バスケット、勝った!
北京五輪出場をかけたバスケットアジア選手権、
1次リーグの大一番、レバノン戦に、日本は大逆転で勝ちました!

一時は12点のビハインド。それを最終クオーターでひっくりかえしての大逆転勝ち!
久しぶりに、実況していて「さぶイボ」が出ました!

これで2次リーグ進出を決めた日本。
ちなみに、2次リーグは、私の師匠、東海テレビの森脇アナウンサーが実況します。
そして、決勝トーナメントは、われらが田淵アナが実況担当。
32年ぶりの五輪出場の瞬間を、田淵アナが担当できますように、祈りたいと思います。



投稿:森 昭一郎 | 23:16 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) | 森昭一郎 | バスケットボール
RSSリーダーに登録
長い・・・
僕はバスケットが嫌いではありません。
むしろ、かなりの愛着を抱いています。

しかし・・・

さすがに、長い。

今日から始まったバスケットアジア選手権兼北京五輪予選。
徳島で行われており、その実況です。

柔道の取材で訪れていた熊本から、今日、朝一で徳島に入り、
朝10時から全6試合。
最終試合が終わったのは夜10時。
12時間、バスケットを見続けました。

ちょっと、くたびれました・・・・

「もう、明日の実況の準備なんてできないよ〜」とホテルに戻ってTVをつけたら、
そう、今日から27時間テレビ。
高島アナが、相変わらずの超人ぶりを発揮しています。
ちょっと後輩から元気をもらいました。

さあて、頑張って資料作ろうっと!
そうそう、今日放送した、日本対UAE戦、日本は大勝しました!
明日は、前回銀メダルのレバノン戦。勝負の実況です!








投稿:森 昭一郎 | 00:09 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) | 森昭一郎 | バスケットボール
RSSリーダーに登録
注目!井上康生選手 対 坂口憲二選手



柔道男子合宿に、
世界柔道2007メインキャスター、
坂口憲二さんが取材に訪れました!

坂口さんといえば、自らも柔道二段。
五輪金メダリスト、井上康生選手に取材しているうち、
井上選手の必殺技「内股」を受けてみよう!ということになり・・・・



おおぉぉっと実現!!
井上選手対坂口選手!!
めったに見られない貴重なショットでありますっ!!

さあ、どうなるっ!?






えいや−っ!!
見事、井上康生選手、一本!!

しかし、坂口選手も見事な受身!!









実は、これだけでなく、
3階級制覇の鈴木桂治選手の「小外刈り」を受け、
世界チャンピオンの泉浩選手の「大外刈り」も体験し・・・

ほんんんとに、見応えありました!


この取材の模様は、ちょっと先ですが、8月20日に放送予定です!

今回は男子合宿の様子を紹介しましたが、もちろん、女子合宿でも取材を行っています!
何でも女子合宿では、坂口さんと同じくメインキャスターをつとめる平井アナも技を体感し、
とんでもないことになったとか・・・?!

8月20日の放送、楽しみにしていてくださいね!





投稿:森 昭一郎 | 00:30 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) | 森昭一郎 | 柔道
RSSリーダーに登録
7月も終わり…

7月も終わりに近づき、暑い日が続いています。
いよいよ夏本番ですね〜。

ゴルフ班一年目の私。
7月には、ゴルフ中継チームも初めて中継するという日本アマチュア選手権がありました。
石川遼選手が出場!ということで盛り上がったこの大会。
石川くんは残念ながら決勝トーナメントに進むことは出来ませんでしたが、
この大会、最後の最後まで激戦!!本当に面白い大会でした。
と、同時にマッチプレーの面白さ、奥深さを感じました。感動したなぁ…。

そんな中、大会4日目、7月7日。
そう!!今年の誕生日はこの愛知カンツリークラブで迎えました!

でもみんな中継で忙しいし、誰も気が付いてないだろうなぁ…、と思っていたところ!!!

なんと、スタッフがケーキを用意してお祝いをしてくれたのです(><)!!
このサプライズにはもう感激☆本当に感動しました!!

ゴルフ中継班一丸となって中継した日本アマチュア選手権。
いろんな思い出が出来ました。

そして!!8月はNEC軽井沢、そして石川遼くんも出場するフジサンケイクラシックと、
盛りだくさん!!!
ぜひ楽しみにしていてくださいね〜!






投稿:石本沙織 | 15:15 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) | 石本沙織 | ゴルフ
RSSリーダーに登録
柔道@熊本取材



熊本での柔道男子合宿の様子です。

代表は、8階級8人だけですが、強化選手や練習で来ている大学生もいるので、60〜70人くらいはいるでしょうか。




寝技の練習をしているのは、
3階級制覇の鈴木桂治選手。

03年大阪世界柔道 
無差別級金メダル。
04年アテネ五輪
100キロ超級金メダル。
05年カイロ世界柔道
100キロ級金メダル。

『昨日、ヒザにたまった水を抜いてきたんですよ〜』と、普通の人なら大怪我なのに、平然と練習をしていました。

男子の斉藤仁ヘッドコーチも大勢の報道陣に囲まれていました!





