動き出さなければ
被災された皆様にお見舞い申しあげます。


オフィスの私のデスクに世界フィギュア東京大会のグッズが置かれていた。

今日25日は、女子ショートプログラムの日だったか…
一ヶ月後の代替開催モスクワ大会が発表された。遅れていたF1も開幕した。

自分自身、動き出さなければ!!!!!

投稿:塩原恒夫 | 13:02 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) | 塩原恒夫
RSSリーダーに登録
こころからお見舞い申し上げます
金曜午後、アナ室の自分のデスクで、あの瞬間に遭遇しました。

外ランチの余裕もなく、昼飯のベーグルにかぶりつきながら大急ぎで資料整理を
途中までやっつけて、さあそろそろ「ものまね紅白」のナレーションにいかねば、と
都内の録音スタジオに出かけようとしたところでした。

東京台場も、とんでもない揺れ。振幅も、時間の長さも、未体験のものでした。
湾岸に立つ、免震構造のビルの上階であることを割り引いても。
ぐるんぐるん振り回され、同僚のデスクやいすが動いたり、資料が飛び散るのを、
ただ茫然と見ていることしかできませんでした。

そこからは、デスク業務の手伝いと、報道特番対応へ。

翌土曜の朝10時からは4時間、報道センターで特番を長野アナと担当しました。

被災から最初の夜が明け、そこからの数時間で、ヘリ空撮の映像を中心に、
だんだん状況があきらかになってきた、そんな時間帯での担当でした。
とにかく、情報の整理に徹したつもりです。
少しでも、難にあわれた方たちを中心に お役にたてればと。

現場からは、ヘリの島田アナ榎並アナといった、東京アナ室の同僚たち。
さらに、東北各局の、競馬やサッカーやバスケ中継で交流のあるアナたちが、
新人アナ研修やスポーツアナ研修でがんばっていた 教え子アナたちが、
こみあげる気持ちを懸命に抑えて、極限状況の中、冷静にリポートしてくる。
送られてくる映像は、信じがたい、信じたくない、悲しい現実ばかり。

被災されたみなさま。ほんとうにこころからお見舞い申し上げます。




さて今夜は、サッカー中継に戻ります。

CSフジテレビNEXTで、オランダリーグ「エールディヴィジ」の中継です。
つい2か月半ほど前には、高校サッカーに出場していた、日本の高卒ルーキーが、
オランダの強豪チームに加入するなり、いきなり大活躍中。

フェイエノールトの 宮市亮選手。
U17日本代表の経験を持つ彼が、たぐいまれなスピードを武器に躍動し、
今季まるでさえなかった名門に新風を吹き込み、注目度急上昇。

そんな彼の戦いを、シーズン終盤にかけ何試合か 生中継でお届けできることに。
今夜は、NACブレダとのホームゲームを、風間八宏さんの解説でお伝えします。


昨日は、欧州各地で活躍するサッカー日本代表選手たちが、ピッチ上から、
それぞれの形で 悲しみの共有と、激励のメッセージを送っていました。
さらに、世界中のトップクラスのサッカー選手たちからも。そしてもちろん、
Jリーグの選手や監督たちからも、激励と、支援の輪が広がり始めています。

スポーツ界からのこうしたエールが 被災地に届くよう祈りながら、
傷ついたみなさんに 元気と勇気と笑顔が 一日も早く戻るよう願いながら、
わたしもマイクに向かうつもりです。


投稿:青嶋達也 | 18:56 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) | 青嶋達也
RSSリーダーに登録
映画館で懇親会
新宿のシネコンの1スクリーンを借りて、世界フィギュア中継の記者懇親会が行われました。

第1部は、メダリストオンアイス3Dの上映会〜第2部ゲストの荒川静香さんも一緒に3Dメガネをかけて観賞です。スピード感がリアルだったとのこと。

日本代表の皆さん、東京大会でも世界を相手に飛び出してください!!!

投稿:塩原恒夫 | 18:02 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) | 塩原恒夫
RSSリーダーに登録

<<  1  >>

戻る