門脇麦さんがラスボス“死神”役で登場! 北川景子さんとの初共演で、 DV被害者と人格障害者、W演技に挑戦!

昨夜放送となった第10話で、紗崎玲奈(北川景子)が追い続けていた悪徳探偵=「死神」の正体が、玲奈と琴葉(川口春奈)が保護していたDV被害者の市村凜(門脇麦)だったことが判明しました。夫・沼園賢治(姜暢雄)からのDVにおびえるか弱い女性だと思われていた凜は、実は、人格障害を患い狂気的な性格を持つ人物だったのです。

9月17日(木)放送の最終話では、ついに玲奈が凜と対峙!凜は狂気をはらんだ暴力的な言動で、玲奈を窮地に追い込んでいきます。その恐ろしいほどに鬼気迫る演技は、数々の話題作で“怪演”を見せてきた門脇さんの真骨頂と思えるもの。初共演の北川さんにどんな演技で挑んでいくのか、北川さんがそれにどう返していくのか、そして結末はどうなるのか…。衝撃的な最終話をどうぞお見逃しなく!

門脇麦さんコメント

Q 北川景子さんの印象は?

お会いする前から、お美しい方というイメージでした。実際に会っても、やはり「お美しいな」って(笑)。バラエティーに出られているのも見ていたので、“イメージと違う”みたいなものはなかったです。世間のイメージはクールビューティーなのかもしれないですけど、私が感じたのは、とても気さくでフランクな方という感じです。

Q DV被害者と狂気の探偵。全く性格の違うふたつのキャラクターを演じられました。

DV被害者の時は、「DV被害者の人」という感じ、後半は変わってくるんですけど、そこは別の人格というか、「別の役」という感じで演じたら何とかなるかな、と思いました。まだ撮影の途中なのですが、これからどうなるのか、私も知りたいです。

Q 今までこういった役を演じたことはありますか?

初めての役です。

Q ドラマの見どころはどこだと思いますか?

ハードボイルドな作風、最近では珍しいダークヒロインという設定、本格的なアクション。そういった部分が魅力的なドラマ、主人公・玲奈というひとりの女性が負った傷が、今関わっている人たちのなかで癒えていくのか? そして、彼女のなかで湧き上がってくるものが何なのか? そこが一番大事なところだと思ってます。私が演じる市村凜と玲奈が絡むことでどう変わっていくのか、玲奈がどう一歩を歩き出していくのかっていうところに、うまいきっかけとなる存在になれたらいいなって思います。

Q 視聴者へのメッセージをお願いします!

私も原作を読んでいて、“まさかこの子が!”と思いもよらなかったです。市村凜は最後の最後に出てくる役なので、不安でいっぱいですが、作品の足を引っ張らないように頑張りたいと思います!


投稿時刻 :11:30:00

コメント




コメントを投稿


 


名前
コメント
 
 プレビューする

 
 

投稿されたコメントはエントリー投稿者が承認するまで表示されません。
< PREV