JYさん(=知英)が表敬訪問

2016.08.29
JYさん(=知英)が
ドラマのスタジオを表敬訪問

先行フル配信した新曲『好きな人がいること』が12冠達成という偉業を成し遂げたことでも話題のJYさん(=知英)が、8月31日(水)のCD発売を記念して、『好きな人がいること』の撮影現場に表敬訪問を行いました。
今夜29日(月)夜9時には第7話が放送されますが、その7話の撮影が行われていたこの日、現場のスタジオを訪れた
JYさんは、主演の桐谷美玲さんほか、三浦翔平さん、菜々緒さん、浜野謙太さん、佐野ひな子さんらキャストがそろうサーフショップ『LEG END』のセット入り口から、まるで本当のお客さんのように入店、出演者を驚かせました。少し緊張気味に自己紹介したJYさんですが、あたたかく迎えてくれたキャスト一同に、
「みなさん撮影で大変だと思いますけれど、頑張って下さい」
と労いの声をかけました。
始終和やかな雰囲気で表敬訪問は終了しましたが、終了後も
JYさん桐谷さんと女子トークに花を咲かせました。
主題歌の感想を聞かれた桐谷さんが、
「本当に可愛い曲で、ドラマにぴったり合っていて、みんな現場で歌っています」
と答え、
「特にキャストの中だと誰が1番歌っていますか?」
との質問に、
「夏向です。山ア賢人くんですね。歌っているだけじゃなく踊っています」
と言う桐谷さん
JYさん
「そう言えば、前にお会いした時も山アさんが踊ってくださいました」
と、先月、主題歌を初披露した『2016 FNSうたの夏まつり〜海の日スペシャル〜』で
桐谷さん山アさんが応援に駆けつけた際の様子などを語りました。
ドラマの撮影現場内でも主題歌『好きな人がいること』が出演者を中心に愛されていることを知り、
大喜びのJYさん
ドラマの初回放送では、主題歌が初めて流れた瞬間、思わず自宅のテレビのボリュームを大きくして、飼っている2匹のネコをビックリさせてしまったとのこと。そして毎週、オンエアを見るたびに主人公の美咲に感情移入して、キュンキュンしながら見ているそうです。
また、印象に残っているシーンについて聞かれたJYさんは、夏向がボートで美咲を連れ出し、夕日の綺麗な岩場でほっぺたを触るシーンをあげました。ドラマのいちファンとして、この後の展開にも大いに期待していると言う
JYさんは、
「暑い中の撮影はたいへんだと思いますが、これからもキュンキュンさせてください」
と主演の桐谷さんを改めて奨励し、スタジオを後にしました。

スペシャル・ダイジェスト放送決定!

2016.08.26
『好きな人がいること』が待てないあなたへ!
スペシャル・ダイジェストを放送!

通称“スキコト”で親しまれている『好きな人がいること』。前回放送(第6話)で、飲食業界のカリスマ・東村了(吉田鋼太郎)から千秋(三浦翔平)がレストランを手放そうとしていると聞き、駆けつけた夏向と美咲(桐谷美玲)が、レストラン事業譲渡契約書にサインしようとしている千秋を発見。どういうことかと問い詰める夏向に、三男の冬真(野村周平)が「俺と兄ちゃんの本当の兄弟じゃなかったんだよ、夏向は」と衝撃の真実を明かしました。さらにエンディングは、海を眺める4人の背中から夏向の姿だけが消えるという驚きの映像で幕が閉じるという先の読めないシリアスな新展開に「え、どうなるの?」、「夏向が消えた!」、「美咲ちゃん、助けてあげて!」、「次の放送が待ちきれない!」と多くの反響が寄せられています。
そして、視聴者のみなさまに大きなどよめきを残した第6話放送から2週間、8月29日(月)の夜、いよいよ待ちに待った第7話が15分の特別拡大で放送されます。すでに解禁された7話予告動画では、美咲と夏向がいつもの湘南ではなく、広島は尾道の海を眺めているシーンなども差し込まれ、これまた怒濤の急展開が予想されます。
そんな中、8月27日(土)午前11時25分からスペシャル・ダイジェストの放送が決定しました。
題して『スキコト7話直前SP!! 15分拡大で送る怒涛の急展開!! 桐谷&山ア&三浦&野村に楽しむポイント聞いちゃいました!!』
“スキコト”出演者から
桐谷美玲さん、山ア賢人さん、三浦翔平さん、野村周平さんの4人が登場し、これまでの放送を振り返って選んだベストシーンを紹介。さらに最新話の見所をそれぞれが語り、待ちきれない第7話の放送を先取りしちゃいます。
ダイジェストのナレーションを担当するのは、波乱の展開のキーパソンとして登場する西島愛海役を演じる
大原櫻子さん。ミステリアスな存在だった愛海の物語が第7話でついに展開されますが、歌手としても不動の地位を築いている大原さんが、そのキュートな美声で“スキコト”の魅力をお伝えします。

