手相をかいてみる。
ブログはこまめに更新するほど人気が出ると何かで見たので
今日から観察日記をつけようかと思います。
(でも毎日はかかないと思います。)

先週、なんとなく手相に興味がわき
本屋さんにいったら
「手相を描けば幸せになる」という趣旨の本が
いろいろ平積みになっていました。

そのうちの一冊を買ってきて
読んでみたら
「金運の線を描いた翌日に遺産が3000万転がり込んだ!!」
「結婚線を太く描いたらとんとん拍子に結婚が決まった!!」
というような素敵な体験談が満載で、
じゃあかいてみようと思いました。

かくのには金と銀のペンが良いそうなので
近所の文房具屋さんで
「金と銀のインクのペンは・・・」
といいましたら
「あー(おまえも富と名誉が欲しいのね。)こちらです!」
と、間髪いれずに案内されましたので
手相をかいて幸せになろうとしている人は結構多いようです

さっそくゆうべ
「金運」「成功」「名誉」という
マザーテレサがもっとも欲しがらないものに該当する場所に
ぐりりりりり。と金の線をひっぱってみました。
すると!
よる電話が!!!


それは、ヤ○ハ大人の音楽教室の事務の方からでした。
3月末に退会したのに、手違いで4月と5月分の月謝を引き落としてしまうから
まとめて5月に返金しますというものでした。
これは・・・儲かったんじゃないよね?

そして本日。
消えかかっていた線を朝かきなおしました。
今日はちょっと、入金のある日なので
「もしかして大幅に増えてたり・・・」などと期待していたのですが
減額されていました。
というわけで、

★手相をかいて1日目・・・金運 特に無し
               成功 特に無し
               名誉 特に無し




本物VSコピー豪華2本立てライブレポ

↓の回で書いたように、CHEAP TRICKat武道館AGAINでフラッシュバックのような30年体験をしたわけですが、それで満足してブドカンから家に帰っちまうよーではチープ・マニアはつとまりまへん!後夜祭へ直行です。

後夜祭…つまり、今見てきたホンモノを、今度はコピーバンドで見るわけです。順番が逆な気もするけど、まあ、やってみるとこれがまた楽しすぎ♪

さっきは遠くマメツブだったチープが こんどは目の前かぶりつきチープ♪
さっきも名曲いっぱい聞いたけどこんどはセットリストに入っていなかったアノ曲コノ曲どんどんリクエスト♪
さっきは聞いてるだけだったけどこんどは歌いたいヤツ、ギターひきたいヤツ、飛び入り参加もOK♪

ホンモノがあるからコピーが楽しめる、コピーがあるからホンモノ体験が増幅される、ああ、LIFE IS BEAUTIFUL!




写真は本家チープトリック公認のカヴァーバンド、チープトラックさんです!



地獄レポ→天国レポへと上手くつながる、の巻

地獄からの使者KISSのコピーバンド レポはライブレポらしくなる前に、私が上司に呼ばれて中座して、勤労ミュージシャン&サラリーマン音楽愛好家の悲哀、みたいなことになりましたが、ロック魂はこの世をUNITE、レポはこのまま、私が昨夜行ったコンサートレポに突入です。
CheapTrick at BUDOKAN again,チープトリックといえば、天国の罠、ロッケンローラー魂は地獄も天国も自在に行き来しちゃうんだぜいぇいぇ〜。
*チープトリック; 1978年デビューの米ロックバンド RobinZander,RickNielsen,TomPeterson,BunE.Carlosの4人組 ヒット曲DreamPolice、SurrenderアルバムHeavenTonight「天国の罠」(1978)等

そーゆーわけで、今からさかのぼること30年!武道館でCheapTrickがコンサートを行い伝説のアルバム 「CheapTrickライブat武道館」が出て、それから30年たった昨日!、「Cheap Trickライブat武道館AGAIN

そーゆー年齢層が見に来るのだろうなあとは予想していましたが、一番それを現実として肌で感じ取ったのは、女子トイレで列つくって並んでる時…スーパーの閉店時間前の売り切りセール目当てに並んでるかのような錯覚が…

気を取り直して武道館の席に座れば、KISSを見た日、ブルーハーツを見た日などが青春の走馬灯…Cheap Trickもそんな30年を意識してか、開演前に昔のなつかしビデオ上映。若くてやんちゃな4人組が、ぐっとオトナになった世界をその後実演にて見せ付けてくれたのでした。

ああ〜〜〜、長生きはするもんだ!




