これからデビューを迎える君へ

以前、競馬中継実況デビューを伝えた倉田アナが、またまた初体験です。
今回は、ゴルフのラウンドリポーター。肩にラジオマイクをかついで、放送席の実況・解説、加えてディレクターの指示も聴きながら、映像は無しの状況でリポートしなければなりません。私も若い頃は頑張れましたが、四十半ばとなると、さすがに体力の衰えを実感…まして、今週は4日間トーナメント。倉田アナのような若い力が頼りです。
CSでは、午後3時からの生中継、BSは、ゴールデンタイムの放送です!
尚仮に、倉田アナにミスコメントがあっても、責任は全て後見人役の私にありますので、了解の上、応援してください〜大山選手の組についています。


投稿:塩原恒夫 | 13:00 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) | 塩原恒夫 | 倉田大誠
RSSリーダーに登録
NEC軽井沢72ゴルフより
皆様こんにちは。
暑さしびれるサマーシーズンいかがお過ごしでしょうか?

8月9日〜12日には長野県軽井沢で“NEC軽井沢72ゴルフ”が行われました。
この時期なら誰でもが羨む軽井沢。
でも、涼しさを求め過ぎたせいか、その照りつける高原への太陽光にグッタリ・・・・・
ただの“暑さ”じゃなくて“痛暑い”
この感じ、ご理解頂けますか??

今年7月、ゴルフ班にはれて入隊を済ませた私、初めての現場ということで「研修生」として先輩方の仕事を拝見させていただいたわけですが、
分り易く言うと、メイン実況、ラウンドリポート、ホールアウト後の選手インタビューの3つがアナウンサーの主な仕事。
今回はラウンドリポーターの先輩方とともに、3日間を通してひたすらゴルフ場を歩き続けました。

プレーする選手を追いかけてスコアをつけ、その場その場の状況を把握。
選手に近いところで仕事を行っていく為、緊張感もたっぷり。
ただ、鉄則としてプレーの妨げになるようなことはNG!!
ゴルフ中継を一度でもご覧になった方はお分かりかと思いますが、
「ラウンドリポートって小さめの声で、何かボソボソ話してる」そんな印象ありませんか??
それもそのはず、時には選手の真後ろでマイクを持つなんてこともありえるからなんです。


※因みにお話はずれますが、、、、
  
マイクを使って小さい声で話さなければならない時、
ついついマイクを口元に近づけ過ぎてしまいがちですが、
こうすると、声の低音部分をマイクが拾ってしまい、
     
       実際は聞き取りづらい

小さい声だからと言って、マイクを近づけ過ぎないように!
以上、今回メイン実況を担当した“竹下陽平先輩”のありがたいお言葉でした。


さて、お話を戻しますが、
リポーターとしてはいつ、どのタイミングで、何を喋るかは自由!
でも、だからこそ難しい・・・・。
見ている人の多くが今一番何を知りたいのか??
ゴルフに限らず、スポーツの仕事で何が一番難しいかと言われたら、実はこの部分かもしれません。
選手に最も近い所にいるリポーターは、画面でとらえる映像よりも遥かに多い情報を手にしているはず。
スポーツの持つ“流れ”を読み取った上で“言葉を選択する”
ん〜〜実に難しい。

今大会の優勝者は、予選2日間で単独トーナメントリーダーに立ち続けた“福嶋晃子選手”
最終日でも抜群の安定感と圧倒的な強さを見せてくれました。

13年間支えてくれた所属スポンサー主催の今大会は、
福嶋選手にとって特別の思いがあったのかもしれません。
若手の台頭が著しい女子ゴルフツアーの中で、完全復活を遂げた元女王が更なる活躍を見せてくれそうです。


因みに今回支給された、皆のお気に入り、おそろいのポロシャツ姿で!!

左から倉田、石本沙織アナ、安藤幸代アナ、田淵裕章アナ







投稿:倉田大誠 | 09:21 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) | 倉田大誠 | ゴルフ
RSSリーダーに登録
目指せ、クライマックスシリーズ!
何だか、ここへ来てようやく梅雨らしさを見せているニッポン列島。
今にも泣き出しそうな、低くて厚い雲がその証拠。

低くて・・・と言えば、今までのヤクルト・・・。
最下位でじっと我慢し、低空飛行を続けていましたが、
最近のヤクルトは違いますね〜本当に本当に強い!!!!!
11日も勝利を収めて、今季初めての7連勝!!!!!

