トーテムTOPICS

【演目紹介 14】ESCALADE エスカラード

 
【演目説明】
スーツをはぎ取られ、ジャングルの奥へと放り込まれたビジネスマン。木のような骨組の上で、チャイニーズポールやパルクールのように腕の力だけでさまざまな技を繰り広げる。男と猿人たちは円をなして上へとよじ登り、覇権をかけて戦う。


■トーテムでご覧いただける演目一覧は、こちら
http://www.fujitv.co.jp/events/totem/program.html

【演目紹介 13】CONTORTION コントーション

 
【演目説明】
海から現れた2体の妖艶な生き物が、海辺で戯れ、這い回り、体をくねらせながら複雑なピラミッドを作り上げる。その驚くべきしなやかな姿は、まるで重力や物理法則にも逆らっているかのようだ。


■トーテムでご覧いただける演目一覧は、こちら
http://www.fujitv.co.jp/events/totem/program.html

【演目紹介 12】 UNICYCLES WITH BOWLS ユニサイクル・ウィズ・ボウル


【演目説明】
高さ2メートルの一輪車に乗る女性アーティストたちー。驚くばかりの機敏さとバランス力で金属製のボウルをジャグリングし、芳醇な秋の実りを祝う。息を ぴったりと合わせながら足でボウルを投げ、手を使わずに頭でキャッチするパフォーマンスは見事な一体感、そして優美さを兼ね備えている。


■トーテムでご覧いただける演目一覧は、こちら
【演目紹介 11】 RUSSIAN BARS ロシアン・バー


【演目説明】
今は亡き失われた南米の文明からインスピレーションを受けた、カラフルな衣装を身にまとったアーティストたちが力強さとバランス力を競うアクロバットな演 目。まるで無重力空間を舞う宇宙飛行士のように軽々と宙を舞い、バーからバーへと機敏に飛び移る。その様子は、地球の重力から逃れたい、人間の欲望を呼び 覚ます。


■トーテムでご覧いただける演目一覧は、こちら
http://www.fujitv.co.jp/events/totem/program.html

【演目紹介 10】 ROLLER SKATES ローラー・スケート


【演目説明】
結婚式を連想させるシーンで、ローラー・スケートを履いた男女が、直径1.8メートルの小さな台座の上を、思わず息を呑んでしまうほどのスピードで回転、旋回する。究極の信頼関係から成り立つこの演目は、愛の無限さを象徴している。


■トーテムでご覧いただける演目一覧は、こちら
http://www.fujitv.co.jp/events/totem/program.html

【演目紹介 09】 RINGS TRIO リングス・トリオ


【演目説明】
インド映画を思わせる音楽とともに、筋肉質の男性2人が天井から降りるリングを使って力比べ。そこに現れた一人の女性が、見事なテクニックで男性2人を魅 了してしまう。真夏のビーチで行われる完璧な肉体による優美な動き。これは「異性を魅了したい」、という種を維持していくために、生命にはかかせない必要 不可欠な求愛活動(人間本来の欲求)を表現している。


■トーテムでご覧いただける演目一覧は、こちら
http://www.fujitv.co.jp/events/totem/program.html

【演目紹介 08】 MANIPULATION マニピュレーション


【演目説明】
サイエンティストの実験室は、光る不思議な液体が入ったガラスの容器でいっぱい。サイエンティストは自分の身体がすっぽりと入ってしまうくらい大きなガラ ス容器に入ると、発光するボールを巧みにジャグリング。らせん状に容器を周回するボールは、惑星なのか分子なのか、それとも両方なのか、果たして…。


■トーテムでご覧いただける演目一覧は、こちら
http://www.fujitv.co.jp/events/totem/program.html

【演目紹介 07】 HOOP DANCERS フープ・ダンサー(パート2)


【演目説明】
フープを操り、さまざまな部族に囲まれながら、調和と永遠を象徴するふたつの球体を創りあげる。


■トーテムでご覧いただける演目一覧は、こちら
http://www.fujitv.co.jp/events/totem/program.html

【演目紹介 06】 HOOP DANCER フープ・ダンサー(パート1)


【演目説明】
フープを自由自在に操る姿は、動物や原風景をイメージさせる。伝説を物語り、絶え間ない生物の連鎖を体現している。


■トーテムでご覧いただける演目一覧は、こちら
http://www.fujitv.co.jp/events/totem/program.html

【演目紹介 05】 HAND BALANCING ハンド・バランシング


【演目説明】
砂時計のかたちをした台座の上で、手のみを使って身体を支え、しなやかなコントーションを披露する。驚くべきこの技では、人間が人生の旅路で困難に立ち向かう際に身に着けていく、強さやバランス力、やがて成長していく過程を表している。


■トーテムでご覧いただける演目一覧は、こちら
http://www.fujitv.co.jp/events/totem/program.html

 前のページへ  |  次のページへ