研修14日目


みなさんこんにちは!!

ブログを担当する大川立樹です。
今日は研修14日目でした!!

週の半ばということもあって、疲れが出てくる頃なのですが、
朝からみんな元気いっぱいでした



1限目は

川野アナウンサー

滑舌練習や、ニュース原稿読みをしました。


『蛙ぴょこぴょこ三ぴょこぴょこ、合わせてぴょこぴょこ六ぴょこぴょこ』

小さい「よ」を発音することを意識すると明瞭に発音できます!!
​みなさんもやってみてください(^-^)/

ゴム風船を使った肺活量チェックをしました。

1回のブレスで、​どれだけ風船を膨らませることが出来るかを競いました。

​(肺活量チェックをするみなさん)



2・3限目は

中西健太郎先生


中西先生は、ボイストレーナーでもあり、ボーカルトレーナーでもあるなど、幅広い領域で活躍されています。


(丁寧に教えてくださる、中西さん)

まずこの授業でたくさんのことを学ばせていただきました

1つ目は、姿勢と呼吸について、2つ目はマイクの使い方、三つ目は緊張について
​講義をしてくださいました。

​講義を受けていくにつれて、一人ひとりの声の聞きやすさや話し方が良くなっていきました!!
​正しい姿勢を保つこと、日ごろから腹式呼吸をすること、さらに緊張をコントロールする方法を
​実践していきたいと思います!!


(休憩中のみなさん)




アナウンサー研修の期間も、残り半分
一つでも多くの技術、情報を吸収して成長していきます!!!

明日が研修最終日となる仲間もいて寂しいです。
今できることを、全力で頑張っていきます!!!


(講義終了後の研修室からの眺め)

大川立樹












 

研修13日目

こんにちは

本日のブログは今湊敬樹が担当いたします。

3週目半ば
あいにくの空模様ですが、、、
新しい仲間が3人増え、
さらに元気にやっております


1限目の授業は笠井アナ

まずは「インパクト自己紹介」
短い時間の中でインパクトのある自己紹介を目指します!

秋田テレビの佐藤春佳アナウンサーは
”一輪車競技の世界チャンピオン”
なんです!!!
インパクトありますよね!


その後、震災における報道陣のあり方について講義をいただきました。
笠井アナは阪神淡路大震災と東日本大震災の際、現場からリポートを経験している方です。
その場にいた人間だからこそ感じた、
自分は、”取材”しにきたのか、それとも”救出”しにきたのか
という葛藤をお話しくださいました。

また、当時放送された映像を見て、ぼろぼろと泣くアナウンサーもおり
いつもとは違った雰囲気の研修でした。


(被災地との向き合い方について語る笠井アナ



2限目は佐野アナウンサーでした!

初めに短文練習とニュース原稿読みをした後に、
バラエティー番組(めちゃイケ)の1コーナーをみんなでやってみました!

めちゃイケメンバーのそれぞれの役割をみんなで分担し、
実際のコメントを割り振けて行いました!


(矢部さん担当の大川アナウンサー)


みんなでこのように行いました(^-^)/


アナウンサーにも芸人さんにもそれぞれ大事な役割があることを学べました。



3限目は西山アナウンサーでした。

まず声の出し方について教えて頂きました。
「背中から声を響かせるイメージ」
これまでお腹から声を出そうとするあまり、背中側の意識がおろそかになっていました


(背中を意識して声を出す、テレビ静岡の小倉彩瑛アナウンサー)


(ビリビリと部屋に声を響き渡らせる、テレビ新広島の市場里奈アナウンサー)

その後、ニュース原稿読みを行いました。
自分がどこのスタジオで読んでいるかを想像して、
本番と同じ緊張感で練習していくことの重要さを学びました。


最後に笠井アナを囲んで撮った写真です!


明日からも頑張っていきます!!!
 

研修12日目

こんにちは!研修12日目!
今日のブログは、杉原千尋が担当します

朝起きてめざまし占いを見ていると、
私の星座である(さそり座)が最下位…
しかし!占いを覆すくらい実のある1日になるよう
今日もしっかり研修に励んでいきます

5月22日
1限目の講師は軽部アナ

(研修生の読みを聞きながらメモをする軽部アナ

めざましテレビの放送を終えてから、
教えに来てくださいました
疲れを全く感じさせない軽部アナは、
喋りのプロだなと改めて感じました。

滑舌練習

新人アナウンサーたちが引っかかった
例文を少し紹介しようと思います!

『向こうの長押の長薙刀は誰が長薙刀ぞ』
『生米生麦生卵 殿様の長袴 若殿様の子長袴』


頭で分かっていても、綺麗にスラスラと
読むのはとても難しかったです


2限目の講師は梅津アナ


(いつお会いしても本当に美しい梅津アナ

今日は番組で使った本物の原稿を
自分たちで尺管理をしながら読むという
実践的なことをやりました!

ペアになり、原稿をお互いに割り振り
時間内に読み終える練習をしました。


梅津アナに時間を計ってもらいながら原稿を読む
(左)沖縄テレビ放送 後間秋穂アナ
(右)フジテレビ 井上清華アナ

時間が余ってしまいアドリブを加えたり、
時間が足りず原稿を削ってみたり、
臨機応変に対応することを学びました。


3限目の講師は三上先生

(朗読をしてくださる三上先生)

朗読

朗読に大切なものは解釈だそうです。
作者はどんな人なのか時代背景はどうなのか、等
自分で解釈して朗読することが大事だと教えて下さいました。

夏目漱石の『夢十夜』を全員で朗読しました。
十人十色という言葉があるように、
様々な解釈があり、個性豊かな読み方をする11人でした


最後に昨日から新しく加わったアナウンサーを紹介します

(左)テレビ静岡 高里絵理奈アナウンサー
(真ん中)秋田テレビ 佐藤春佳アナウンサー
(右)テレビ静岡 小倉彩瑛アナウンサー

今週は11人で頑張っていきます


杉原千尋

次へ