♪roklling numbers, rock and rollin', got my KISS records out♪(チープトリックSURRENDERの歌詞より)



地獄のもの真似ライブレポ〜


うおおおお〜やっぱ、KISSはいいねえ、KISSは!♪!♪
やっぱ、70年代ロックがサイコーやねえ、サイコー!♪!♪
なんかこう、ミンナノッテルカーイ!?みたいな!♪!♪

そういうわけで昨夜行ってきましたのは、70年代ロックの中でも超わかりやす〜い地獄からの使者、Dresses to Killな4人組、KISSですモトイ、KISSのコピーバンドです。

コピーだからの好さってのが、あるんですよ、
モノホンなら、行けるかどーか予定もたたないような3ヶ月も先の日程で高額チケットをやっとのことゲット、マメツブサイズのスターを見るか、あとでCS放送とかで見るので充分だったんじゃないの?みたいな気持ちになりながら会場の巨大スクリーンを凝視するか、ってなもんでしょ、(そりゃ、ナマでスターと同じ空間にいて同じ空気すってる〜って深呼吸しすぎて過呼吸になっちゃうようなあの高揚感は他にかえられないものではあるけれどね)
それが!!!です、
コピーバンドなら、あのスターが!あの演奏が!あのパフォーマンスが!
目の前、かぶりつき。手伸ばして触わっちゃったりしたりして!

そう、そして私の前にはこうして、ジーンさまのすんげーブーツがあったのでした。モノホンのコンサートなら、ジーンのつま先がどーなってるのかなんて、見られないものねえ〜、ほほう、怖そうなドラゴンですなあー、転ばないのかなあー…


ライブレポ後半につづく(?)
(ちょっと今、仕事が入りましたんで、会社員ですから!)



お姉ちゃんストームとともに去りぬ

東京の時ならぬ雨雨風雨を連れて、アッパッパーリスヒルトンお姉ちゃんリチャードソンフォードギア(なんとなく似)くんのストームも、遠くアメリカはTARAならぬサンシャインステートのカリフォ〜ルニアへ去っていきました。雨とともに去りぬ。明日は明日の風が吹く…。

このストーム、空港へ向かうリモジン(リモジンはリモジンでもリモジンバス)に乗り込むLAST MINUTEまで吹き荒れたのでした。

場所は渋谷、一回の青信号で多いときには3000人もの人が渡るという、世界に誇る交差点を渡ってすぐそこの○○○(ヒント・○には数字が3つ並びます)、たぶんこのビルに入っているショップすべてがR−20の真逆をいく年齢ターゲットがあるのですが、パーリスヒルトン風お姉ちゃんはパリヒル+JLO+キャメディアス÷5(割り切れねえ…)の貫禄でもって、その好ましい年齢ターゲットの壁をやすやすと爆風でなぎたおし、お買い物を楽しんでおられました。

そして老舗和菓子店にておみやげの生菓子を買ったリチャード(ギア似)くんはリチャード(ギア似)くんで、店員の美しい包装技術に見とれながら、こう言いました。
「そのゴールデンリボンもつけてくれるかな」
    あ、いや、あの、それは、、、It's called MIZUHIKI





姉ストーム続報
荒天が続いておりますが、これもビバリーヒルズからやってきたヤッパリパリ?スヒルトンお姉ちゃん巻き起こしているストームに違いありません。
今回はパリパリ?スお姉ちゃんの影として寄り添う謎の男リチャード(ギア似)くん、の「コレって理解できない!」編。 レデイ、GO!

