WEBとくダネ!〜とくダネです。

大パニック起きた東京駅記念Suicaついに再販!ところが新たな問題が…

大パニック起きた東京駅記念Suicaついに再販!ところが新たな問題が…

2015年02月03日 (火)
公式ツイッター @web_tokudane

「見通しが甘かった。多くて『5000人』と見積もっていたが予想人数をオーバーした…」

これは去年12月、東京駅開業100周年記念Suicaの販売で大パニックを招いてしまったJR東日本のコメント。



発売当日に並んだ行列は『1万人』を軽くオーバー。
予定していた限定1万5千枚のうち、約8000枚だけ売って中止にしたもんだから、罵声が飛び交う騒動が勃発したのだ。
JR東日本は、希望する全員が購入できるよう増刷すると約束したのだが…

年を超えて迎えた先週金曜日。
改めて発売するこの日のためJR東日本は『10万』枚のSuicaを用意した。
そして受付が始まり、きのうまでの申し込み枚数は…なんと『約170万』枚!

今度は見通しの10倍以上、最初の限定数の100倍以上の購入希望が集まってしまったのだ。
このままでは、もちろん全員に行き渡らない。
そこで急きょ「用意した10万枚のSuicaを買える人は抽選で選ぶ」ことになった。
当選した人は、代金を期日まで振り込めば3月中にSuicaが届く。
落選した人は、増刷でき次第発送して4月以降のいつだか分からないけど全員に届くという。



だがこれで問題は終わりではない。
去年の発売中止直後は定価2000円のSuicaがオークションで、20万円の根を付けるほど高騰!
しかし、全員購入できると発表されると一気に下落!

そして今、抽選方式になったことでオークションサイトでは、再び値上がりの気配をみせ、
高くて5000円の値段がついている。つまり、また転売騒動が起きる可能性があるのだ。

小倉「見通し甘かったと言われても、大量に印刷しすぎても大変ですから」
菊川「在庫抱えちゃいますからね」

マニアじゃない人はそう言うが、ここは公平に増刷してから一斉配送とかにならないのだろうか?


キーワード: ニュース
  • 出演者コメント(0)
  • Twitter
  • Facebook
コメントを投稿する
このページのトップへ