研修最終日

5月9日から始まった研修も早いもので最終日!!

1限目は、牧原アナによる「アナウンサーの表現」についての講義

上手に相手に言葉を伝えるには、
イントネーション(話調)、ポーズ(間の取り方)、卓立法(声の際立て方)、チェンジオブペース(話し調子の変化)など様々な技術があります!!
これからそういった技術面を学んでいくことはもちろんですが、
何よりも大切なことは、
「話す目的を明確にした上で、聞き手の気持ちを考え、真心をもって話すこと」
です

どれだけ良い話をしていてもその態度が不快なものであれば、本当の意味で聞き手には届きませんもんね!
常にこのことを忘れないように頑張ります!!

「声は人なり」です。


(講義後、牧原アナを囲んで。ちなみに今日は男子メガネデーをしておりました(笑))




2限目は、永島信道先生による「敬語」についての講義

偏に敬語と言っても、尊敬語・謙譲語・丁重語・丁寧語・美化語の5つに分類分けされます。
(小学生の時に習った時は、3種類だったような、、、、)
その場に応じた正しい敬語を使えるよう日頃から意識しないといけませんね

[よくある間違い敬語]
1.レストランなどで、「こちらハンバーグになります!」
  ハンバーグに変化する何かではないので、「ハンバーグです。」で十分なんです!!
2.何か資料などを、「お読みになられましたか?」
  
「お読みなる+れる」で二重敬語となっています!この場合は「お読みになりましたか?」でOKです!



(講義中の永島先生)


3限目は、須田哲夫アナによる講義
アナウンサーとしてこれから生きていくにあたってのその心構えについて、熱く語って頂きました。
「想像力」を豊かにし、変化がないものでも頭の中でイメージを働かせて話すことがいかに大切であるか!!
常日頃から、あれこれ頭を柔らかく様々なことを想像しておくことで咄嗟の事柄にも対応できると須田さんは仰っていました



須田哲夫アナウンサー@アナ室にて)


最後に思い思いのポーズで集合写真!!

あっというまの5週間でした!!
刺激しあえる系列同期のみんなに出会えたことは本当に自分の財産であると思います。
これから、みんなバラバラになるけど全力で頑張りましょう!!


最後に「8」ポーズで!!

 

研修24日目


こんにちは
久慈暁子です。

5週間の研修も残すところ
今日を含めあと2日。

振り返るとあっという間で
ブログを書くのも今日が最後
​かと思うとなんだか寂しいです

あと2日気合い入れて頑張ります!


1限目の講師は福原直英アナ




​前日の裁判を見ての感想を
​1人1人発表
しました。
自分はその裁判を見ているから
わかることでも、全く見ていない人にも
わかってもらうためには
具体的描写を丁寧すぎるかなと思うくらい
​説明する
必要があると教えていただきました。


またみんなで向かい合って
子供が犯罪を犯した場合、
親は社会的制裁を受けるべきか

というお題で議論しあいました。


(意見を述べる山陰中央テレビ 須田泰生アナ

どんなお題でも自分なりの意見を
持ちつつも決められた秒数の中で
うまくまとめて着地させられるように
なりたいですね。


そして提供・コマーシャル読みに挑戦!

​提供読みで大事なことは
なによりスポンサー様をたてること
どんな文章でも会社名より前に出る
​パーツはないということを意識すること。


(一生懸命提供読みをする テレビ愛媛 福吉貴文アナ

​「ここからの放送は」に続く文字を
間も取らずに読んでしまうと
そのあとにくるスポンサー様の枕詞に
なってしまう危険性があるため、
少し間を開けて読むことを意識しました。



2・3限目の講師は
元文化放送アナウンサーの坂信一郎先生



坂先生にはアクセントについて教えていただきました。




(アクセントの確認をするフジテレビ 黒瀬翔生アナ



アクセントは一般的な国語辞典にも単語の意味とともに
​掲載されていて、アナウンサーだけが気を付けるもの
ではないんです!

アクセントがある意味は皆さん何だと思いますか?

アクセントは意味を区別するためにある
と捉えている人が多いかと思いますが、
​実は統語機能のためにあるのです!

