WEBとくダネ!〜とくダネです。

“インフルエンサー”になりたい人は要注意!ウソ勧誘「インスタで稼げます」

“インフルエンサー”になりたい人は要注意!ウソ勧誘「インスタで稼げます」

2017年10月31日 (火)
公式ツイッター @web_tokudane



「あなたの写真が、今すぐお金に変わる!」
「月収200万円以上稼いでいる人もいます!」

“インスタ映え”するランチやディナー、フォトジェニックな景色の写真、さらに動画を投稿するSNS「インスタグラム」。今や若い女性を中心に利用者は増え、世界的に有名なジャスティンビーバーや渡辺直美は100万人以上のフォロワーを持つなど、社会現象となっている。
しかし、“怪しい勧誘”が問題になっていることもご存じだろうか?
消費者庁はきのう、ウソの勧誘を行っていたとして業者の名前を公開して注意を呼びかけた。



公表された「アイデア」という都内の株式会社は、「カシャカシャビジネス」というサイトを開設し、巧妙な手口で消費者に教材やアプリを購入させていたという。





そもそも「カシャカシャビジネス」でのお金の儲け方は下のようなものだった。
1、 写真を撮る→ 2、撮った写真をインスタグラムに掲載→ 3、写真が売れると収入になる
しかし、スマホやSNSにも詳しいITジャーナリストの富永彩乃さんはこう断言する。



富永「出来ないですね。残念ながら。まずない」



「カシャカシャビジネス」は、インスタグラムの写真やコメントの閲覧をしていると、WEBサイトへと導かれてしまう。
そこでは、魅力的な宣伝文句や素敵な写真の撮り方を記載した情報商材を10万円が2万円になるという値引きで、売り込んでくる。そこで2万円を払うと、「カシャカシャブック」という情報商材のPDFファイルがメールで届く。
その内容は体験談のほかに「3日間でフォロワー50人集めると3万円をプレゼント」と書かれていて、実際に報酬が支払われていたという。確かに2万円を払った人は、1万円利益が出たので、ここで信用してしまう。すると、さらに高額の勧誘が待っているのだ。





しかし、企業からお金をもらっている人もいる。それは、多くのフォロワーを持つ“インフルエンサー”という他ユーザーへの影響力が大きい人のことだ。



今回のインタビュー取材で偶然出会ったのはインスタグラムのフォロワーが約5000人(取材時)という女性。



ゴルフのプレー動画やグッズ、さらにゴルフ場からの景色をアップしていたのだが、フォロワーが3000人、動画再生が1万回を超えたところで、ゴルフ関連の企業から自社商品を身に着けて写真を取っていただけないかなどと、連絡が来た。その謝礼は、1万円ほどだったという。
富永さんによると5000人から1万人のフォロワーを持つインフルエンサーが注目されているのだという。



富永「有名な人よりも5000人から1万人の(フォロワーを持つ)方が人気がある」

100万人を超える有名人よりも5000〜1万人のフォロワーを持つ方の方が、より身近に感じるため企業からのオファーもあるというのだ。

なれるのであれば、なってみたいインフルエンサー。しかし、中江さんはこう忠告する。



中江「インフルエンサーになるのは、それなりに努力が必要なんです。写真はもちろん、見られる物をきちっと作るんですから簡単なビジネスにはなり得ないんですよね」


消費庁は、今回とは別の事業者が同様の手口で消費者被害を引き起こす可能性もあるとして注意を呼び掛けている。



ちなみに、とくダネ!もインスタグラムをやっているが、放送前のフォロワーは約3000人。
小倉にも「それって恥ずかしい数字でしょ」と言われてしまったが、これからもっと増えていってほしいと思っているので、これを見たあなたは是非フォローしていただきたい。


とくダネ!SNSアカウント三きょうだいをよろしくお願いいたします!
☆公式Facebook とくダネ!(@tokudane.official)
☆公式Instagram 【公式】とくダネ!(tokudane_official)
☆公式Twitter とくダネ!【公式】(@web_tokudane)


キーワード: ニュース
  • 出演者コメント(0)
  • Twitter
  • Facebook
コメントを投稿する
このページのトップへ