投稿:森 昭一郎 | 07:00 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) | 森昭一郎 | 柔道
RSSリーダーに登録
2つの柔道着〜「柔道」と「JUDO」
今年9月、ブラジルのリオデジャネイロで、柔道の世界選手権が行われます。
2003年大阪、2005年カイロに続いて、3大会連続でフジテレビが中継することになりました。その事前取材として、現在、熊本で行われている男子合宿の取材に来ています。

今、日本の柔道界で問題になっていることがあります。

それは、「柔道着の硬さ」。

柔道着は、厚さ1センチ以内という規定があるそうですが、
硬さについての規定は特にないそうです。
その中で、主に欧州勢が着用している柔道着が非常に硬く、
掴むことができないというのです。

上段の写真をご覧下さい。
左側が硬い柔道着、右側が日本選手が普段着用している柔道着。
厚さの違いは一目瞭然です。

欧州勢が着用することが多い「硬い柔道着」は、
襟の厚さが1センチくらいあり、掴んでもなかなか折れません(写真中央)。
日本選手が着用している柔道着は、
掴めば簡単に折り曲げることができます(写真下段)。


では、なぜ、柔道着が硬くて掴めないと、日本にとって問題になるのか。
それは、日本と欧州の柔道スタイルの違いにあります。

日本の「柔道」は、しっかりと組んで(=柔道着を掴んで)、きっちりと技を掛けきって、
一本をとる柔道をしてきます。
日本にとっては、それこそが正しいの柔道のスタイルであり、組むことさえできれば、
抜群の強さを発揮します。

対して、欧州の「JUDO」は、しっかり組むことにはあまりこだわらず、
どちらかというとレスリングに近いような試合をしてきます。
選手の中には、「あれは柔道なんだろうか?」と疑問の声を上げる人たちがいるのも事実です。

逆に言えば、欧州の選手たちは、組まれてしまうと、どうしても日本人にはかなわないという恐怖心を持っています。そのため、柔道着を掴まれないように、こうした厚くて硬い柔道着を着用しているのだと考えられます。硬いだけではなく、少しでも小さい柔道着を着て(しかもときにはルールに抵触するほどの)、掴まれる危険性を低くしようとしている傾向もあります。


柔道は、もはや日本だけの競技ではなく、「JUDO」となって、世界中に普及しています。
世界にとって、柔道先進国・日本は、最大のライバルであり、誰しもが日本を倒そうと必死で努力と研究を重ねています。おそらくはその思いから、こうした「厚くて硬い柔道着」が生まれてきたのだと思います。

今後、柔道着についての規定は、大きな課題となってくるでしょう。
それでも、男子の斉藤仁ヘッドコーチは、こう話しています。
『我々は、勝ち負けを柔道着のせいにはしたくない。
相手が硬い柔道着で挑んできたとしても、その中でいかに組むかを考えていかなければならない。
それが、我々日本の役割なんです』

柔道大国・日本。
「柔道」が「JUDO」に負けてなるものか―。
メダルの宿命を背負った日本選手たちの戦い=ブラジル世界柔道まで、あと2ヶ月です。






投稿:森 昭一郎 | 22:05 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) | 森昭一郎 | 柔道
RSSリーダーに登録
神の声

先日、某局の先輩アナウンサーと話をさせていただく機会がありました。
その席で、こんな言葉が出てきました。

「神の声」

某局では、朗読勉強会があって、70歳くらいの超ベテランアナウンサーが、
60歳くらいのベテランアナウンサーを、若手アナも中堅アナもみんないる前で叱り飛ばすこともあるそうです。

聞けば、その勉強会では、「神の声を出せるかどうか」というレベルで業を磨きあっているとのこと。


アナウンサーには、様々な要素が求められます。
正しい発音やアクセントを知っているのは当たり前だし、
語彙力も重要です。
テレビのアナウンサーなら、容姿も大きく問われるでしょう。

その中のひとつが、【音】です。
【音】は【声】と言い換えてもいいかもしれません。
たかだか10数年しかアナウンサーをやっていない私が言うのも何ですが、
私も含めた最近の若手アナウンサーは、
男性も女性も、この【音】にこだわる人が少なくなっているような気がします。

例えば、実況の冒頭で、
「こんばんは、神宮球場です」という何でもないフレーズで喋りだしたとしても、
【音】を持っている人は、それだけで中継にグレード感を生み出します。
ごくまれに、生まれながらにして【音】を持っている人もいるかもしれませんが、
ほとんどのアナウンサーは、経験を積むことによって、この【音】を磨いていくんだと思います。

私は、悔しいけれど、まだ磨かれた【音】を持っていません。
自分の実況は必ずプレーバックするけれど、そこから聞こえてくる声は、未だ「人間の声」です。
【音】を磨き、そして「神の声」を出せるようになって、初めて、
「私はアナウンサーです」と堂々と名乗れるような気がします。