統語機能とは
アクセントを手掛かりに
言葉の切れ目がわかるようになるということ



例えば、

黒い目の綺麗な女の子

​この文はどこにアクセントがくるかによって
​意味が全然違う文章になるのです。
​@黒い目の綺麗な、女の子
A黒い目の、綺麗な女の子
B黒い、目の綺麗な女の子
​C黒い、目の綺麗な女、の子

1文でもこんなにもたくさんの
意味が潜んでいるなんて
日本語は奥深いものですね。


(坂先生とラジカセを操作するフジテレビ 黒瀬翔生アナ

坂先生のアクセントの知識の豊富さには
大変感銘を受け、日本語のプロとして
​言葉をより一層大切にしていきたいと
​思います!



坂先生を囲んで系列局のみんなと)


​私の周りでも少しずつ体調を崩している人が
多くなってきたように思います。
暑い日が多く室内は寒いところも多いかと
​思います。クーラー対策などしっかりとして
体調管理には気をつけましょう




 

研修23日目

おはようございます。

 

今日は最終週らしく

いつもの研修とは全く違うカリキュラムでした!

1限目は
ENG 合評ということで
福原アナウンサーと藤村アナウンサーが担当してくださいました。


なにをしたかというと。。。
 

昨日一人一人カメラの前で、

ディレクター兼務で挑戦したリポートを

テレビに映し出していただき、講評会が開催されました。

 

初めてのリポート!

福吉アナは、自分の携帯で動画撮影をしながら自己分析中です!

 

カメラマンと音声担当の方からも

色々とご指摘をいただきました。

 

例えば。。。

マイクのカラオケ持ちや、両手で握ってしまったり、
自分の口の前にマイクを持ってきてしまうのに相手にマイクを近づけられていないなど


話す内容ばかり気にしてしまいがちですが、
カメラワークの観点から、光のさす方向への配慮、絵の工夫や、
マイクのむけ方、持ち方など気を付けなくてはいけないことがたくさんあります!!



もちろん
話の展開や、取材相手への配慮など、たくさんのご指摘をいただきました


続いては、
菊間先生による裁判所見学です!


藤村アナウンサーにアテンドしていただき、
いつもの研修室を離れて実際に東京地裁に足を運びました。

薬物取締法違反で三回逮捕されている被告人が目の前に、
そして傍聴席では、その家族が真横にいるという状況に緊張感が漂いました。

傍聴後には、アナウンサーが知っておくべき基本的な知識も教わりました!

このメンバーで研修できるのもあと2日
時間をより大切に明日からの研修も頑張りたいと思います!

海老原優香



研修22日目!


こんにちは\(^o^)/
黒瀬翔生です!!!

系列研修も最終週となりました
今週はより実践的な研修をたくさん行っています!

1限目

森アナ



スポーツ実況研修でした

スポーツ志望の僕としてはこの研修がとても待ち遠しかったですo(^o^)o

今回は駅伝の実況をしました


(駅伝実況に挑む久慈アナ)


実況で大前提なのが

・リアルタイムで起きている現象を実況すること

当たり前のことですが、みんな焦ってしまいこれがなかなかうまくできませんでした

そして、即時描写だけではなくその選手・チームのストーリーを入れることで
視点・競技のとらえ方が変わると教えていただきました!!

これからスポーツ実況に携われるように、今日教えていただいたことを糧に技術を磨いていきます


2限目

竹下アナ



時間が決められている原稿を、実際のニュース番組形式で2人1組で読みました

時間が決まっているとその尺に合わせないといけないという焦り、遅れた場合や早い場合の時の時間調節など気にすることが多くなりました!!!
そうすると滑舌や間の取り方などがおろそかになってしまいました


(原稿と時間を気にする平川翔也アナと海老原アナ



そして、この時間は同時並行でENGリポート研修を行いました。
ENGリポートとはカメラ・照明・マイクを使ったインタビュー・リポートです

取材相手も各自で見つけて、カメラワークなども自分で考えてリポートしました
取材相手をいかに紹介するのか、どんなアングルが見やすいのか、どんな演出がおもしろいのか1から考えました(^-^)/

現場でのリポートもこのような形で行うことがあるそうなのでとても実践的でした!!!


