【地上波】リトルなでしこ、世界連覇に王手
2年に一度の、FIFA U17女子W杯ヨルダン。
世界連覇を狙う『リトルなでしこ』が、日本時間きょう深夜、最強のライバル・北朝鮮との 決勝に挑みます。

今大会、日本戦は、ずっとフジテレビNEXTで連日お伝えしてきましたが、
今夜は、地上波でも緊急生中継!!(首都圏のほか、いくつかのエリアでご覧いただける予定です)
CSでも放送。ただし【フジテレビONE】での生中継です(フジテレビNEXTでは録画放送)。ご注意ください。

解説は、加藤與惠(ともえ)さん。元なでしこジャパンで、息の長い活躍で時代を作った名ボランチ。あの澤穂希さんと、クラブでも代表でも最も長くともに歩み、澤さんを活かし続けた、いわば名脇役です。前回のリトルなでしこ世界一の時も解説をご担当いただきました。

ゲスト解説に、現役なでしこ・宇津木瑠美選手。クラブでも代表でも加藤さんの後輩。仏・モンペリエで長く活躍後、この夏、米・シアトルレインに移籍。新生なでしこジャパンではますます中核となるはずの、頼れるレフティーユーティリティーです。

地上波のスタジオMCには、もちろんジョン・カビラさん。そして、アナウンス室のリトルなでしこ(?)鈴木唯アナウンサーがご一緒します。
CSのスタジオ進行は、渡辺和洋アナウンサー。実は彼も、なでしこの取材・中継に長く携わってきたひとりです。


試合を重ねるたびに、ぐんぐん強くなる彼女たち。苦戦の経験すらも、次の試合に活かせる、吸収力・対応力。目をみはるばかりです。
しかも日本の強みは、特定のスタメンに頼らなくても、誰が出ても結果が出せること。現に登録21人全員が、今大会に出場。準決勝スペイン戦も、前戦で大活躍したエースFW植木を温存も、途中押し込まれながら、結局快勝。
そしてなにより、21人全員が、うまい、強い。攻撃のアイデア・イマジネーションも豊富。これまで男子のユース世代を手掛けてきた楠瀬(くすのせ)監督の、のびのび楽しく、という方針どおり、世界がうらやむ戦いぶりを見せています。

チームの軸は、キャプテンでMF・長野風花(ふうか)。唯一の前回優勝経験者です。
視野の広さ、危険察知能力、ハートの強さ、したたかさ、クレバーさ。目立たないけれど、いち早くピンチの芽を摘み、チャンスの起点となる。背番号10を目で追うだけで、彼女のクオリティーはすぐにわかるはずです。


ライバルは、昨年アジアの決勝で敗れた相手・北朝鮮。1-0ながら、相手のパワーやタフネスの前に完敗だった、と誰もが振り返ります。そして、この敗戦で、彼女たちの取り組みが一段と変わったといいます。
そして今回かなった、世界のファイナルでの東アジア頂上決戦。最高の舞台で、最高のライバルに勝って、連覇という最高の結果を手にすることができるでしょうか。

復権をかけるなでしこジャパン、その近未来に必ずやつながる、大事な一戦。
ぜひとも、見守ってやってください。
私も、彼女たちの願いはかなうと強く信じて、5大会連続で決勝のマイクロフォンに向かいます。


投稿:青嶋達也 | 16:58 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) | 青嶋達也
RSSリーダーに登録
【今夜BS】新生なでしこ スウェーデン戦
高倉新監督が率いる、新生なでしこJAPAN。先月の対アメリカ2連戦に続いて、今夜はスウェーデンとの試合。今回もアウェーです。

今夜22時59分からBSフジで独占生中継です。解説は元なでしこJAPANのGK・山郷のぞみさん(11年W杯優勝メンバー)、実況あおしまでお伝えします。


スウェーデンも、アメリカ同様五輪の常連。今夜日本と対戦するのは、リオ行きが決まった最終メンバー18人(+補欠の4人)です。
実はスウェーデンはなんとすでに、今夜の日本戦のスタメンを発表しているのですが、
5年前のW杯準決勝日本戦でも活躍したロッタ・シェリーンたちはきょうはベンチスタート。
新興勢力ものびてきているようで、例えば前線に先発起用は、20歳のブラックステニウス。去年のU19ユーロの得点王が、日本戦での腕試しを経てリオに向かうわけです。


