砂漠で誰もがロック(レポ10)
Coachella ロック・フェスのレポ続き

障碍者差別禁止法の施行は日本でようやっとされたけど、1990年から同法(ADA)があるアメリカでのロック・フェスですもの、
誰もがフェスを楽しめるようにといろいろ工夫があり、車いすエリアも必ずどこでも広々とありまた。
大きい屋外ステージにはもちろんのこと、いわゆるレイブ系ダンスミュージックがゴン♪ゴン♪ゴン♪ゴン♪してるこんなところでも必ず車いすエリア有り。
この左のステージはわかるかな、こんな感じでみんながおしあいへしあい踊るところでも、
ちゃんと。













そういえば、見るほうだけじゃなく、演るほうもだった、今年はヘッドライナーであるアクセル・ローズ(Guns’nRosesのAxl Rose)が足骨折で自分で歩けない。2時間半のステージも片足固定したまま椅子に座りっぱなし、だけどロック。

私は一昨日、視覚障碍者の人を複数含むグループでカラオケに行ったのだけど、点字の歌詞カードがないとあまり楽しめないと聞いて、ああそうだよなー、と。みんなで楽しむにはいろんなことに気が付かなくちゃと思ったところ。ましてやこの9万人集まるフェス、みんなみんなで楽しむため、みんなみんなの知恵と行動とロック魂が詰まってるのを感じないわけはない!

 
砂漠ロックの顔(レポ9)
♪I remember all the faces (「DontLet the MusicDie」BayCityRollers)
アートな続き;
ラブ&ピースなロックフェスで、ほっとんどの人がタトゥー彫れてて(アメリカでタトゥといえばポパイみたいな、ワンポイントものを想像するけど、流行りは腕まるまる"袖"タイプ、クールジャパンな影響?)壮観だったけど、次に多いのが、フェイス・ペイント。
これは私と、宿泊エリアの受付嬢。




他にもこんな、こんな、こんな





画像協力Rainbow Painted Smiles









 
砂漠でアート(レポ8)
♪you are so beautiful to me (Joe Cocker)









コーチェラ・ロック・フェスはCoachella Music and Art Festivalの名のとおり、だだっ広い砂漠の会場にバカでかいインスタレーションがあちこちに。でっかすぎてアート作品とわからないものも。












暑いお昼と寒い夜の砂漠の寒暖をも表すように、昼と夜ではアート作品も違ってみえる。


アートな休憩スペースに座っている人のお尻までロックでアート(^^;







 
ゴミ箱もロック(レポ7)
♪I don't need you anymore (「Believe」Cher )
なんだこのROCKなゴミ箱は!
アメリカ3大ロック・フェスのひとつ、砂漠Coachella Valleyで行われるCoachella Music and Art FestivalにあるものはなんでもROCKしてるかARTしてるんで、ゴミ箱もこんな
マッチョな兄ちゃんが寄りかかっても絵になるゼ。









かわいいバージョンもあって私がよりかかっても、絵になるゼ










いろんなのがあって、ピカチュウもあったし(なぜ?)なんかモコモコのもあったし(砂漠には暑苦しい…)もちろんSTAR WARSバージョンやら、砂漠に似つかわしくサボテン型もある(サボテンのやつはペットボトル専用、ちょ
うどペットボトルをスポっと入れたくなるツクリになっていてROCK野郎のリサイクル・マインドを刺激)




 
砂漠ロックの食(レポ6)
♪Shock me, make me feel better (「SHOCKショック→ショク→食 ME」Ace Frehley)

KISSのエース様の歌う「ショック・ミー」の曲から無理やり「食」をもってくるまでもなかったかなと思いつつ、レポートといえば食レポですね。ロック・フェスの何万人ものアメリカ人さん(ヨーロッパやオーストラリアからも来てましたよ)が好んで列をなしてまで食べる祭の屋台料理の定番といえばまずこれ、MAC'n'CHEESEマカロニにチーズまぶしたもの。←それ以上でもそれ以下でもない。
こんなのも流行りらしい、CHICKEN&WAFFLEフライドチキンとワッフルに塩味のグレービーソースがごってり。←それ以上でもそれ以下でもない。
他にもちろんハンバーガー、ポテトフライになんやらベーコンとかマヨネーズとかまぶしたもの、チーズサンドイッチ、国際

色を出すためかギリシャのGYROってお好み焼き風のもの、アフリカ?のジャンバラヤってごはんもの、タイのパッタイって焼きそばもの(辛みが苦手なアメリカ人を安心させるために"白人男子が作りました"って看板に書いてあったのがけっこうかわいい)なんかがあある。なんとのう、時間のかかるものが多く、ここはやっぱり、大量にじゃんじゃんつくる日本のヤキソバとかがほしくなる。ま。しゃーない。
そして暑いのでスイカもよく売れてました。
朝ごはんにはとにかくみーんなBURITTOを食べてました、メキシカンのタコスの皮に肉や卵やごはんをつめてロールにするものね。あとは定番、シナモンロール。もっとヘルシーなものがほしいなあと思ってたら、ありましたありました、ベジタリアンやオーガニック

を売りにしてる屋台…but…他は行列してるのに、このテのヘルシーお店は閑古鳥ないてた、、、やっぱり、砂漠でロックしにきてるロック野郎に健康オタクはいないみたい。





 
やっぱりコピーが好き
♪Have a nice day (BON JOVI)

GWは終わっちゃったけどGWスペシャルと銘打ったライブに行ってまいりましたー、毎度毎度の、Legend of Rockのライブです。楽しかった!
出演者は...