リチャード(ギア似)くんは祖国ではフゴーであります。富豪。ビバリーヒルズのおうちの庭にミニトマト植えたりするくらいラグジャリーライフ。オっマイガー。
そんなリチャード(ギア似)は日本のホテルのロビーでコーヒーを飲んで、お支払いのときに叫びました。
コーヒー一杯が850円!?ホワイ?理解できない!」
…おかわりはタダでないことも実は彼は理解していないのでした…ビターなアメリカンコーヒーは絶句の味。

ハリソン(フォード似)くんはあれ、なんかちがわねーか?祖国ではリッチさゆえにお買い物はデパートの外商に届けさすエグゼクティヴライフ。イェアベイビー。
そんなハリソン(ギア似)くんは日本のデパートがタイっヘンお気に召したようです。大丸全フロアを御自らのおみ足で制覇しちゃうほど。で、銀座もおみ足でめぐりめぐり、そして叫びました。
「なんで三越と松屋が並んで建っているんだ?WHY?理解できない!」
…いえ、ほらまだ向こうには松坂屋もあるし、、、



最後に、今日の「私の理解できない!」;
パリパリッスヒルトンはきれいなお靴が大好きなので、今日も靴屋さんで靴をトライ・オンします。片方の足に靴をとおすたびに、メロメロっすギア(リチャード似)くんはため息をもらして言います。
「わお、シンデレラ…!」
いや、あのーどーみても私とクリソツな私のお姉ちゃんであって…って、恋は盲目。だみだこりゃ。
露歯酢な夜
このあいだ
青山表参道付近で
どこの「VERYにだしても恥ずかしくない、
内面も外見も素敵な同期二人と夜遊びしました。

まず、野菜料理が評判の店
よるめしを食べました。
そのような特徴の店は
「暴飲暴食蛋白ワンパククラブ」主宰の私の辞書には
巻末にものっていない所です。

よるめしはコースになっており、
各自が、好きな「お野菜料理」を選べるようになっています。
内面も外見も素敵な同期二人は
京野菜のようなさりげなさで
バランスよく青菜や根菜をえらんでいました。
私の脳は敏感に生命維持の危機を感じ取り、
「れんこんのひき肉はさみ揚げ」
「新たまねぎの玉子焼き」など
蛋白ワンパククラブの精神に恥じないチョイスをしました。
(野菜嫌いの子供かあああ!)

しかしなんだかんだいって、ぜんぶの皿が
旨かったです。
今度また、
15穀米を主食にして、リンカランを愛読しているような
慣れた感じで訪れたいと思います。

そのあと、東京のおしゃれな若者が
根こそぎ集まっているような
地下にあるカフェに行きました。
深夜だというのに活気があります。
食べ物は透明のエレベーターで運ばれてきて
裏原宿にくわしそうなお兄さんや
絢○みたいなお嬢さんが働いています。

まわりのおきゃくさんたちは
よく聞こえないけどみんな
ブラックミュージックシーンの話とか
スウェーデンの雑貨の話とかをしているのでしょう。(知らんけど)
しかもそのカフェには
「塩こんぶのチャーハン」から
「栗とゴルゴンゾーラのペンネ」はたまた
「紀州梅の茶碗蒸し」なんてものまで
はんぱねぇくらいメニューがあり、
しかも安い
紅茶なんてポットでくるのに400円
これには感心して
三人でメニューを熟読してしまい
(あまりの熟読ぶりに、おみやげにメニューをくれた・・・)
いったいどんな、金の有り余った芸術家が経営しているのか
思いをはせてしまいました。

そとにでるともう3時。(夜中のね・・・)
30代後半の酸化した体
夜風がしみました・・・。





姉ストームin日本旅館
サンシャインステートのロッサ〜ンジェリ〜スからはるばるやってきたぱりんぱりんヒルトン姉ちゃんと、日本女性萌え↑なリチャード(ギア似)君は、老舗日本旅館でもがんばっております。わらびのとろろ和え、なんて難しい食事も見事完食してます。

バスに向かってお辞儀をする日本人のマナーレベルに驚いていたリチャード(ギア似)君は今度もも驚きました。

それは旅館の和室に一歩足を踏みいれたとき、思わず口をついて出たそうです。
「WHERE’s THE  FURNITURE?」
(ホエア・イズ・ファーニチャー?家具はないの?)