3限目は

藤村アナ




アナウンサーの仕事の1つである

食リポ

をしました


食リポでは
・重み、香り、大きさ
・言葉の選び方


が大切だと学びました(^-^)/

自分が感じたことがうまく伝わる言葉は何か?、よりおいしそうに伝えるための言葉は何か?
この言葉選びがとても難しかったです・・・


(チーズタルトの食リポをする真鍋果夏アナ)

そして、誰が実物と変わりなくリポートできていたかお互いに投票し優勝者を決めました

栄えある優勝者は・・・

久慈暁子アナ
海老原優香アナ


2人のリポートは食べ物の特徴をしっかりと捉えていて今すぐ食べたいと思わせるものでした



最終週に入り、より実践的になった研修!!!
残り3日という短い中でもまだまだ成長することはたくさんあります!
アナウンサーのスタートラインに立てるように残りも頑張ります\(^o^)/

今回の投稿で僕の研修ブログは終了です
皆様、毎回の拙い文章を読んでいただきありがとうございました。

立派なアナウンサーになれるように頑張りますので、今後も宜しくお願い致しますp(^ ^)q
 

研修21日目

こんばんは
安宅晃樹です
いよいよこの研修も最終週!
気合いを入れて頑張ります


 1限目は、鈴木和子先生による「発声」の講義
一音一音粒立てて、明瞭に発声することを目標にやってきました!
改善出来た音、まだまだ訓練が必要な音
人によってそれぞれありますが、 これからも反復練習をして頑張ります

(講義後に鈴木先生を囲んで最後の記念写真)



2限目は、君島保裕先生による「声紋」を用いた講義
声紋に関しては以前にもブログで出てきましたが(6日目の記事参照)、
声の特徴などを科学的に評価します

(声紋のイメージ図)
明瞭に発声できていればグラフの波形がハッキリでるのですが、
この数週間だけでも明らかに変化していました


(講義後に君島先生を囲んで最後の記念写真)



3限目は、グッディ!の見学に行きました
生放送の緊張感、そして倉田アナ三田アナが仕事している姿を見て、とても刺激になりました
その後は、安藤優子さんにお越しいただき、お話をして頂きました!!
報道人としてだけでなく、社会人として、そしてとしての心構えについて熱く語って頂きました
「自分の軸をしっかり持って、常に全力でやりきる姿勢」に心打たれました!!





最終週ということで、内定者の時からお世話になっていた鈴木先生、君島先生共に最後の授業でした!!
成長した姿をテレビ越しに見てもらえるように頑張ります!!
これまで本当にありがとうございました



ちなみに今日は男5人で青ストライプデーを開催しておりました(笑)


研修もあと4日!
最後まで全力で走り抜けます!!

安宅晃樹

研修20日目


こんにちは!
久慈暁子です

4週目の研修も最終日を迎えました。
今日で研修を終え、
系列局に戻ってしまう仲間もいて
ちょっぴり寂しい金曜日です



1限目の講師は伊藤利尋アナ





せっかくだから原稿読み以外のことをしよう!
ということで

まず
ニュース原稿を読んで、
そのニュースについて解説者(伊藤アナ)と会話をする


という難易度が高い授業を受けました。

意見が両論あるニュースで
解説者がAサイドよりの意見を言った場合、
Bサイドの意見も言ってあげるというように
常に中立の立場を守ることが大切だと
教えていただきました。


次にバラエティ番組に挑戦!



(司会をするフジテレビ 安宅晃樹アナ


東チーム・西チームに分かれて
チーム対抗連想ゲームに挑戦。




(チーム対抗ゲームに参加するみんな)

連想ゲームに盛り上がりすぎて
収拾がつかなくなるシーンも...。
そんなときも司会の人が
よきタイミングでバシッと切る
そして面白い回答を拾うことが大切だと
感じました。




2・3限目の講師は向坂樹興アナ

今日は「外郎売り」の講義。
外郎売りとは
二代目市川團十郎によって初演された
歌舞伎十八番の一つで
早口言葉が多く含まれているため
声優やアナウンサーの発声・滑舌練習に
よく使われているものです。

まず30分ほどの歌舞伎のVTRを鑑賞



歌舞伎独特の音・演技・舞台演出にみんな釘づけでした。



次に1ブロックごとに一人一人読む練習
どの言葉も1つ1つ粒立てて読むことを意識して
練習に取り組みました!


