2012年05月26日

ウィキペディア〜

ウィキペディキュアじゃねーぇ

ウィキペディアです。

はい。

ま、いいや

ウィキペディアじゃなくてもいいから、
ウィキペディキュアに、
エア・ゴスのことを書いておいて〜

でさ〜
いま、エア・ゴスって言葉をインターネットで調べてみたらさー

トマトのブログがたくさんでてきた〜

キャー、キャー、

第一任者じゃーん、トマト〜やっぱりぃー



                    
                    
ウゴウゴルーガ at | コメント (1) |

2012年05月26日

なんか幸せだ〜


パトロール中です〜

この時期のパトロールが一番すき〜

風薫る5月

夜は本当にリアルにぃ、薫るんだよぉ
花の薫りが風で運ばれる

ジャスミンや、ルリマツリの薫りがふんわりと、
時には、むせかえりそうな激しさで迫ってくるのら〜^ロ^;あ、なんかキャラがちがうぅ〜?

そして、トマトはゴスペルを歌う〜
近所迷惑をかえりみず、
歌うのだー

シャウト〜な歌じゃなくて、優しい歌を。

なんだか幸せを感じる〜


いま、もしも魂がなくなっても、
きっとトマトは一生幸せだろ〜〜

って思う感じの幸せ〜



おまわりさん〜
パトロールをするからこその5月の夜の幸せ・・

ありがとう〜



ルンルるーん



はっ!(*_*)

(´Д`)
うわー、そういえば、
ゴスペルライブがちかいわ〜
のんきに鼻歌うたってちゃダメかー

いやいや、大丈夫。

エアゴスでキメてやるぜぇ。
ワイルドだろぉぉ?!

ここで、解説・・

エアギターっていうでしょ、、
知ってる?エア・ギター!!

?ここで、ウィキペディキュアをひいてみると・・・
エア・ギターとは、演技の1つでギターの弾き真似。大げさな演奏する身振りと、しばしば実際の歌唱や口パクによって構成される

ほー(ρ_-)ノ

エア・ギターの起源には諸説あるが、
1970年代のハードロックのボーカリストが、ギタリストが長いギターソロを行っている最中に、手持ちぶさたになってしまうのを解消するため、
マイクスタンドをギターに見たてて弾く真似をしたのがはじめと見る向きが多い。
エルビィス・プレスリーが始めたという説もある。

ほー(ρ_-)ノ

エルビィスはマイクスタンドを用いずに、ギターを弾く真似をしていた。

ほー
だってさ。

そのゴスペル版だよ!

エア・ゴスペル
2011年、ウゴウゴ・ルーガのラブリーキャラクター・トマトちゃんが編み出した、画期的なゴスペルの歌唱力法。

その神業ともいえるパフォーマンスが、人々の心を魅了し、
見るものの心をとらえてはなさない。

また見たい。たまらず見たいと病みつきとなるゴスペル歌唱法の高度なテクニックをエア・ゴスという。


とかなんとか、
書いといて、ウィキペディキュアに〜


                    
                    
ウゴウゴルーガ at | コメント (1) |
前のページへ | 次のページへ


最近のおことば
出演者別
過去のおことば
<< May,2012 >>
3
13 14 16
25
28