ローラーマニア!
♪Give me a ride on your roller coaster (REO Speedwagon)

ローラーマニアなんで、乗ってきましたローラーコースター
開業当初は。高さ・長さ・巻き上げ高さ・落差・最高速度で、ギネスを誇ったとかいう。
あ、この←写真のものは、その次に乗ろうと思ってたものの、最初に乗ったのでもう恐ろしさ絶頂でそれ以上無理だったのでやめたほう。これは見上げてみればその設計自体がクレイジー。人間を高速で振り回すにも限度ってものが。。。恐るべしマニアの世界。
私がのったFUJIなんとかとかいうローラーコースターはアップダウンレフトライトがふんだんに盛り込まれすぎで、もう途中からバーをつかむ手がしびれ、腕の筋肉がふるえ、ふんばる足の筋肉もどうにかなり、脳みそシェイクで、ひたすら疲れ果て。
79mの一番上という絶望的地点からは、それはもう絶景かな、でしたが。あ、絶叫かな。


まちがえました、私のローラーマニアはこっち。ベイシティローラーズのマニア。
6月にローラーマニアの祭典があるんです。これも熟女大集合での絶叫かな

あのころのティーンアイドルは今、
♪nanntettatte アイドルnanntettatteアイドル (Kyon2)


「今日はなに?C3PO?」って言われました。本日の通勤服。
確かに黄金金属辺に覆われてます。
「今日はなに?自転車カバー?」とか言われた日よりはいいか^^


さてさてそんなことはいいとして、
明日はアメリカで大事なイヴェントがあったのだった、
が、明日だから日本在住の私は間に合わない、、、
今回いかなかったらもう、次は無い、かもしれない人々なのに。
なんで次は無いかって、もうみんなご高齢だからで、、、


今は高齢者だけど、何十年か前はティーンアイドルだった方々が、どうどうと、「僕たち昔のアイド
ル!!!」って、そのターゲットのデモグラフィックもマーケティング完璧で、今はオバチャンだけど昔はキー
キー黄色い声の少女たちだったところを狙って、ティーンアイドルだというだけのつながりで3人束になって、やっちゃうわけです。コンサートを。(昔の)ガールズは叫んだり泣いたり失神したり失禁したりしちゃうわけです。


腐っても鯛
おトシをとってもアイドル
なんてったってアイドル






ポスター中央/写真上 David Cassidy (62くらい?)
                              ゆかいな音楽一家ってタイトルで昭和47年日本でもテレビ放送番組があった「PartrigeFamily」のお兄ちゃん♪
ポスター右側/写真中 Micky Dolenz(62くらい?)
              hey!hey!we are the Monkeesの、元モンキーズ(Dr・Vo)
ポスター左側/写真下 Peter Noone (65くらい?)
              ハーマンハーミッツとして1964年デビュー

プロフィール

ミヤミヤ

特濃リサーチチーム所属。 3人の子を持つ母であり、 浅○サンバカーニバルで踊りまくるラテン系の女。 英語とスペイン語が堪能。 クローゼットの中身がダイ○ナ・ロスと一緒(多分)。

アターシャ

特濃リサーチチーム所属。 フジテレビには、今は無き1芸1能採用で入社。 絵を描くのが苦手な漫画家・ペンネームはアターシャ松永。 やさしさライセンス3級。

てづか あけみ

特濃シュミラン 発売中!!

特濃シュミラン
約2万人の膨大なデータをもとに、108個の趣味の世界を様々な面から掘り下げた、趣味の世界のガイドブック!
あなたのシュミは、特濃?それとも・・・
扶桑社より、2500円くらいのボリューム(当社比)なのに1470円(税込)で絶賛発売中!!

お詫びと訂正

アーカイブ

カレンダー

<< 2013年03月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 22 23
24 26 27 28 29 30
31
RSS(XML)フィード
ケータイ版はこちらから(QRコード)