ドランクなbears+伝説のrock

「マグロ」以来ストップして久しい、ドーシタンダイ(ヘイヘイ、ベイビー!バッテリーはびんびんだぜぇ♪RCサクセション)と、クレームがメール電話(国内線+国際線)ファックス直訴ラジオ(これはウソ)メガホン(これもウソ)で鳴り響いてこれではとても仕事にならないので、はい、アイムバック(on the saddle again~♪エアロスミス)です。

それがそれが、更新しないから話題がないのかと思ってしまったなら チチチ!ライブレポ、高級エステレポ,ウチの部長の趣味の暴露話等などじゃんじゃん控えてます、メール電話ファックス直訴ラジオメガホンから解放されるべくなんでもヤリます!

さあさあ昨夜の熱狂、ロックの王道、Led Zeppelinのライブat Drunk Bearsのライブレポからまいりましょう。あ、私が行くライブですから、これももちろん「コピーバンド」ですよー。

普段はおとなしめでいい感じな都内の某Beerパブであるここ、ええ〜ドランクモンキーは映画、ええ〜ドランクドラゴンはお笑い、ええ〜そうじゃなくて、ここはドランクベアーズ、に突如、大ステージが出現!仕事帰りのスーツ姿ちょいアッパー年齢なメンズが所狭しと集結!なにが起きるの〜!?

と、わくわくしてたら、「あ、もうはじまります?はい、あ、衣装?脱ぐだけですー」とスグ隣にいたロンゲのおじさんがさくさく脱ぎ始めて、でも全部脱ぐわけじゃなくて(あたりまえか)Tシャツ一枚になったところでさっさとマイクを握り、あれよあれよとはじまりました、ツエッペリン・ワールドby Mr.Jimmyが!!
観客のおじさんたちはたちどころにシレホレ状態(酔いしれ、聞きほれる、の勝手な略です)ロックンロール!と自由きままに叫んだり(※1)テルミンにやられたり(※2)と各々の楽しナイトを展開されておりました。伝説のロック、ここにパワーあり!
(※1)そんなベタな曲名があることもアトになって知る私はZepドシロウト
(※2)いや、これも驚いたのは私ダケか…なんなんだ、この音の波は!?




ご案内;11月3日の深夜(日付でいえば4日)放送の「クイズ!洋楽TV」、洋楽好き必見です!


マグロの来社

まさかそんな、本当に?といぶかりながらもランチタイムの社員食堂へ続くコリドール(廊下ってなんでいわないのか)を進むと、ほんとダ、ニオってきた、、、海の幸の香り(正直、ナマグサイ)があたりをただよっている!

おお、そして本当に!われらが社員食堂にて「まぐろ解体ショー」が決行されておりました。びっくら。

フジテレビにはいろんな方がいらっしゃいますが、80キロの大マグロさんまでいらっしゃるとは!

そして日本中にいったいいくつ社員食堂があるのか知りませんが(※)、ヒルドキそしてバブルでもないイマドキ、マグロの解体ショーやってる社食はここだけ鴨〜。
マグロさんまた来てね〜!




<※自慢しよう!マメ知識>
ある統計による平成18年度外食産業の市場規模:243、000億円
(外食産業とは○一般飲食店 ○居酒屋など料飲主体の店 ○惣菜屋さんなど料理品小売、そして ○給食・社食なとの集団給食、に定義されます)


