放送内容 3/12(火)の放送
トップニュース
●忘れない…被災地取材報告 “午後2時46分”追悼の祈り
●37歳女を放火の疑いで逮捕 氷室京介の実家など3棟全半焼
●夏日から一転冬に逆戻り… 煙霧から始まった寒暖差20℃を追跡
●連携へと布石? 安倍首相と維新の会が極秘会談
●授賞式で公表の衝撃 樹木希林(70)“全身がん”本人を直撃

速ダネ!ニュース
●上海の川で豚の死骸 約2800匹を回収

真相チェイス!直撃御免
●あなたの死に場所がなくなる「死に場所難民」…その真相を直撃!

●津波から一命を取り留めた少年 大川小のてっちゃんが見つめた2年
●さらば、とっつぁん…“銭形警部”納谷悟朗さん(83)死去
2013/03/12 (火)    個別ページへ
速ダネ!NEWS 3/12(火)の放送
●上海の川で豚の死骸 約2800匹を回収
2013/03/12 (火)    個別ページへ
真相チェイス!直撃御免 3/12(火)の放送
あなたの死に場所がなくなる「死に場所難民」…その真相を直撃!

現在、日本の総人口の約25パーセントを占める65歳以上の人々。
そのような超高齢社会において、彼らの“最期”にある危機が迫っている。
それは「死に場所がない」ということ。

厚労省の試算によると、2030年には医療機関、自宅、介護施設の
どこでも最期を迎えることのできない「死に場所がない」高齢者が47万人にも達するという。
様々な医療体制や環境にありながら、死に場所が見つからないというのは何故なのか?
我々は、高齢者を取り巻く医療・介護の現場を直撃した。

そこで見えてきた、医療機関の厳しい現状。
このままでは、20年後には「入院できない」「介護施設にも入れない」「自宅でも看取ってもらえない」
高齢者にとって最悪のシナリオが待っているという。

「どのように最期を迎えたいか」という自身の決断と選択を迫られる現実が見えてきた。
高齢者たちが安心して最期を迎えるための、今後の課題とは…

2013/03/12 (火)    個別ページへ
<<前へ
次へ>>
 
 
 
  • 放送内容
  • 小倉が斬るニュース
  • のぞき見!リアル とくキュウ
  • 脳活Johnny!
  • NY事件企画
  • お知らせ