放送内容 9/25(火)の放送

トップニュース
●大雨の神奈川で… 中継 京急脱線事故 土砂崩れに突っ込む
●台湾漁船70隻尖閣で抗議 なぜ台湾で?反日ムードの正体を追跡
●クレーン車“宙づり” なぜ?高さ80m…恐怖の3時間
●宮城沖衝突沈没事故 不明の13人 捜索続く
●テレビ番組初インタビュー 小倉が聞く!山下達郎(59)妻への思い
●行楽の秋・運動会の秋 お弁当作り秘テク&おにぎり具材ベスト3

とくスペ
●新常識ニッポンの医療 密着!がん治療最前線 チームで闘う

●大阪府の新条例施行直前 法務省が性犯罪歴提供


2012/09/25 (火)    個別ページへ
とくスペ! 9/25(火)の放送

【新常識ニッポンの医療 密着!がん治療最前線 チームで闘う】

ある日 突然訪れる がんの発覚・・・
厚生労働省の統計によると現在、日本では、3人に1人が「がん」で亡くなっている
ライフスタイルの変化により、乳がんや、肺がん、大腸がんなど、近年 急速に増えつつあるがんもあり
がん は、決して人ごとではない病気だ。 今、そんな「がん」の医療環境に、新しいモデムが誕生している…
それが「チーム医療」と呼ばれるものだ
これは、一人の患者に対して多くの医者、看護師、様々な科がチームをつくるというものである。
今までのがんの医療の欠点として、主治医一人の考え方によって治療内容が大きく変わるケースや
内科と外科の対立などがあり結果として最善の医療が実現できなくなることがあるという点があった。
この関係をなくし、外科と内科などの壁を取り去り、それぞれの立場からの提言を互いに
フィードバックしながら医療を行うというのがこの「チーム医療」の考え方だ。
もちろん この構造の中心には患者が位置し、患者もチームの一員として捉えられる。

「声帯を切るしかない…」一般の病院医師にそういわれた患者がチーム医療を実施している病院へいった。
結果、患者の声帯を残して、がんを切除することができた。患者の人生が大きく変わった。

チーム医療を取材したとき、そこには手術の技術が高いだけではない、病院の地道な取り組みを見つけた・・・
チームで取り組むがん治療がこの先、日本の がん治療をそして患者の人生を大きく変えていくのかもしれない


(紹介した病院)
静岡県立静岡がんセンター
 〒411-8777
 静岡県駿東郡長泉町下長窪1007
 電話 055-989-5222(代)
FAX 055-989-5783


2012/09/25 (火)    個別ページへ
<<前へ
次へ>>
 
 
    
    
 
  • 放送内容
  • 小倉が斬るニュース
  • のぞき見!リアル とくキュウ
  • 木曜のおぐら家
  • 脳活Johnny!
  • NY事件企画
  • お知らせ
 
 
月刊アーカイブ