(外郎売りを読む 山陰中央テレビ 須田泰生アナ



(外郎売りを読む 山陰中央テレビ 平川翔也アナ



そして3限は
FNS外郎売り選手権が開催されました。
7分ほどある外郎売りを
・とちらない
・無声化
・鼻濁音
をチェック事項に1音でも間違えたらアウトになります。
そのアウトになるまでどれくらい
読めるかを競い合いました。




(外郎売り選手権に励む 富山テレビ青島莉子アナ



結果は...







1位 フジテレビ 安宅晃樹アナ




2位 テレビ静岡 大森万梨乃アナ




1位と2位には豪華賞品が授与されました

みんなの前で読むことと
失敗してはいけないというプレッシャーに
いかに打ち勝つかが大切ですね


最終週の研修も頑張ります!


久慈暁子


 

研修19日目

こんにちは!
いよいよ6月に入りましたね
研修もゴールが見え始めました。

今日は
1限目 森本アナウンサーの
短文ワ行と滑舌練習の講義からスタートです。

ついに短文練習の行も1周してしまいました!

森本アナウンサーは、いつも自身の経験をもとに
自信を持たせるようなお話をしてくださるので、
上手く出来なくて落ち込んだ時もとても救われるのです


辞書でアクセントを調べる黒Pアナ


2限目は 野間先生


あの有名な作品
芥川龍之介の 蜘蛛の糸 
を朗読しました。

朗読はみんな初挑戦だったので緊張します。。。

隣の席で読んでいる岡部アナ
間の使い方が大切なんですね♪


3限目は 堺アナウンサー
気象情報の原稿読みを練習しました。

気温をお伝えるるのに大切な
高い・低い

高かった・低かったのアクセントが意外と難しいんです!

さらに。。。
のアクセントに苦戦する久慈アナ

これまで使ってきたアクセントを直していくのは大変です!


残り約一週間となった研修ですが、
みんなの声が太くしっかりしてきたのが
耳で分かるようになってきました!!

この同期みんなで研修ができるのもあとわずか!
残された時間を大切に、しっかりと練習したいと思います

海老原優香

 

研修18日目!



こんにちは!
黒瀬翔生です!!

4週目の研修も半分が過ぎました


今日の1限目は

軽部アナ



今回は原稿を飛び出して
フリートーク
の勉強をしました

フリートークのお題は
「最近見た作品」

このお題について
3分間フリートークをしました

映画・マンガ・絵・舞台など各々が紹介したいものを話しましたo(^o^)o

・あらすじ紹介に時間をかけすぎない
・聞いている人が興味を持つような伝え方
・フリートークは原稿読みのように、原稿読みはフリートークのように読む意識


フリートークのコツはまだまだあり原稿読みとはまた違った難しさがあります


(好きなキャラクターについて話す福吉貴文アナ)


2限目は

梅津アナ



短文練習、原稿読みを勉強しました

今回、短文練習では1人10個の短文を全員間違えずにできるかというプレッシャーの中で行いました


(クリアした人から座る形式でした・・・)


(プレッシャーで顔色が悪くなっている須田泰生アナ)


結果は・・・・・

全員1発クリア

プレッシャーに見事打ち勝ちました
緊張すると声がでなくなることを実感しました・・・


3限目は

田中アナ



プレゼンの勉強をしました

お題
「東京オリンピック・パラリンピック」

「魅力」「五輪とメディア」

2人1組でMCとプレゼンターという役割で行いました!!


(どんなプレゼンをしようか話合う真鍋果夏アナと大森万梨乃アナ)


(五輪とメディアについてプレゼンする安宅晃樹アナと須田泰生アナ)

・MCを視聴者だと思って伝えること
・MCは視聴者が疑問に思うことを聞き出す


プレゼンということでとにかく話そうという思いが強くなってしまい、相手に伝えるという意識が薄れてしまっていました


今日から原稿読み以外の勉強が増えました!!!
どんなことでも相手に伝えるという意識が大切だと学びました!!!

残り少ない研修期間ですが1つ1つ技術を吸収していきたいです(^-^)/
残り日数も頑張ります!!!!!

研修17日目

こんばんは!

