--TOP画面用テンプレート--

「こぉろっけ」

昨日、ハピふる!終了後に、私は福岡へ飛んだ。
bjリーグの開幕戦の中継リポートのために。

bjリーグは、日本初のプロバスケットボールリーグ。
今年で3年目のシーズンを迎えた。

2連覇中の王者“大阪エヴェッサ”vs新加入の“ライジング福岡”の試合は、前半NBAバリに得点を取り合う白熱したゲームになった。
終わってみれば、『王者エヴェッサ貫禄の勝利』だったけれど・・・生で見る迫力!やはり最高だった!!

ちなみにbjリーグTVは、11月16日(金)から。
楽しみな季節がやってきたo(^o^)o

・・・というわけで、
昨日・今日と怪獣は、保育園→大ママ宅泊→保育園で面倒をみてもらった。

心配していた大ママ宅泊は、お利口にしていたらしい。
「泣かないんだけど、悲しそうな顔して“帰りぃ〜たぃっ”って言うのよ〜。いじらしかったわ〜。」と、大ママ。

偉かったね〜。。

ヘロヘロになりながらニュースを読み、帰ってきた私。
保育園に迎えに来た私を見て、「キャーヽ(≧▽≦)/」と、文字通り、歓喜の雄叫びをあげた怪獣に癒されている。

さぁ。今夜はコロッケを買って帰ろう。
サラダも美味しそう。。

普段、お惣菜をほとんど買わない私は、慣れない総菜コーナーで目移り。

気付いたら、怪獣はコロッケの試食をゲットしていた(笑)



「またも感心」


今朝2つ目の感心。

久し振りに三輪車に乗った。

すると・・・

漕ぐことを覚えていたー!

まだ、私の補助無しには、前に進むことは難しいが、ペダルにはっきりと力が乗っているのが分かる。

こんな事が嬉しくて、道端で写真を撮り、我が子を褒めちぎる母。

「親なんて、単純なんだよ。」
父がよく私に言っていた。

確かに。体で納得。


熊ちゃんを連れてきたのは、ご愛嬌(笑)


「手先」


昨日は、お昼寝も忘れてジージと公園で遊び、私が帰ってすぐに沈没した怪獣(_ _).oO
(ジージにとっても、ハードな1日だったろうなぁ・・・汗。感謝。)

今朝は、よく寝たせいか、朝からご機嫌に遊んでいる。

以前、ママ友からもらった玩具。
可愛いので、インテリアとして、ずっとリビングに飾ってあった。
細かい作業に、あまり興味を示していなかったのに・・・

かなり、集中している。
=かなり、楽しんでいる。

コマを1つ1つ、左右の手を使って移動させていく。
途中で何時か上手く渡せず、逆戻り。
イー(>_<)!ってするかな?

・・・と思いきや、一方にコマを集めるまで、根気よく取り組んでいた。

「みぃて〜!でけぃたぁよぉー!」
(見て〜!出来たよー!)

イイ笑顔するね〜♪

手先がこんなに器用になっているなんて、母は感心してしまった。。


「家弁作り」

今日は、BS競馬中継のため、府中競馬場へ。

怪獣は、パパ→ジージのリレーで面倒をみてもらう。

私の母に預ける時は、
「ゴハンは適当にお願〜い♪」
で済むのだが、ジージだと、そうはいかない。

家事が出来ないからではない。

「やっ君と2人の時は、台所に入るのが怖いんだ。おにぎりを頼むよ。」

怪獣の面倒をお願いする時、毎回こう言われる。

必ず、同じフレーズ。

仕事を終え家に帰ると、汚れたタオルや衣類がキレーイにたたまれている。
使用済みのオムツも、皆一定の大きさ。
そして、出掛けた時よりも、たいてい家が整頓されている(笑)

ジージは几帳面、かつ心配性。
娘ながら、私は全く似ていない(^^;)
似ていないからか、意外と仲が良い。

今日の“家で食べるお弁当”は、
・おにぎり
・からあげ
・鰈の西京焼き
・レンコンのきんぴら
・ニラのおひたし
・里芋の煮っ転がし
あとは、梨。

我がお弁当ながら、彩りが無いなぁ〜(汗)
台所に入りたくない=お味噌汁はダメだから・・・
まぁ、足りるかな?

男ばかりの家弁、ちゃんと食べて(食べさせて)下さいよ!

ちなみに・・・
ラップの乱用は避けたいと思っているのですが・・・(^^;)

次回のために、日本手ぬぐいか、大きめのお弁当箱を買おう。



「まいった」


怪獣が、大好きな動物のテレビを見ている。

「おしゃるさんっっこいぃね〜!」
(おサルさん、カッコ良いね〜!)

今夜は夕飯もよく食べ、上機嫌。

昼間もよく動き、よく寝ていたもんなぁ〜。。


今日は、台風の大雨の中、どうしても渡す物があって、友達とランチに出掛けた。
雨を理由に、久々のデパート。

怪獣には、刺激がいっぱい。

ハロウィンの風船が欲しい!と言うから並んでもらったら3分で飽き、
トーマスの玩具のそばで動かなくなり、
絵本コーナーでは片っ端から触りまくり・・・

前から欲しがっていたミニカーの絵本を手に入れ、
帰り道に、あっけなくダウン(熟睡)していた。

怪獣のワガママに、終始笑顔で付き合ってくれた友達に感謝!


話は変わる。

今、怪獣が私のところにやって来て、
私の顔を両手で挟み、私の目を見ながらこう言った。

「わぁかったぁ〜?!」

(私)「・・・ぶっっ!!(爆)」

悔しいが、笑ってしまった〜(>_<)!!


突然やられたコレ。
怪獣がやったのは、“私の真似”である。

怪獣が玩具を投げたり、ふざけて食べ物をこぼしたりした時、
ダメだと説明しても効果ゼロ?ばりに、はぐらかされる場合(よくある事)、
怪獣を目を見るために、私は怪獣の顔を両手で挟み、動けなくしてこう言っている。


それにしても・・・
この言い方にこの表情。

「わぁかったぁ〜??」
の、“か”が高く大きく発音され、“たぁ〜”を必要以上に伸ばしている。

眉間にシワを寄せ、鼻の穴が膨らんでいる。

よく見てるなぁ〜(爆)
あ〜。可笑しいっ。

私が大笑いすると、怪獣も笑う。

してやったり、だね。

いや〜まいった!


次へ
アナマガトップ