飯豊まりえさんの出演が決定!

2016.05.27
ティーンズのカリスマモデル、
飯豊まりえさん出演決定!
野村周平さん演じるプレーボーイな
三男役を捕まえることはできる?

『好きな人がいること』に、飯豊まりえさんのレギュラー出演が決定しました。
飯豊さんが演じるのは、野村周平さん演じる柴崎家の三男・冬真の調理師学校の同級生、二宮風花(にのみや・ふうか)。学校をさぼってばかりいる冬真のことを心配しつつ、プレーボーイでお調子者の冬真に振り回されているという役どころです。柴崎三兄弟と一緒にひとつ屋根の下に住むこととなった櫻井美咲(桐谷美玲)とどのように関係していくのか? に、ご注目ください。

飯豊さんは、2008年ファッション雑誌『ニコプチ』にてモデルデビュー。その後、『ニコラ』、『セブンティーン』と専属モデルをつとめ、モデル界のエリート街道を進みます。2014年から『めざましテレビ』のイマドキガールとしても活躍して、ティーンからの圧倒的な人気を誇っています。また、女優として『世にも奇妙な物語』(2012年)や『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(2015年)、NHK連続テレビ小説『まれ』(2015年)などの作品に多数出演し、6月18日公開の映画『MARS(マース)〜ただ、君を愛してる〜』でもヒロインに抜てきされるなど、ブレーク間近の若手女優として呼び声も高まっています。

飯豊まりえさんコメント
Q・出演が決まったと聞いて時の感想は、いかがでしたか?
「夏といったら胸キュンの月9、すてきな作品に私も携わるとこができること、とてもうれしく思っています! きゅんとしてもらえるような女の子を楽しく演じたいです!」
Q・共演者のみなさんについて?
「今回、初めてご一緒させていただく、桐谷美玲さんをはじめ豪華なキャストさんと共演できることがすごく楽しみです。プライベートでも仲良くさせていただいている大原櫻子ちゃんや佐野ひなこちゃんもいるので安心しています!」
Q・視聴者のみなさまへのメッセージをお願いします。
「この夏、『好きな人がいること』をみて一緒にキュンキュンしましょう! ぜひご覧ください」

藤野良太プロデューサー
「飯豊さんは4年前にドラマに出演していただいたことがあり、今回久しぶりに作品づくりをご一緒することになります。当時、14歳の時から天真爛漫(らんまん)な魅力と、どことなく影というか、切なさが同居している魅力ある女優さんだなと思っていました。18歳になり、女優として成長を続ける彼女は、今後間違いなくドラマや映画で大切なポジションを担っていく女優になって行くと思います。飯豊さんの魅力を引き出せるように制作陣一同頑張りたいと思います」