安宅晃樹です

 

1限目は三宅アナによる「スポーツニュース原稿読み」の講義

通常の原稿読みと違い、モニターに映る選手の動きに合わせて読まなければならないので、
 

原稿とモニターとを交互に目をやっていると、それだけであたふたしてしてしまいます

試合の臨場感を出すための、言葉のキレテンポが大切です



(講義後、三宅アナを囲んで)

(下読み中の山陰中央テレビ須田泰生アナ)


2限目は、佐藤アナによる「ニュース原稿読み」

立ち姿での原稿読み練習でした!

立って読むの座って読むのでは全然違うんです!

立つと猫背になってしまい、芯のある声が出せなくなる人や、

逆に立つことで腹式呼吸がしっかり出来るようになり、声にハリが出る人など、、、

また、座っていると分からない些細な癖なども分かってしまいます。

ちなみに私は爪先で、リズムを取ってしまいます

指摘されるまで全く気付きませんでしたが、トントントン、、、してました


(原稿読みをしている富山テレビの青島アナ)

 

 

3限目は、社会部の橋本寿史記者の「皇室」に関する講義。

通常のニュース原稿とは異なり、尊敬語の適切な使い方皇室特有の名詞など様々勉強しました。

初めて聞く言葉ばかりで、日々の勉強の大切さを実感しました!

(橋本寿史先生と藤村アナ


授業の間に同期の黒瀬アナと変顔で一枚(笑)


急に暑くなり、朝夕の寒暖差が大きいですが、
体調管理をしっかりして頑張ります


安宅晃樹



研修16日目


こんにちは!
久慈暁子です

土日を挟んで心機一転
4週目の研修も頑張ります


今週からまた新たな仲間が加わりました。
テレビ静岡の大森万梨乃アナです








1限目の講師は鈴木和子先生の発声の講義。





「体の力を抜いて楽に話せるか」
ということを再確認させてくれます。

そのためにまず体操から。





その後腹式呼吸の練習やみぞおちを押しての発声。
フジテレビ安宅アナ黒瀬アナがお手本をしています。



みぞおちを押してみぞおちが柔らかいと
響きのある声なんです
みんな一生懸命みぞおちを押して練習に励みます。


リラックスした状態だと楽に声も出るし、
聞いている側も楽に聞くことができますよね。
また、発声するときに唇に力が入っていると
エッジが入った声になるため、
体中、顔、唇、すべての力を抜くことが大切
だと教えていただきました。




2限目の講師は佐野瑞樹アナ




まず、ヤ行がたくさん入った短文の練習。

誰にでもどんなにうまい人でも苦手な行はあって、
苦手な行を中心に練習しつつ、
あまり弱点だと思いすぎないことも必要だそう。
あまりにも意識しすぎると逆に噛んでしまいますよね。



(短文を読む山陰中央テレビ 岡部楓子アナ)


次にニュース原稿読み。




(原稿を読むフジテレビ 安宅晃樹アナ


間の取り方も同じ秒数の間をとるのではなく、
0.1秒、0.3秒、0.5秒、1秒の
4種類の間の取り方があると
教えていただきました。

リズム感を大切に原稿読みに取り組んでいきます!




3限目の講師は森昭一郎アナ




森アナにはアクセントについて講義していただきました。
全国各地から集まっているということもあり、
みんなアクセントが違うことが多いのです。

特にわからなかったのは、

魚を三枚におろす(さんまい は平板)
刀の(かたなの 平板)

刀(かたな)のように
「尾高で終わる単語」+「の」=平板化
という法則があるんです!


「アクセントに迷ったらまずアクセント辞典で調べる!」


1度適当なアクセントで話してしまうのではなく
まずきちんと調べて、
番組の制作陣とも意思統一しておくことが
大切だと教えていただきました。



(アクセント辞典を引く フジテレビ黒瀬翔生アナ)

なぜかカメラを向けるといつも変顔をしてきます 笑



そして最後に
5年後自分が何をやっていたいか
ということも含め自己紹介をしました。



(自己紹介をする テレビ静岡 大森万梨乃アナ

みんなの夢を聞いて私も頑張らなきゃと
いい刺激をもらえる時間でした


久慈暁子



 

次へ