さらに、翌日の8月28日(日)深夜27時15分〜27時55分には第6話の再放送も予定しています。
スペシャル・ダイジェスト『スキコト7話直前SP!! 15分拡大で送る怒涛の急展開!! 桐谷&山ア&三浦&野村に楽しむポイント聞いちゃいました!!』の放送は、
8月27日(土)午前11時25分から。
8月29日(月)午後9時から15分特別拡大でお送りする
『好きな人がいること』第7話と合わせて、お見逃しなく!
※ご覧の放送局によっては、ご視聴できない場合もございます。予めご了承ください。


 

第6話の副音声が決定!

2016.08.13
三浦翔平さん&
野村周平さんの
副音声が決定!!
兄弟ふたりと一緒に第6話を楽しもう!

第4話放送で行われた副音声企画では、野村周平さん浜野謙太さんマイアミDが本音トークをさく裂させ、大きな反響を呼びました、そこで、その貴重な出演者のウラ話が聞ける副音声企画が第6話の放送でも叶うことになりました。
8月15日(月)放送第6話の副音声に登場するのは、第5話でヒロインを思いっきりふったと話題の長男・千秋を演じる
三浦翔平さん
そして柴崎三兄弟の秘密の鍵を握っていく三男・冬真を演じる
野村周平さんの二人
日頃、撮影の合間にも本物の兄弟のような仲の良さをみせている二人が、波乱の展開を迎える第6話をリアルタイムに盛り上げます。果たしてどんな面白トークが展開されるのでしょう?
三浦さん野村さんと一緒にわいわい騒ぎながらオンエアを見る貴重な1時間が実現します!
見逃せないこのチャンス!
『好きな人がいること』第6話をお楽しみに!

新キャラ役で池端レイナさんが出演!

2016.08.11
新キャラに台湾の大スター、
池端レイナさんが決定!
日本のドラマ初出演!