クライマックスシリーズ行けますよ!!
この調子、この調子。

さて、お話はチームから選手にかわりますが、
東京ヤクルトスワローズの“西崎聡”投手を皆さんはご存知でしょうか??

今年、大学生・社会人ドラフト3巡目のルーキーで、春には1軍キャンプに参加。
体はそこまで大きくありませんが、独特なフォームから繰り出される140キロのストレートが持ち味。

今季初めての1軍マウンドは5月1日。
その時は、自らピンチを招き、本人曰く「ダメでした・・・」と語る通り、
開幕からの課題であった「制球」に苦しみ、ほろ苦いデビュー。
結局、1週間でファームへ降格。2軍での調整が続きます。

そして迎えた7月7日。
今季3度目の1軍マウンドに帰ってきた西崎投手。
「ダメでした・・・」と語ったデビュー戦と同じく、大量リードの場面での登板でした。
3人をわずか10球で完璧に押さえ、1回を投げて無失点。
今季初めてのチーム4連勝に貢献しました。

翌日、西崎投手に話を聞いたところ、

「ホットしました・・・前回と同じミスは出来ないんで・・・ようやく神宮で投げられたことが嬉しかったです」


3度目の正直で、ようやく本拠地、神宮のマウンドに立てた西崎投手。
3度目の正直で、ようやく自分に課せられた仕事ができた西崎投手
まだ1年目ですよ〜〜


絶好調にあるチームの中で、
西崎投手の活躍を今後も期待したいと思います。



投稿:倉田大誠 | 23:49 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) | 倉田大誠 | 野球
RSSリーダーに登録
悔しい・・・ニッポン敗れる・・・
今日熊本で行われたワールドリーグ、アメリカ戦。
宿敵を迎えてのホーム戦で期待が掛かりましたが、
結果は3対0のストレート負け。
んー本当に悔しい・・・・

1戦1戦で修正点を克服し、少しずつ高い階段を登り始めてきたはずが、
今日の試合では自分達のミスが原因で流れを渡してしまう結果となってしまいました。

試合後には、サブ体育館で課題のレシーブ練習を必死にしていた選手の姿が。
中継リポーターをしてくださった大林素子さんに聞くと、
全日本女子の場合は試合後の練習をするケースが多い中、
全日本男子が試合後に練習をすることは、結構珍しいことなんです
」と。

ここまで、アメリカには3戦3敗。
明日こそ、自分達のバレーを展開し、
追い越せそうで未だ追い越せないアメリカの壁を打ち抜いてもらいたい!!
ガンバレ、ニッポン!!
そんな思いであります。

因みに、今日のアメリカスターティングメンバー6人の平均身長なんと、約201cm!!
た、た、高い!!
今流行の言葉で表すと
どんだけ〜!!
で、熊本バージョンだと
どぎゃしこ〜!!









投稿:倉田大誠 | 18:35 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) | 倉田大誠 | バレーボール
RSSリーダーに登録
ワールドリーグ!日本開催!!

1ヶ月の長きに渡る夏の陣「バレーボール・ワールドリーグ」も折り返し地点。

6月23日、24日には“火の国”熊本にて、宿敵アメリカ戦が行われます!!

梅雨入り真っ最中で、こちら熊本は、雨、雨、雨、雨、雨。

しかし、全日本男子は雨にも負けず、戦っております。

ん??

確か前回のホーム戦、小牧でも雨が降り続いていたような・・・

そして、あの強豪イタリアから6年ぶりの勝利を手にしたような・・・

という事は!!これも“恵みの雨”

水不足に悩まされがちの現状からしても、結果オーライ!

では皆様、どうか全日本に期待を込めて〜“ガンバレ、ニッポン”





投稿:倉田大誠 | 21:02 | 個別ページ | アナウンサーのコメント(0) | 倉田大誠 | バレーボール
RSSリーダーに登録

<<  1  >>

戻る