WEBとくダネ!〜とくダネです。

激ウマ!地方食材の人気ホテルビュッフェで秋の食欲を満たそう

激ウマ!地方食材の人気ホテルビュッフェで秋の食欲を満たそう

2017年10月31日 (火)
公式ツイッター @web_tokudane





工事用の一輪車に乗った大きなキャベツとモニターに映った山盛りのイクラ。これらはあるホテルのビュッフェ用の食材。

今回は、食欲の秋のお腹をいっぱいにしてくれるホテルビュッフェの裏側をのぞき見!
実は近年、競争が激化するホテルビュッフェでは“地方食材”が人気となっているという。
一体どんな料理が並んでいるのか、平野早苗リポーターがおいしい現場を取材した。




ただいま東京ドームホテルでは「北海道フェア」を開催中。
(現在はフェアの第二弾で11月30日まで開催。第三弾は12月1日〜20日)
ディナーが大人4,860円、4歳〜小学生1,404円、65歳以上4,212円で、北海道ならではの海の幸や山の幸を中心に50種類以上の料理が食べ放題になっているのだ。



たくさんのお客さんが集まっているのは、北海道グルメを代表する山積みのカニ!



スプーンで何杯でも取り放題のイクラ!
過去最高となる約11万人が訪れた去年は、イクラを2.5トン仕入れたというが、今年はいったい何トンのイクラがお客さんを笑顔にするのだろうか。
逆に、ホテルビュッフェを統括する野上秀利シェフは、ちょっと困り顔…



野上シェフ「たぶん2杯目ぐらいでもう赤字だと」

実は、イクラは1人あたり丼ぶり2杯で赤字になってしまうのだ。しかし、お客様に喜んでいただくためフェアの最後まで頑張ると決意を語ってくれた。
さらに、野上シェフの努力はハンパなものではない!イクラの値段交渉だけでなく、自ら北海道に足を運んで絶品グルメのレア食材を集めているのだ。



こちらは、100頭に2〜3頭しかいない希少な「かみこみ豚」の炒め物。
赤身肉の間に脂が、かみ込んで(入り込んで)いるので、肉と脂の旨味を存分に味わうことができるという。



そして、成熟する前の数日間しか獲れないため、幻と呼ばれる「棹前昆布(さおまえこんぶ)」を、ぜいたくに使った水餃子。



重さ20キロにもなる巨大キャベツ「札幌大球(さっぽろだいきゅう)」を、キャベツそのものより高い採算度外視の送料をかけて取り寄せ。
葉の一枚一枚に魚のムースを塗って再び重ね、特製スープで3時間煮込んだファルシのお味を平野レポーターが体験した。





平野「やわらかくなっています。いいお出汁が出てキャベツの甘みとうまく合ってますね」




一方、横浜市の高級ホテル、横浜ベイシェラトンでは、博多のうまいもんが勢ぞろいする「福岡フェア」を開催中(11月30日まで)。
準備に4年の歳月を費やしたイベントは、スタートして2週間で5000人以上が訪れるほど人気となっている。
そこで振る舞われているのは…



博多っ子が愛してやまない、明太子盛り放題のお茶漬け。



通常の鶏より旨味成分が豊富な福岡のブランド鶏、「はかた一番どり」をたくさん使った水炊き。

これら、少し渋いラインナップではあるが、これには理由があるという。
料理長の南シェフは…



南シェフ「今、インスタ映えする料理が流行っていますが、下手に調理しないで、素材そのものを味わっていただきたい」

こちらのフェアは、ターゲットを大人に絞り、味の分かる大人に、あえての渋めのグルメで勝負をかけているのが特徴なのだ。



もう一つのこだわりが、福岡食材を目の前で調理するライブキッチン。
調理の音や香りが食欲をそそる。



玄界灘から届いたアナゴをたっぷりのごま油で揚げた天ぷら。
香ばしい香りが漂う、揚げたてサクサクを頂ける。



ジューシーな「はかたもち豚のステーキ」は肉を焼く音までおいしそう。



さらに博多といえば忘れちゃいけない、豚骨ラーメン。これも目の前で作ってくれる。
“地方食材”にこだわるホテルビュッフェは、シェフの情熱がお客さんを笑顔にしていた。
一方スタジオでは、平野リポーターのVTRが出演者を全員、腹ペコにしていた。



小倉「うまそうだな!いい思いしてるのは早苗ちゃんだけだよ」

コメンテーターの中江有里さんも、地方の特産品は大好きだという。



中江「わたし、デパートの物産展などの催事は行くんですけど、ホテルの『地方食材』ビュッフェは初めて知りました。…お腹すきますね〜」

デザイン書家の山崎秀鷗さんはよほどお腹が減ったのか、小倉から話をフラれる前に“食い気味”で話し出した。



秀鷗「しゃべってもいいですか?わたしエビとかカニとか大好きで、なんかよだれが垂れてきちゃった。でも豚骨ラーメンもいいね、どうしよう」

紹介した2つのホテルビュッフェはどちらも開催中。
さらに、今回はディナーメニューを取材したのだが、ランチタイムなら一部メニューが変わるが、さらにお手頃な価格で楽しめるので、みなさんもご賞味してみてはいかがだろうか。


とくダネ!SNSアカウント三きょうだいをよろしくお願いいたします!
☆公式Facebook とくダネ!(@tokudane.official)
☆公式Instagram 【公式】とくダネ!(tokudane_official)
☆公式Twitter とくダネ!【公式】(@web_tokudane)


キーワード: グルメ知っ得情報
  • 出演者コメント(0)
  • Twitter
  • Facebook
コメントを投稿する
このページのトップへ