新章突入ともいえる新たな展開を迎える第6話から、新キャラクター役で台湾で大活躍する女優、
池端レイナさんが出演することになりました! 池端さんは、現在、台湾の人気ドラマ『美好年代』で主演としてマドンナ役を演じていて、日本と台湾を行き来しながら、今回の月9出演を叶えたのです。
日台合作映画『一分間だけ』(2014年)の出演をきっかけに台湾に渡った池端さんは、バラエティー番組の総合司会や映画『THE BRIDE』に出演するなど、当地でトップスターとして活躍。モデルとしても台湾版『ViVi』で日本人初の単独表紙を飾り、『LEINA』名義でCDデビューも果たしています。
そんな池端さんが演じるのは大橋尚美という名の30歳のキャリアウーマン。柴崎家が経営するレストラン『Sea Sons』がコラボすることになる有名レストランの敏腕プロデューサーで、かつて夏向(山ア賢人)をシェフに誘ったことがあるほど、その腕を買っている…という設定です。一流パティシエになるという夢を持ち続ける美咲(桐谷美玲)にも、今後、大きな影響を与えていく存在となります。
池端レイナさんコメント
Q・出演が決まった際の気持ちを聞かせて下さい。
「月9に出るということは私の大きな目標だったので本当に感激です。出演が決まったと聞いたときは、感動のあまり泣いてしまいました。しかしプレッシャーが大きいです。素晴らしいキャスト、スタッフの皆さんにご迷惑おかけしないよう、一生懸命演じさせていただきたいと思います。台湾でもいまドラマで主演をやらせていただいているので、日本と台湾の両方で連ドラに出演できるという、私にとって本当に最高の夏になりました」
Q・このドラマの感想を教えてください。
「“ひと夏”という言葉がありますが、この言葉ってまるで魔法のような言葉だなと思います。まさにこのドラマも、ヒロインがひと夏の冒険を通して恋に仕事に自分と向き合いながら沢山の経験をしていくお話なのでぴったりだと思います。恋や仕事でうまくいかなくて悩んでいる人も、ひと夏の体験を通して成長し、自分の幸せが何なのかを見つけていくヒロインの姿に共感することができると思います。実は私も初めて台湾に行ったのが夏で、まさにひと夏の冒険をしたので、ドラマを見て共感するところがたくさんあります」
Q・ご自身の役をどのような人物と?
「この役には実際にモデルの方がいて、事前に資料や映像をみさせていただいたのですが、目標のために一直線で、絶対に妥協しない、成功のためにはどこにでも飛んでいくパワフルな本当にすてきな方です。実際にモデルとなった方は男性なのですが、大橋尚美は女性なので、女性が仕事で沢山の経験をしてきたからこそ出てくるオーラや強さをしっかりと演じ、ひとりの女性として憧れられるような女性を演じたいと思っています。そんなかっこいい方を演じる上で難しさもありますが、私も彼女のような女性になりたいと個人的に思いました。ちなみに台湾では今17歳の役を演じているので、30歳のキャリアウーマンと17歳の高校生役、そのギャップが大変です」
Q・撮影現場の雰囲気はいかがでしたか?
「日本のドラマの現場は慣れていなくて最初は緊張したのですが、皆さん明るく受け入れてくださって、とてもリラックスして演じることができました。素敵なキャスト、スタッフの皆さんだからこそ、この作品は本当に素敵な作品なんだなと、現場で改めて思いました。また、撮影の合間に桐谷さんと山?さんが話している様子が本当にかわいらしくて、夏の青春そのものだなと思いました」
Q・意気込など、放送を楽しみにしている皆さんにメッセージをお願いします。
「この役のモデルとなった方が“人生の分かれ道に立つと、必要な環境に誰かが放り込んでくれる”とおっしゃっていて、まさにこのドラマのヒロインの運命そのものだと思いました。この先、美咲や夏向と仕事をする中で、大橋尚美がどのように関わってくるのかにも注目していただけたらうれしいです」

藤野良太プロデューサー
「大橋尚美という役は、当初から池端レイナさんをイメージしてキャラクターを膨らませていきました。昨年、池端さんとお会いする機会がありました。その時に感じた知的でスタイリッシュでありながらチャーミングな人柄と、何より日本とは違う環境に自ら飛び込み活躍されているそのバイタリティに感服しました。大橋尚美は世界でも注目されるプロフェッショナルなレストランプロデューサーであり、主人公・美咲の仕事面での成長に関わる登場人物です。池端さんは日本のドラマ出演はこの作品がデビューとなりますが、彼女であればその役柄を十二分に演じ切ってくださると確信しています」

新キャラ登場で先の見えない展開も待ち構え、ますます見逃せない
『好きな人がいること』第6話
8月15日(月)午後9時から放送。
お楽しみに‼︎

<<前のページへ   次のページへ>>