JON BOVI    ん?スペルあってる?BonJoviじゃなくて?
Cheap Track  ん?トリックじゃなくてトラック?
エアロざます  ん?ざます?SMITH?スミス?ザマス?
内藤連合じゃ  ん?内藤…ナイト…連合…ナイトレン合ジャ…ナイトレンジャー?





商標や知的財産や二次利用権利処理などをお仕事にしてきた私にはどれも
これもひっかかるネーミングですが、上記、スペル間違いではなくて大真面目なバンド名。ちょい笑っちゃうけどね。ふつうだったら一日にこれだけ
ビッグネームを続けて楽しむなんてできないけど、コピーならでる!


毎度毎度言っちゃうけど、あー私は本当に、やっぱり、つくづく、本物よりコピーが好きだー




 
砂漠ロックのルール(レポ5)
♪戦闘機が買えるくらいの(「NO NO NOザ・ブルーハーツ)
♪君が思うよりずっと  
(「YES YES YES」オフコース)

砂漠を走り、やってきたゼコーチェラ。
何万人だか、六日間総数で何十万人だか、とにかくすごい規模のフェスが混乱
なく(なんせ混乱大好きなロック野郎ばかりの集まりなわけだし)行われるにはそこに厳然たる「ロックへのルール」があるからです。宿泊(オートキャンプかテント)エリアからステージエリアに入るところには看板がバーンとあってNO とYESものが明示され、セキュリティチェックが空港並みにあり、ダメなもの(ペットボトルの水もお菓子も応援グッズ系)はそこで容赦なく捨てられる。

じゃあどんなものが禁止/容認なのかと見てみると、こんな;



  ・No Chains / Chain Wallets       Yes All Ages Welcome
  ・No Detachable Lens Cameras      ・Yes Baby Strollers      
  ・No Drones, Remote Control Aircraft  ・Yes Camelpacks (EMPTY)(※キャメルバッグ)
  ・No Drugs & Drug Paraphernalia    ・Yes Cell Phones / Cell Chargers
  ・
No Fireworks / Explosives        Yes Chapstick / Lip Balm
  ・No Flags                   ・Yes Cigarettes / Lighters
  ・No Flyers / Sampling / Give-a-ways  Yes Dancing Shoes
  ・No Glass / Metal Water Containers   ・Yes Eye drops (subject to testing)
  ・
No Glow Sticks / LED Gloves / Massagers / Stuffed Animals
  ・No Guns / Ammunition / Tasers     ・Yes Gum
  ・No Hula Hoops              Yes GoPros (2016 LAST year allowed)
  ・No Instruments              ・Yes Smiles

こういう感じでえんえんとリストがあるんだけど、NOリストに武器やドローンやチェーンは禁止ってのはゴモットモ!だけど、「フラフープは禁止」って、真面目なことなのか??(少なくともこれまでの私のロック人生でコンサートにフラフープを持ってきている人を見たことはない)、並びにYESリストに、前年度からYESになりましたよってGoProがあるのは適切と思えるけど、「全年齢」とか「踊る用の靴」とか「スマイル(某ハンバーガー屋もスマイル¥0ってあるよね)」とか「リップクリーム」とか、いったいどこまで本気で言っているのか…。そういえば最近、アメリカでスタバのアイスコーヒーに氷が入りすぎている(容積の30%が氷とか)として5億円の訴訟を起こそうとしている人のニュースを見たところなので、なんでも文字化してNO YESをはっきりさせたがるのは国民性なのだろーか。





※Camelpack=ラクダのパック=こういう、背負う形の水筒。ハイキング通な方にはおなじみのものなのかもしれませんが、私は初めて見ました。そして、コーチェラの灼熱の砂漠フェスで騒いでる人はほぼ全員、これを背負って、ストロー状の吸い口からチューチューと水分補給しながらロックしてました、ちょっと微笑ましい(^^)
 



     

 


砂漠ロックへの道(レポ4)
♪Nobody gonna take my car(『HighwayStar』DeepPurple)

コーチェラ・ロックフェスに行くのは、アメリカなので、砂漠なので、ほとんどの人が車で行きます。ウカれたロッカーたちは車にみんなペイントして、「いいでしょう〜私たちこれからCoachellaだもんネ

(COACHELLA行き、とかFOLLOW US TO COACHELLA=ついておいで=とか、いろんなこと書いてます)」と、平日木曜日に大挙して移動。ん?木曜日?フェスは金曜日に始まるのに。刹那に生きるロッカーなれど、こんな時だけは計画性を発揮した行動をとって、なぜかみんな、前日入りするのがふつう。おいおい、仕事は、学校は、みんなどうしているんだベイベー?





ロックへの道は平日の真昼間に暑い砂漠を二時間ほど走ることからはじまりはじまり…
 

プロフィール

ミヤミヤ

特濃リサーチチーム所属。 3人の子を持つ母であり、 浅○サンバカーニバルで踊りまくるラテン系の女。 英語とスペイン語が堪能。 クローゼットの中身がダイ○ナ・ロスと一緒(多分)。

アターシャ

特濃リサーチチーム所属。 フジテレビには、今は無き1芸1能採用で入社。 絵を描くのが苦手な漫画家・ペンネームはアターシャ松永。 やさしさライセンス3級。

てづか あけみ

特濃シュミラン 発売中!!

特濃シュミラン
約2万人の膨大なデータをもとに、108個の趣味の世界を様々な面から掘り下げた、趣味の世界のガイドブック!
あなたのシュミは、特濃?それとも・・・
扶桑社より、2500円くらいのボリューム(当社比)なのに1470円(税込)で絶賛発売中!!

お詫びと訂正

アーカイブ

カレンダー

<< 2016年05月 >>
1 3 4 5 7
8 11 12 14
15 16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
RSS(XML)フィード
ケータイ版はこちらから(QRコード)