研修24日目


こんにちは
久慈暁子です。

5週間の研修も残すところ
今日を含めあと2日。

振り返るとあっという間で
ブログを書くのも今日が最後
​かと思うとなんだか寂しいです

あと2日気合い入れて頑張ります!


1限目の講師は福原直英アナ




​前日の裁判を見ての感想を
​1人1人発表
しました。
自分はその裁判を見ているから
わかることでも、全く見ていない人にも
わかってもらうためには
具体的描写を丁寧すぎるかなと思うくらい
​説明する
必要があると教えていただきました。


またみんなで向かい合って
子供が犯罪を犯した場合、
親は社会的制裁を受けるべきか

というお題で議論しあいました。


(意見を述べる山陰中央テレビ 須田泰生アナ

どんなお題でも自分なりの意見を
持ちつつも決められた秒数の中で
うまくまとめて着地させられるように
なりたいですね。


そして提供・コマーシャル読みに挑戦!

​提供読みで大事なことは
なによりスポンサー様をたてること
どんな文章でも会社名より前に出る
​パーツはないということを意識すること。


(一生懸命提供読みをする テレビ愛媛 福吉貴文アナ

​「ここからの放送は」に続く文字を
間も取らずに読んでしまうと
そのあとにくるスポンサー様の枕詞に
なってしまう危険性があるため、
少し間を開けて読むことを意識しました。



2・3限目の講師は
元文化放送アナウンサーの坂信一郎先生



坂先生にはアクセントについて教えていただきました。




(アクセントの確認をするフジテレビ 黒瀬翔生アナ



アクセントは一般的な国語辞典にも単語の意味とともに
​掲載されていて、アナウンサーだけが気を付けるもの
ではないんです!

アクセントがある意味は皆さん何だと思いますか?

アクセントは意味を区別するためにある
と捉えている人が多いかと思いますが、
​実は統語機能のためにあるのです!

統語機能とは
アクセントを手掛かりに
言葉の切れ目がわかるようになるということ



例えば、

黒い目の綺麗な女の子

​この文はどこにアクセントがくるかによって
​意味が全然違う文章になるのです。
​@黒い目の綺麗な、女の子
A黒い目の、綺麗な女の子
B黒い、目の綺麗な女の子
​C黒い、目の綺麗な女、の子

1文でもこんなにもたくさんの
意味が潜んでいるなんて
日本語は奥深いものですね。


(坂先生とラジカセを操作するフジテレビ 黒瀬翔生アナ

坂先生のアクセントの知識の豊富さには
大変感銘を受け、日本語のプロとして
​言葉をより一層大切にしていきたいと
​思います!



坂先生を囲んで系列局のみんなと)


​私の周りでも少しずつ体調を崩している人が
多くなってきたように思います。
暑い日が多く室内は寒いところも多いかと
​思います。クーラー対策などしっかりとして
体調管理には気をつけましょう




 

コメント