投稿:森 昭一郎 | 10:00 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) | 森昭一郎 | その他
RSSリーダーに登録
元気の水でナイスショット
今週末は、フランスでの女子ゴルフ、エビアン・マスターズです。あのミネラルウォーター”エビアン”のリゾート地エビアン市で開催される高額賞金大会で、日本人選手では、宮里・上田・飯島・藤島と4選手が出場します。
スイス・ジュネーブ経由で、レマン湖沿いを国境をすぎ車で1時間弱、落ち着いた雰囲気の小さな街です。そんな中にあるんですよ〜エビアンの源泉が!近くの住民は、ペットボトルを持参で、詰めていく、詰めていく。源泉のほかにも、あちこちに水は供給されているようで、ゴルフ場のコース途中にも、いいタイミングで飲めるようになっているんですよ。口にした直後は、もちろんナイスショット!いかにゴルフは、メンタルかを実感の不思議さよ。(プレーしたことバレバレですね)
先週のマッチプレー決勝で、悔し涙の宮里選手。初優勝は、フジテレビの中継のためにとっておいてくれたのですね?と、自分勝手な解釈をして、ナイスプレーを期待しています!

投稿:塩原恒夫 | 00:00 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) | 塩原恒夫 | ゴルフ
RSSリーダーに登録
おかげさまで、U−20中継終了♪
3週間以上に及んだ、カナダでの FIFA U−20ワールドカップ。
決勝戦は好勝負。(ベスト16で日本に辛勝して勝ち上がった)チェコが先制も、
最終的には 地力に勝るアルゼンチンがしたたかに逆転し、連覇でフィナーレ。

日本がからまない試合だったというのに、この決勝戦も
地上波739で、おおぜいのみなさまにごらんいただいたようで。
われわれの放送に対しても、あたたかいご声援をありがとうございました。

あ、決勝戦を見のがしたぁぁぁ、というそこのアナタ。
フジテレビ739で再放送があります♪。 
たしか今週末だったはず。くわしくは721&739のHPでご確認を。
739では来月、日本戦を一気に振り返る企画もやるそうです。お楽しみに)

それと。今大会の数々の激闘・名勝負を一気に振り返る、
『U−20ワールドカップ総集編を、
来週月曜・30日深夜 25:10〜
フジテレビ地上波で放送します。 (おそらく全国でごらんいただけるはず)

世界を代表する若き戦士たちは、そう遠くない将来、必ずや輝くはず。
来年北京五輪で。さらには、2010年南アフリカで予定のFIFAワールドカップで。
そのときに備えて、という意味でも、ぜひいまのうちにチェックなさってください。
スタッフも現在、総力を挙げて、膨大な秘蔵映像を厳選→編集作業中。

んで。
U−20の大会は終わった。日本のイレブンもよくがんばった。
でも、大事なのは、これから。

てなわけで、
(デスクワークをほっぽらかして)いまから西が丘サッカー場にいってきます。
今夜は J2・東京ヴェルディ対セレッソ大阪。
デカモリシ&香川の、”その後”の活躍ぶりを ナマで見てきます。
それと、来月開幕のU−17ワールドカップで日本の主軸となる、柿谷も。

・・・そうなんです。
U−17ワールドカップ@韓国も、フジテレビです。
目下、”次”への仕込みにおおわらわ(大汗)。


投稿:青嶋達也 | 13:34 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) | 青嶋達也 | サッカー
RSSリーダーに登録
F1後半戦の傾向と対策
いや〜疲れました、ヨーロッパGP。レース序盤は、このまま永遠に終わらないかと思いました・・・チェッカー直前には、トイレもちらつく厳しい週末(土曜・予選の赤旗とあわせて)でした。
さて、10戦終わって、今シーズンの実況アナにみる傾向(巡り合わせ)が、見えてきました。
まず、竹下アナは、ライコネン3戦3勝とわかりやす〜い!!!
ハミルトン2勝は、伊藤・長谷川アナの朝の情報番組かけもちコンビ。
西岡アナは、モナコ1戦のみで、このあとハンガリーとトルコを担当が続くだけにカギを握りそうだ。
そんな私は、今回レース前から、自己分析はすませており、競馬みたいに馬券発売があれば、アロンソ・マッサの連勝単式裏表でと考えるくらい、予想はばっちりだったんですが・・・展開までは読めませんよね。
以降、竹下アナは、イタリアでライコネンなら、次回私が担当のベルギー・日本(富士)は、大混戦になっているはず?!
その前に、次回ハンガリーは、一年前の”君が代”の感動再現ということで、去年同様!西岡アナが、がんばってくれますので、楽しみに待っていてください。

投稿:塩原恒夫 | 10:24 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) | 塩原恒夫 | F1
RSSリーダーに登録

<<  1  2  3  >>

戻る