ヴェネツィア



 前回書いたような、常軌を逸した準備をして最初に向かった先は
「アドリア海の女王」ヴェネツィアです。
フランクフルトでヴェネツィア行きの飛行機に乗り換えましたが、
フランクフルト空港のコーラ(500ml)はなんと1本3ユーロ←約500円!!ゲップも惜しみながら飲みました。
そんなこんなで飛行機が無事ヴェネツィア空港に着きました。
(空港はいわば「本土」にあり、一本道(道路および鉄道)で『ヴェネツィア』につながっています。)
空港からホテルのそばまで船でもいけるのですが1時間半かかるので、
バスで20分かけてヴェネツィアの玄関口「ローマ広場」へ行き、そこから
バポレット(水上バス)でホテル最寄の停留所「アカデミア」(所要時間30分)へ向かうことにしました。
バスには青とオレンジ2種類ありますが、オレンジは市バスで料金は安いですが大きな荷物を積むところがない上停留所が多いので青いバスに乗りました  (↑予習の成果)。
「ヴェネツィアの水は、ドブのにおい」となにかに書いてあったんですが、ぜんぜんくさくなかったです。
地図で何度も見たカナルグランデ(大運河)をバポレットが進みだし、視線の両側に「あこがれの」初めて見るヴェネツィアの景色が広がります。
最上階にチェスの駒の上についているような彫像のついた館、代々持ち主がひどい目にあう館、商館だった館、黄金の館・・・『イラストガイドブック』で予習しておいたステレキな洋館がどんどん立ち並びます。
「なんだここは・・・・・ミッキー○ウスのいないディズニーシーかあぁぁぁ・・・!!」
いきなり圧倒的に現れた「どこをみても絵葉書」「どこをみても映画」な景色の処理に、
案の定私の頭の中の「インテル」はまったく付いて行けず、あっけにとられている間にアカデミアに到着。
木造のアカデミア橋(ちょっと山口の錦帯橋みたい)をわたり、自作の地図に従ってちょっと左に行って右に曲がると、何度もHPで見たホテルの看板が見えました。ついたのは午後7時ころ。
(夏のエウロッペは10時くらいまで明るいです。)
フロントのシニョーラに張り切って「ボナセーラ!ミキアーモ、ヨシコ!」
と話しかけたら
「・・・(こいつイタリア語イケるんか?)ベララララララララララベラベラベラ・・・・!」とイタリア語で返され、
理解不能だったため「ア・・・アイハブアリザベーション・・・」と英語で言い直しました(泣)。
地元の人も訪れる、新鮮な魚介で評判の、このホテルの中庭にあるレストランを8時半に予約し、
部屋でひとっ風呂あびてから、イタリア上陸第一回目のディナーを食べました。
ラグーナであがった新鮮な魚介、水牛のモッツァレラ、生ハム、フレッシュトマトのパスタ・・・。
確実に旨かったです。子供らは口の周りをトマトで赤くしたまま、椅子で爆睡していました。
さあ、明日はラグーナに浮かぶ島巡りです!  (つづく・・・)


コレハ金ノ延ベ棒デスカ

 ♪last くりstmas I gave you my heart♪  (最近ブツもってつかまっちゃったGマイケル)

私へのお供えはでね」、といいまわって来世にそなえておりますが、やっぱあの世よりこの世で!
って思ってたら、今日、キュートなお友達から、はやくもお供えが!
ほら、これ!
なにやら京都おとりよせの銘菓とか
金の延べ棒を切り分けると、さらに秘宝の原石がごろんごろん!
like a rolling stone♪

ああ、が好きだー。これまじ、ドリーミー 
kiss in blue heaven
ダーリン

しかも シメ前で仕事の海に溺れてるところに上司に“大丈夫か〜ホラこれをつかめー”って鉄アレイ投げ込まれてる最中に、そんなサナカに、宅配便の実直そうなオジサンが、職場のパソコンの波打ち際で意識不明になりかかってる私に明るく「お届けものですよー」って、、、ああ、生きててよかった。がこの世にあってよかった。

GOLDに輝く味覚の秋




プロフィール

ミヤミヤ

特濃リサーチチーム所属。 3人の子を持つ母であり、 浅○サンバカーニバルで踊りまくるラテン系の女。 英語とスペイン語が堪能。 クローゼットの中身がダイ○ナ・ロスと一緒(多分)。

アターシャ

特濃リサーチチーム所属。 フジテレビには、今は無き1芸1能採用で入社。 絵を描くのが苦手な漫画家・ペンネームはアターシャ松永。 やさしさライセンス3級。

てづか あけみ

特濃シュミラン 発売中!!

特濃シュミラン
約2万人の膨大なデータをもとに、108個の趣味の世界を様々な面から掘り下げた、趣味の世界のガイドブック!
あなたのシュミは、特濃?それとも・・・
扶桑社より、2500円くらいのボリューム(当社比)なのに1470円(税込)で絶賛発売中!!

お詫びと訂正

アーカイブ

カレンダー

<< 2008年10月 >>
1 4
5 6 7 8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
RSS(XML)フィード
ケータイ版はこちらから(QRコード)