食事時にはお膳が運ばれ、就寝時にはおふとんが敷かれるんだよーーー
マイドマイドのライブレポ

え〜、こないだライブ行ってきました
S・A・T・U・R・D・A・Y  NIGHT!って何べんも叫びまくるライブです。
その日は土曜日でもありませんでしたが。
演奏サイドも観客サイドも、チェックです。総チェック。
チェキラ(和訳:ちょっと見てみよう)のチェックではありませんよ、
タータンチェックです(柄、です、布地の柄)。

これでわかってしまう、そのうす〜い年齢層を外れている方には永遠にわかりませんが、ベイシティローラーズです。
BAY CITY ROLLERS 70年代後半、スコットランドからタータンチェックハリケーンを起こして世界中の女の子を失神させた5人のポップロックアイドル。
そんでもうおわかりですね、
ホンモノよりもコピーが好きな私ですから、私が行ってきたのは、もちろんローラーズのコピーバンドです。

場所は新宿、歌舞伎町。
ライブハウスの場所がわからずとろとろ歩いていたら「おネエちゃん、帰り?お茶のまない?」って、声かけられたけど、帰り?ってなんの帰り??お茶?そんな古典的な???

ライブハウスミッケ!でその重いドアを開けると…
そこはもうタータンチェック無法地帯。
ピピッピ、ピッピ!と笛を吹いてのラブコール、演奏が始まるとステージ前へつめよってそれぞれのお気に入りのメンバーを触りまくる、バラードでは観客みんなで手をつないでの合唱、涙もでてくる、翌朝の筋肉痛も考えずに首を振りまくりシェイクする、熱が入ってくるとステージによじのぼりメンバーに抱きついて失神、警備員(役)に抱きかかえられての退場シーンまで、いやもう、なんでもありの、やりたい放題、“かつての”ティーネージャーパワー。どんなにオトナにトシを重ねていても、やっちゃいな、やっちゃいな、やりたくなったらやっちゃいな、みたいな。ピンクレディTYPHOONみたいな。

帰り道、こんどは「あのー、ちょっとお時間ありませんか、お茶しませんか」って蚊の鳴くような小さな声でまたまた声かけられました。またまたそんな古典的な???
歌舞伎町って……なんかええね。



姉ストームザ二日目
妙に晴れてますね

LAはハリウッド近くから昨日やってきたバリバリッスヒルトン姉ちゃんリチャード(ギア似)君と今日は群馬に向かいます。
JAPANといえば温泉だろ、っちゅーて。

温泉といえば秘境温泉、秘境温泉といえば日本秘湯を守る会(その昔このシュミランブログにで温泉マニアさんインタビューやりましたが、その方も、そして私もこの日本秘湯を守る会の会員です)ってことで、ザ環境省指定国民保養温泉地「法師温泉長寿館」に向かいます。1世紀の歴史を誇る欲情の香りモトイ、浴場の香り。
あの「フルムーンのCM」というだけで、ほうほうとうなづく方も多いでしょう。その時点で年齢バレバレだけど。

そろそろいきごんでの出発の様子、、、、、ふっふっふ、彼らはまだ知らないんだなぁ、、、この温泉、まさかの混浴なんだってことを!!! (^ワ^)/






 1  2  >>

プロフィール

ミヤミヤ

特濃リサーチチーム所属。 3人の子を持つ母であり、 浅○サンバカーニバルで踊りまくるラテン系の女。 英語とスペイン語が堪能。 クローゼットの中身がダイ○ナ・ロスと一緒(多分)。

アターシャ

特濃リサーチチーム所属。 フジテレビには、今は無き1芸1能採用で入社。 絵を描くのが苦手な漫画家・ペンネームはアターシャ松永。 やさしさライセンス3級。

てづか あけみ

特濃シュミラン 発売中!!

特濃シュミラン
約2万人の膨大なデータをもとに、108個の趣味の世界を様々な面から掘り下げた、趣味の世界のガイドブック!
あなたのシュミは、特濃?それとも・・・
扶桑社より、2500円くらいのボリューム(当社比)なのに1470円(税込)で絶賛発売中!!

お詫びと訂正

アーカイブ

カレンダー

<< 2008年04月 >>
2 3 4 5
6 9 10
13 15 17 18
20 23 24 26
27 28 29
RSS(XML)フィード
ケータイ版はこちらから(QRコード)