--TOP画面用テンプレート--

アナマガ

金曜日、みおちゃんとアナマガの撮影でした!

今年初の浴衣。

淡くて涼しげな色合いの浴衣でした(^^)

浴衣を着ると、所作も自然とおしとやかに、女性らしく。

花火をしたり、ヨーヨーで遊んだり、、、を妄想しながらの楽しい撮影でした!

8月にアナマガで公開されます!お楽しみに!


そして今夜はMr.サンデー!
見てくださいね!



さらにミャンマー

ミャンマーで最も大きな寺院、シュエダゴン・パゴダにも取材に行きました。

寺院には、靴を脱いで裸足で向かいます。

夜7時すぎに到着したのですが、敬虔な仏教徒が多いミャンマーの人々は夜でも祈りを捧げに来ていました。

夜は、黄金の寺院がライトアップされ、さらにキラキラと輝いて、圧巻の美しさ。
心奪われました。




寺院取材の後は、ミャンマー料理も食べましたよ。

ミャンマーは、スパイスの効いたカレーのようなおかずが多く、
それを白いご飯にのせていただきます。

全体的に茶色い。

でも、辛すぎず丁度良い塩梅で、香りの良いスパイスが食欲をさらにそそります。

濃い目の味付けも、ミャンマーのような熱い地域では元気が出そう。


ミャンマーの方々は、勤勉で純朴で、いつもニコニコと本当に魅力的でした。
そして、今回取材させていただいたミャンマーで働く日本の企業の方々も、
眩しいくらいの笑顔を浮かべて、大きな大きな夢を抱いてミャンマーで奮闘していらっしゃいました。

日本とミャンマーの関係はこれからどう変化していくのか、
ぜひまた取材に訪れたいです。

列車

ミャンマーの列車は窓はもちろんのこと、最後尾の車両の後ろのドアも開けっ放しで走ります。

ものすごい解放感(^^;)

ドアから覗くと、線路の上を歩くお坊さん。

ミャンマーの人たちは、線路の上を通って歩いたりもするのです。

この線路の状態が悪く、ガタゴト上下に揺れる揺れる。。。

ここに、日本の保線技術が役に立っているわけです!



 

ミャンマーの活気




活気溢れる市場。

魚やお肉、野菜にフルーツ、日用品がずらりと並びます。




そして、取材では列車にも乗りました!

住民の重要な足となっている列車。

駅のホームには、列車の到着を待つ人だかりができています。

みなさん、巻きスカートのような伝統的な衣装、ロンジーを着ていますね(^^)




ミャンマー



出張先は、ミャンマーでした!

アジア最後のフロンティアと呼ばれるミャンマーは、今まさに経済発展の真っ只中。

ヤンゴンの街は人と車が行き交って活気で溢れていました!

ミャンマーの伝統的な美容品、タナカを塗って一枚。

後ろに見える黄金の寺院は、スーレーパヤーと言います。

ヤンゴンの街は、この寺院を中心に設計されているそうです。


 

これから



出張です(^^)

明日、明後日と、私はスタジオを飛び出して現場から生報告の予定。

どこの現地からかといいますと、

明日のオンエアをお楽しみに!

私も初めての場所。

しっかりと取材してきます!


東京タワー、一部青く染まっていました。
サムライブルー?



 

アナマガトップ