さてリオ行きは逃したけれど、3年後のW杯へ、そして4年後の東京五輪へ。従来の主力たちも、大抜擢された新戦力たちも、勝ちにこだわりつつ、とにかくチャレンジあるのみ。先月のアメリカ戦で見られた キラリ輝く可能性を、存分に伸ばして次につなげてほしいものです。

今回とくに楽しみなのは、代表初選出の國澤志乃選手。今季1部に初昇格した長野パルセイロ・レディースの快進撃を支えるMF「アンカー」です。
豊富な運動量と守備力。今季初頭に長野へ取材にお邪魔した折、彼女のプレーぶりが気になり、本田監督に聞くと「代表に選ばれてもおかしくない」と太鼓判だった存在。あれから3ヶ月。ほんとうに代表に選ばれて、取材者としてもちょっぴりうれしくもあります。
ちなみに彼女は昼はフジテレビ系列の長野放送勤務。夕方からパルセイロのトレーニングへ、という日々。
アメリカとの初戦で同点弾を奪った同僚の横山選手ともども、國澤選手はスウェーデンから(とくに長野県内に)どんなパワーを送ってくれるのでしょうか。

リオ本大会目前で、注目は当然どうしてもそちらに向かうわけですが、
五輪の晴れ舞台への「かえり咲き」を図るなでしこたちの 新たなチャレンジにも、ぜひいまのうちからご注目いただければ幸いです。


投稿:青嶋達也 | 14:53 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) | 青嶋達也
RSSリーダーに登録
女子バスケ 日本×オーストラリア
新潟県長岡にいます。火曜日夜のBSフジでの中継に備えて、取材中です。

両チームとも、リオ五輪本番を見据えた大事なタイミングで迎える、3連戦の初戦。川淵会長もここ「アオーレ長岡」にかけつけておられます。

選手紹介では、場内暗転後、コート上から花火がブワー、でびっくり。
オーストラリアのキャンベージ選手の2メートル5センチにも、あらためてびっくり。

久々五輪行きをつかんだ日本女子にとって、五輪常連オーストラリアとの、いわばチャレンジマッチ。記者席も熱を帯びてきました。さあ、ティップオフ!


投稿:青嶋達也 | 17:04 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) | 青嶋達也
RSSリーダーに登録
ナビスコカップあす開幕
朝一番の高速バスで、鹿島アントラーズのクラブハウスにおじゃましています。

プレスルームに貼ってある過去のポスターをあらためて見ると、ずいぶんメンバーが入れ替わったなあ、としみじみ。でも強さであったり、アントラーズらしいプライド、勝つことへの執念は不変で普遍。なかなか他のチームが真似したくてもできない何かを、このチームはやはり持っているように思えます。だからこその、ユニフォームに刻まれた星の数。

Jリーグヤマザキナビスコカップ・前年度カップウイナーの、連覇をかけた初戦を、あす夜カシマから生中継でお伝えします。
金崎・昌子・植田ら代表勢が不在の鹿島。対する甲府は、今季も残留サバイバルへ全力注入、しかし強力な得点源クリスティアーノを擁します。

フレッシュな戦力にも注目。鹿島だとたとえばユース生え抜きの鈴木優磨。甲府にも、名古屋ユース出身の森晃太というキレキレの高卒ルーキーが。

解説:清水秀彦さん、リポート:小穴アナ。フジテレビNEXTで23日18:50から生中継。再放送もあります。



また同時刻、フジテレビONEでは、川崎フロンターレ×横浜F・マリノスを生中継。解説:山口素弘さん 実況:小野アナ リポート:高木聖佳さんでお伝えします。
なにしろ川崎、目下J1首位ですから。ちょうど先週末、甲府に圧勝した試合を小瀬で取材しましたが、なるほど首位なわけだ、と納得させる充実ぶり。とくにピッチ上の指揮官・中村憲剛の、円熟の戦術眼と、相手をあざむくパスと、ゴールへの迫力と、ウーイェイ。

