--TOP画面用テンプレート--

「ツムジ」


イヌノマネ。
イミフメイ。
イマナンジ?

モウネマス。
イビキキコエマス。。。



「願い事」


七夕の短冊を書いた。

駅の広場に、短冊を自由に書けるように、色紙やクレヨンが用意されていた。
こういうイベントへの働きかけは、有り難いもの。
なかなか家に、大きな笹は用意出来ませんからー。


『強くてカッコ良くなれますように』

うーん・・・
時間が無かったとはいえ、もう少しマシな願い事にすれば良かった。
怪獣の願いを代弁したかったんだけど、中途半端だなぁ〜。。
( ̄▽ ̄;)

どうあれ、怪獣は、落書き&笹に吊るすアクションそのものを楽しんでいた。

「しゃ〜しゃ〜の〜、しゃ〜っしゃら〜♪」
(笹の葉さ〜らさら〜?)

たどたどしい発音の歌が聞こえる。


親としては、怪獣の健やかな成長と幸せを願うのみ。
( ̄人 ̄)

子供の可能性に対して欲張る気持ちがわくこともあるけれど、
いざ“願い事を1つ”と言われたら・・・
これ以外考えられない。

そんなもんなんですね。



「花より団子」


絶景よりソフトクリーム。

今日の10時のおやつ@城ヶ崎海岸。
抹茶ミックス。
かなり美味しゅうございました。

私と半分こも、しっかり、半分以上を平らげた怪獣。
口の周りだけでなく、鼻にもべったり、抹茶ソフトをくっつけながら(笑)



「夏の終わり」


今年、初花火。
怪獣は、終始ビビっていた。

「男の子なのにぃ〜臆病だなぁ〜」
と、私が言うと、

「ダメダメ!子供は、意外と傷付くものだよ〜。」
と、今回お世話になっているお家のパパさん(グランパ)からアドバイスがあった。

なるほど。確かに。

“臆病”
そう言えば言うほど、怪獣は縮こまっていく気がする。

「だんだん楽しめたらいいねー。」

私が言葉を変えると、怪獣は嬉しそうに微笑んだ。

少年の心を見た気がした。


普段、言葉には気を付けているつもりだったけれど・・・
ゴメンね。怪獣くん。


線香花火は、夏休みが終わってしまう気分を運んでくる。
夏は、まだまだこれから♪
切なくなるのは、まだ早い。



「堪能」


プールに温泉にご馳走に・・・興奮しきった怪獣と姪っ子の寝息が聞こえる。

私も、久々に身体中がゆるんでるぅ〜って感じ。
はらはらと、布団に身体が沈み込む感覚。
リラクゼーションの極みですな。


今日、たっぷり遊んだプールにて。
姉の分まで、怪獣と姪っ子の面倒をみていた私は、ジャグジーにいた怪獣からほんの一瞬目を離した。

視線を戻す。

すると、初対面のオジサマ(オジイサマ?)と笑顔で戯れている怪獣が見えた。

5分後、レッスン開始。

どうやら、バタ足のやり方を教えてもらったよう。

元々、人見知りはしないと知っていたけど・・・

我が子ながら、笑えた。

┐( ̄▽ ̄;)┌



次へ
アナマガトップ