--TOP画面用テンプレート--

境界超え

いよいよ中国の税関で出国手続き。

朝8時すぎからパスポートを持って列に並びますが、、、
全く進みません。

横には、学生と見られる北朝鮮の若い男女の集団が黒いスーツを着て並んでいました。
手には、買ったばかりと見られる布団をぶら下げていて、楽しげにお話し。

家族にお土産の布団かな、なんてスタッフと話しながら、1時間程待ってようやく我々の番。

出国審査の担当者にパスポートを渡すも、

何故北朝鮮に行くのか?
どうして陸路で?

などなど、質問を投げかけられます。
丁寧に説明すること2時間。
荷物のチェックも終え、いよいよ中朝境界へ。





奥に見える白い建物が北朝鮮の税関。
建物の左には、北朝鮮の旗が掲げられています。

この中国と北朝鮮をつなぐ橋を、バスで渡るのです。

橋のちょうど真ん中辺りには、銀色の橋の継ぎ目があり、そこを越えると北朝鮮。

かなりのスピードを出すバスで継ぎ目をあっけなく越えると、橋の途中に北朝鮮側の小さな小屋が見えてきました。

軍服を着た若い青年が立っていて、パスポートを提出するよう言われます。

ピリッとした空気。

ところが、、、

この先の白い建物での税関の手続きは、11時半で閉まっているから午後に出直してくれとのこと。

時計を見ると、11時32分。

中国の出国手続きに思いの外時間がかかり、2分遅れていました。

なんと中国の税関に戻り、午後に再チャレンジを試みることになりました。

万景峰号取材2 日目

朝、延吉のホテルを出発。
そこから車で走ること3時間。
中国の圏河口岸に着きました。

北朝鮮と中国の境界となる税関で、我々も荷物を運んで出国手続き。
入り口手前には、沢山のトラックがずらりと並んでいます。
北朝鮮に何か物資を運んでいるのでしょうか。





歩いて進むと、大きな建物が見えてきました。





多くの中国人観光客と見られる人々もいて、建物を背景に記念撮影しています。

これから向かう北朝鮮の羅先という街は、観光特区にもなっているそうで、カジノ等もあり、日帰りで羅先に行く中国人も少なくないそうです。


北朝鮮

みんなのニュースのオンエアでお伝えしましたが、6月に万景峰号の取材で、北朝鮮に行きました。
ちょっと時間があいてしまいましたが、万景峰号取材について写真と共に報告いたします。

日本を出発したのは、6月6日。
東京から、まずは北京へと向かいました。

北京の空港で、北京支局のカメラマンとアシスタントと合流。
その後、さらに飛行機で、延吉という中国国内の朝鮮族自治州に移動。

空港に着いた途端、中国語とハングルで書かれた広告が目に入ってきます。





空港の看板も中国語とハングルの派手なイルミネーション文字。



着いたのは夜の11時でほとんど人もおらず、、、ポツンと1人で我々を待っていてくださったロシア支局の支局長と合流。

そこからタクシーでホテルへ。

宿泊したのはもともと北朝鮮が経営していたというホテルで、働いているスタッフさんはチマチョゴリという民族衣装を着ていたり、ホテルのロビーには、金日成花という蘭の花が飾られていました。
まだ中国国内ですが、北朝鮮と中国の境界からほど近いことを実感させられます。

アナマガトップ