投稿:青嶋達也 | 09:12 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) | 青嶋達也
RSSリーダーに登録
東京競馬場
ジャパンカップに外国から参戦する4頭の調教取材。今朝は一般のファンも熱視線を送っておられました。夜明け直後、ちょうど各馬が姿を現した時分が、冷たい雨のピークでした。みなさま風邪をひかれませんように。

会見を待ちながらの軽食は、迷わず豚汁をチョイス。具だくさんで暖まり、救われました。

さて今回、イトウというドイツ馬も参戦。おそらく逃げ先行。となると、実況でもおのずと多目に言うことに。
では、アクセントは?
イを高く言うか、「伊藤」と同じか。会見後調教師さんに単独直撃しても、どちらでもいいのでは、とのお答えで。うーん。会見場でラジオ各局アナのみなさんと、どうする?と情報交換。

モヤモヤ(?)を抱えたまま、こんどは代々木第二体育館へ。バスケ・インカレ、男女熱戦の取材です。


投稿:青嶋達也 | 10:45 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) | 青嶋達也
RSSリーダーに登録
栗東トレセン
気温6度の表示。身が引き締まるけど、息が白くなるほどの寒さでは、まだありません。
ジャパンカップの最終追いきり取材です。このあと急激に慌ただしくなるはずです。


投稿:青嶋達也 | 06:42 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) | 青嶋達也
RSSリーダーに登録
待つのも仕事のうち
今週末からの東アジアカップ@中国に臨む、なでしこジャパンの直前調整を名古屋某所で取材しています。
ただし、きょうの午後練は、戦術徹底のためか、報道陣には非公開。

なのでスタジアムの、記者席ではなくロビーで、ミックスゾーンが開くのを他メディアの記者さんカメラマンさんたちと、じーーーーっと待っています。

投稿:青嶋達也 | 18:29 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) | 青嶋達也
RSSリーダーに登録
CLファイナル ベルリンから生中継
ドイツ・ベルリンは、ここ数日急激に熱くなったのだそうです。今週前半まで寒いぐらいだったのに、
とこちらの人は口をそろえます。昨日、中心街 ブランデンブルク門周辺で展開されている 
チャンピオンズリーグ決勝関連イベントを、解説の藤田俊哉さんたちと取材にでかけましたが、
強烈な日差しのもと、大勢のファン・観光客でごったがえしていました。さすが大都会・ベルリン。
気温は高くても湿度が低くからっとしているので、日陰に入ればしのげます。
なので、ジャケット着用でもなんとかすごせました。

さていよいよ、今年もファイナルです。今回は ユヴェントス対バルセロナ。名門中の名門対決。
どちらも新監督のもとで、どちらもすでに国内でリーグ戦とカップ戦の二冠達成。なので、
勝ったほうが三冠達成となる戦いです。
昨日の前日公式会見も、世界中のメディアでごったがえし、座る場所がなくて難儀しました。
公式練習は両者とも全部公開でした。

いろいろな切り口・さまざまな楽しみがある顔合わせなので、ここでは書ききれません。くわしくは
放送で随時ご案内いたしますが、いずれにしても、これは欧州クラブチームの頂点の座をかけた、
選手それぞれが人生すらかけた、究極の一発勝負。
攻撃力のバルサが、守りのユーヴェを圧倒する、という大方の下馬評通りには、
なかなか簡単にはいかないように思います。

メッシだけでもすごすぎるのに、ネイマールに、今季ルイス・スアレスも加わり、
前線の南米トリオで公式戦120点も奪ったバルセロナ。
直前の国王杯決勝での負傷が心配されたイニエスタも出場へ。
新戦力のラキティッチも、この決勝でもいいスパイスになるはず。
GKはバルサ新加入の若きドイツ代表 テアシュテーゲン。
昨日の公式会見でも雄弁だったピケと、ベテラン・マスチェラーノのCB。

