怪獣。
何かが飲みたいというより、お金を入れてボタンを押したいだけ。
それが分かっているからには、甘やかすことは出来ません。

「ぎゃー(大泣き)」

「・・・」


んっっ?

急に、
ピタッッと止まった。

泣き止んだ。


理由は〜、

「あぃ〜さぁん、どっこいっくのっかなぁ〜?」
(アリさん、どこ行くのかなぁ〜?)

(*^^*)

荷物が多くて、ジタバタに手を焼いていた私は、助かった。

アリさん、ありがとう。


しかし。

その後、ジタバタはなくなった。
でもこれじゃ〜、下を向いてジリジリしか進まない。

「あったぁ〜!あぃ〜さぁん、おうちぃ〜!」
(あった!アリさんのお家!)

はいはぃ〜。



「器用」


積み木崩しなんて、まだ出来ないと思っていた。

やらせてみたら、出来てビックリ!

小さい手で、そぉ〜っと積み木を外し、積み上げる。

最初から積み木が大胆に傾くので、すぐに崩れてしまうのはご愛敬。

姪っ子、1敗。
怪獣、3敗。(うち、わざと1回)

崩してしまった人を、他の2人がくすぐる。

帰る直前まで、大騒ぎだった。



「昼寝中」



疲れたのか、今は実家のリビングの床にて、昼寝中。
姪っ子は、ソファーの上まで頑張って、沈没した。


久々の怪獣語録。

「えだまめぇ〜やわじっ」

「れだまれぇ〜ろやじっ」

「めらまろぉ〜〜やじっ」


さて、何の事でしょう?



次へ
アナマガトップ