一方12年ぶりファイナル進出のユヴェントスには、世界最高GKのひとり、ベテラン ブッフォン。
DF陣も、キエッリーニの直前離脱は痛手も、陣容の厚さと堅守イタリアのプライドでカバーか。
攻めでもテヴェスに、レアル出身モラタ。得点力だけでなく、労を惜しまないディフェンスの貢献も
見もの。ヴィダルに、ポグバという、いま選手移籍市場でもホットなMF陣も注目。

ともにこれを花道にチームを去る、バルサひとすじシャヴィと、ユーヴェのピルロ、という図式も。
二人の天才が最後にどんな存在感を見せるのか。
とくにセットプレーでの得点にかけるであろう ピルロのFKは、大注目。

あと、ここだけの話ですが、実は
両チームの左右サイドバック対決が 大きなカギを握るのではないかという気もしています。
試合の流れの中で、随時そのあたりも、藤田さんに謎解きをお願いしてみようと思います。


しまった、書きすぎました。
そろそろ資料のまとめにもう一度もどって集中しなおします。その前に朝食にいかなくては。


日本との時差は七時間。
きょう土曜深夜から日曜早朝にかけて、
普段サッカーをごらんにならない方も、ぜひ一度体感なさってみてください。
すぽるとの中で、直前情報を 決戦の舞台・オリンピアシュタディオンから生中継。
    (個人的には、06年W杯決勝(ジダンの頭突き退場もありました)を実況した
     思い出の舞台、一段と胸が高鳴ります)

そしてもちろん肝心の試合も、土曜深夜3時35分〜 地上波全国ネット 生中継
                                 (放送時間 延長の場合あり)。
★録画される方は、
 朝5時以降の部分(Aのパート)も 録画セットされているか、再確認をお忘れなく★
 

投稿:青嶋達也 | 16:16 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) | 青嶋達也
RSSリーダーに登録
スコールが心配シャーアラム
今夜9時から地上波フジテレビ系列で、日本×ベトナム戦を、こちらマレーシア・シャーアラムスタジアムから生中継でお伝えします。
解説:山口素弘さん。 リポート:福永アナ。 わたしは実況を担当します。スタジオには解説:清水秀彦さん。ジョン・カビラさんと永島アナがMCです。
サッカー男子の、リオ五輪を目指す日本22歳以下代表が、アジア一次予選、中1日での第2戦。初戦勝利チームの直接対決です。しかもベトナム代表を率いるは、Jリーグで豊富な監督実績を誇る日本人監督、三浦俊也さん。

おとといのマカオ戦とは違いナイトゲームなので、日照直射がない分、暑さはまだましなのでしょうが。今夜心配なのは、この国ではほぼ毎日やってくる、スコール。
しかもおとといは試合終了後、たいへんな雨に加え、派手な落雷も。光った瞬間に、大音量でズドーン! 日本ではあり得ない。
それが、きょうはまだ降ってないのです。と、書いていたら急激に雲行きが、風の雰囲気が…。来るぞ来るぞ。どうか試合前に落ち着くことを祈るばかりです。

暑い国での強行日程でもあり、体調面だけでなく、チームの底上げやサバイバルの意味合いもあるのでしょう、今夜は先発を前の試合からかなり入れ替えて臨みそうな日本代表。とくに楽しみなのは、欧州でプレーする久保と南野が初の揃い踏み(おそらく)。

とにかくこの戦いは、来年初頭のアジア3枠しかない五輪出場権獲得の厳しい道のりに直結します。リオへ、そして68年メキシコ五輪以来のメダルへ。
ぜひ今のうちから、若い代表たちの戦いぶりを見届けてやってください。

投稿:青嶋達也 | 19:46 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) | 青嶋達也
RSSリーダーに登録
真剣勝負に震える

オンエア用の実況担当で、SMAP×SMAP スター大運動会に
参加させていただきました。
各チームのキャプテンを務めたSMAPの皆さんと
運動会に参加された方々の真剣勝負の熱に震え続け、
魂込めて実況させていただきました。
30日月曜日21時からオンエアです。
画面の前で一緒にリアルタイムで熱くなりましょう!!!
 

投稿:福永一茂 | 20:17 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) | 福永一茂
RSSリーダーに登録

<<  1  2  3  4  5  … >>

戻る